効果てき面!?二日酔いの対策には○○!

そもそもなぜ二日酔いになるの?

お酒を飲み過ぎてしまうと翌日には二日酔いになります。吐き気や頭痛などの不快な症状におそわれ、なかなか回復できません。そもそもどうして二日酔いになるのでしょうか。お酒を飲むと、体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収されます。その後肝臓で分解されますが、その時にアセトアルデヒドという物質を生み出します。これは、二日酔いの症状である頭痛や吐き気、胃もたれ、胸焼けや動悸を引き起こしますが、アルコールの量が多いと、この物質の量も増えるので、胃が荒れたり、脱水症状がおこったり、二日酔いの症状もひどくなるというわけです。また、アセトアルデヒドは、代謝とは別のところで影響を与えます。肝臓が最初にアルコール、アセトアルデヒドを分解するために、他の栄養素の代謝や、肝臓がエネルギー源のブドウ糖を合成する働きが抑えられてしまいます。

二日酔い対策〜飲酒前〜


二日酔いを防いで楽しくお酒を飲むためには、飲酒前に何か対策をうっておくのが賢いやり方です。空腹でお酒を飲むと、体はアルコールを吸収しやすい状態になっており、体のアルコール濃度も急激に上がり、酔いやすくなります。それを防ぐためにもあらかじめ、軽く食事をしておくと胃の食物がアルコールの吸収を遅らせます。メニューとしては、肝臓が必要としているたんぱく質豊富なもので、卵や大豆製品、魚や肉などです。飲酒前に栄養ドリンクを飲んでおくのもよいでしょう。栄養ドリンクは、様々なものがありますが、「ウコン」や「コウジン」「クルクミン」など肝臓の働きを助けるものがオススメです。またアルコールの分解にも役立ちます。ウコンのドリンクは吸収に時間がかかるので先に飲んでおきます。

また、他に対策として、乳製品などを先に飲んで胃に膜を張るといいとも言われますが、牛乳やヨーグルトなどには、たんぱく質が含まれ胃粘膜を守る効果が期待できます。乳製品には脂肪も含まれているので胃に溜まってアルコールの吸収を抑制します。しかし、たんぱく質の量がある程度ないと胃粘膜全体を保護できません。

二日酔い対策〜飲酒中・後〜


では飲酒中にできる二日酔い対策はどんなものがあるのでしょうか。少しでもアルコールの吸収を抑え、悪酔いや二日酔いを避けるためにできることは、飲酒中にたびたび水を飲むことです。飲酒中にはアルコールの濃度が上がり、抗利尿ホルモンの作用により、尿量が増え、脱水症状もおこりやすいです。まめに水を飲んでおくと、脱水症状が抑えられ、体内の水分が維持できます。また、飲酒の時にあまり大きなグラスでは飲まないことです。グラスが大きいと一気に飲んでしまいやすく、急激にアルコール濃度が上がってしまうことにつながります。そしてお酒の量も増えてしまいがちになります。なるべく小さめのコップで、ゆっくり飲むようにします。居酒屋などには、お酒の種類が多く、いくつかのお酒を同時に飲んでしまうことがあります。一種類を続けて飲むより、いろいろなものを飲む方が味も変化し飲みやすいので、量がすすんでしまいます。その結果二日酔いにもなりやすいので避けた方が良さそうです。お酒を飲むときは、一種類を、ゆっくりと適量飲むのが、一番二日酔いになりにくい飲み方のようです。ゆっくりと飲むことで、少量でも酔いやすくなるので、アルコール量が抑えられます。飲酒をした後は、寝る前に水を飲むことで、水分補給でき、アルコール濃度も下げることができます。また翌朝の不快な症状を緩和しやすいです。

二日酔い時のNG行動


二日酔いの対策はいろいろありますが、してはいけないことはなんでしょうか。二日酔いは、頭痛や吐き気などでつらく、少しでも紛わしたくなるものです。まず、頭痛がある時に、頭痛薬を飲むのはよくないです。風邪や偏頭痛と違って二日酔いに薬を使うと、副作用で胃が痛んだり、ひどいと意識障害を起こす事があります。お茶を飲んだりすることも、カフェインによる利尿作用があり、脱水症状につながってしまいます。また、アルコールを排出しようとして、サウナや温泉に入ることもまちがいです。汗をかくことで、血液中の水分がが流れ出てしまい、濃度が高くなります。よって血液がドロドロの状態になり、貧血や脳卒中などになりやすいです。ジョギングや筋トレなどの運動をすることもよくないです。運動することで、汗がでます。水分が体外に出ることで血液の濃度が上がり、アルコールの濃度の濃くなります。汗でアルコールを排出することはできません。

二日酔いになってしまったら・・・

お酒を飲む前に気をつけていても、もし二日酔いになってしまったらどうすればいいのでしょうか。つらくてなにも食べたくない時は、とりあえず体の脱水症状を抑えるため、水などの水分をとります。少し回復してきて口にできるようになれば、しじみの味噌汁を飲んでみましょう。
二日酔いの時は、アルコールの分解で肝臓が弱っている状態なので、この機能を助けるようなものを取り入れることが大切になります。しじみの味噌汁にはこの効果があります。しじみには、オルニチンといわれる成分があり、アミノ酸の一種で有害物質のアンモニアを分解する働きがあります。二日酔いにはこの有害物質が溜まるので、これを解消することで回復できます。

肝機能を回復するためには、ブドウ糖も効果があります。ブドウ糖は、アルコール分解でつくられますが、量が足りないので補給することで回復を助けることができます。ブドウ糖は、日常に多くある糖分で、パンやご飯なども体内で消化されたときにこれに変わり、腸で吸収されます。とても重要なエネルギーになり、点滴にも使われています。脳や筋肉を正常に動かすことにも使われ、酔っ払うと正しい判断ができないのは、脳のブドウ糖不足のようです。手軽に補給するには、二日酔い防止用サプリにも含まれているので利用するのがいいようです。

他にカフェインをとることで、肝臓の働きを助け緩和できることもあります。利尿作用もありますが、それでアルコールが排出されやすくなります。ただし水やスポーツドリンクなどの水分をかならずとり、脱水状態にならないように注意します。これらいろいろな対策があるものですが、うまく利用して楽しくお酒を飲みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です