寒暖差アレルギーって??気になる症状と対策

穏やかな春到来!と思いきや突然の雪!?の後は夏日!?急激な気温の変化で着る服装にも困るし、何だか身体もダルいような。。。(*_*)季節の変わり目に特に注意したいのが「寒暖差アレルギー」です。一度発症してしまうと完治が難しいと言われている為、発症しないように日々の生活に気を付けましょう☆

寒暖差アレルギーって??

季節の変わり目に体調を崩してしまう、風邪をひいてしまう、なんだか体がダルいなどと感じた事はありませんか?もしかしたらそれ、寒暖差アレルギーかもしれません。昼間は暖かいのに夜になると寒かったりします。またクーラーの効いた部屋から外へ出ると暑い、その逆もそうですが、この気温の変化に反応してしまうアレルギーのことを寒暖差アレルギーと言います。血管は気温によって収縮するのですが、暑いと広がり、寒いと縮みます。寒暖差が大きいと血管の収縮が追いつかなくなり、自律神経が乱れてしまいます。その結果、体の不調として様々な症状が現れます。特に7度以上の寒暖差だと症状が起きやすいと言われています。

風邪とは違う症状


寒暖差アレルギーの主な症状としては、「鼻水・鼻づまりなどで鼻がムズムズする」「くしゃみが出る」「じんましんが出る」「イライラなどストレスを感じる」「食欲減退や胃腸の不振」などが挙げられます。風邪などをひいた時によく現れる症状と似ています。風邪か寒暖差アレルギーどちらか見分ける方法としては、風邪の場合は鼻水が黄色っぽくなるのに対し、寒暖差アレルギーの場合では鼻水は透明になります。風邪の時の鼻水は、外から入ってきたウイルスと戦って死んでいった白血球により、黄色くなります。寒暖差アレルギーの場合はウイルスと戦うわけではないので、透明なままになります。発熱にも注目してください。風邪の場合は発熱することがありますが、寒暖差アレルギーの場合では発熱しません。これも鼻水と似ていますが、風邪などのウイルスは低温の方が繁殖しやすいという性質を持っています。ウイルスと戦う白血球も発熱により動きが活発になるのですが、つまりは発熱によってウイルスと戦っているという認識でいいと思います。繰り返しになりますが、寒暖差アレルギーはウイルスによって引き起こされるものではないので、発熱はしないという事です。また花粉症などのアレルギーの場合は目がかゆくなったり充血することがありますが、寒暖差アレルギーの場合では目の炎症は起こりません。

対策と予防法

寒暖差アレルギーは、アレルギーとは言っても特定のアレルゲンによる発症ではないので、治療薬によって根本的に治すということは難しいようです。症状が強い方には抗ヒスタミン薬などが処方されることがありますが、あくまで対処療法であり根本的な治療ということではありません。また抗ヒスタミン薬には眠気を誘発するものもあるので、車を運転する方などは処方してもらう時、医師に確認しておきましょう。寒暖差アレルギーは、根本的な治療法がないので発症させないことが大事だと言えます。

発症を防ぐ方法としては、まず早寝早起きを心がけましょう。夜遅くまで起きていると、本来は優位に立つはずの副交感神経ではなく、交感神経が優位になるため、体のリズムが崩れやすくなってしまいます。このような生活は、自律神経が乱れるだけではなく、体の抵抗力なども弱めてしまうため、寒暖差アレルギーの症状がより出やすくなってしまいます。そして入浴する時はシャワーだけでなく、湯船に浸かりましょう。湯船にゆっくりと浸かることで体を芯から温めるだけではなく自律神経を整える効果も期待できます。あとは出来ることなら筋肉もつけておきましょう。実は寒暖差アレルギーは男性よりも女性の方が発症しやすいと言われ、その原因が筋肉量ではないかと言われています。筋肉が多い体は脂肪燃焼により熱産生が起こるため、多少寒いところに行っても体温の変化が起こりにくく、結果寒暖差を緩和する働きになります。また、血液の流れを良くするということも効果的です。普段の食生活の中で、生姜やニンニク、香辛料などを摂取することを心がけましょう。特に寒い時期もそうですが、夏場でも建物の中に入るとクーラーが効いていて寒いとすら感じる時もあります。そういった時に体内を暖かく保つために、体を温めてくれる食べ物を食生活に取り入れることも効果的です。

自律神経の乱れに注意


寒暖差アレルギーは正式名称を血管運動性鼻炎といい、寒暖差により自律神経や副交感神経に異常をきたします。自律神経や副交感神経に乱れが生じると精神的に不安定になり、イライラすることが多くなります。また、寒暖差アレルギーの症状がひどいまま放置してしまうと、自律神経失調症になることがわかってきています。自律神経失調症もまた、自律神経の乱れによって引き起るもので、倦怠感、頭痛、動悸、不眠、微熱、下痢、耳鳴り、イライラや不安感、憂鬱、など、身体的にも精神的にも様々な症状が現れる可能性があります自律神経失調症にはいくつか種類がありますが、抑うつ型自律神経失調症になってしまうと精神的に落ち込みうつの症状が出てきてしまい、日常生活にも支障をきたしてしまう可能性があります。風邪だと勘違いしてしまい放置してしまうと非常に危険ですので、思い当たる方は早めに医師の診断を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です