どっちがいい?派遣社員と契約社員の違いとは?

派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と契約社員の違いは、雇用主が異なるということが挙げられます。派遣社員では派遣会社と雇用契約を結ぶのに対し、契約社員は働く企業と直接雇用契約を結びます。雇用主が違うということで変わることとしては、仕事内容についての希望や不満、給与など労働条件の交渉を誰にするのかという点です。派遣社員の場合は働いている職場の人ではなく、自分が登録している派遣会社の担当営業の方に自分の希望を伝えるだけで、実際の企業との交渉は派遣会社の担当営業の方が行ってくれます。しかし、契約社員の場合は実際に働いている職場の人に直接話をしなくてはいけません。待遇面や仕事内容など、普段一緒の職場で働いている人に直接交渉するのは、話しにくさもある場合があります。派遣社員であると、派遣会社に交渉すれば企業との交渉は行ってもらえるという点で安心感もあるでしょう。

派遣は時給が高い??


派遣社員と契約社員では、雇用主が違うことのほかに、給与面も異なっています。派遣社員では時給制でお給料がもらえることが多いという特徴があります。しかし、時給は高いものの、交通費込みの場合がほとんどであるということはデメリットとしてあります。一方の契約社員では時給制ではなく、月給や年俸制という場合が多く、金額としては正社員より安くなるものの、交通費は別支給されることが多くなっています。企業から提示される金額としては、派遣社員よりも少ないこともありますが、企業によって異なるので、自分が応募する前に確認をしておくことが良いです。

仕事量に違いはある?


仕事量の違いについては、派遣社員の場合は、働く企業と派遣会社との間で、行う業務について決められており、その契約以外の業務を行わせてはいけないという決まりがあります。しかし、契約社員では、企業と個人で直接働く契約をしているので、面接をした際に言われた業務内容と異なる仕事を任されることも多くなります。契約時と異なる仕事内容であったり、担当する業務の幅が広くなることもあります。しかし、契約社員でも正社員と比べれば、責任の軽い仕事や、業務の幅も限られたものになるということができるでしょう。

雇用期間は??


雇用期間については、派遣社員の場合、契約している派遣会社と企業で労働者の契約期間を定めています。そのため、いつまで働けるのかという問題については、登録している派遣会社に決定の権限があるということになります。働く期間があらかじめ決まっており、契約期間が満了になった場合は、派遣会社から次の派遣先企業を紹介される仕組みになっています。契約社員では、半年間や1年間など、あらかじめ決まった期限を設け、その期間の雇用契約を結びます。その後、契約を結んだ期限が切れてから、契約を更新するかどうかを決めることになっています。契約が更新されれば、また契約の期間中働くことができますが、契約更新がされなかった場合は、派遣社員と異なり自分で次の職場を見つけなくてはならないという問題もあります。

派遣社員のメリット・デメリット


派遣社員のメリットとしては、給与や業務内容などの交渉を自分で直接することなく、派遣会社に交渉することで、派遣会社が働いている企業と話し合いを行ってくれるため、自分の意見を言いやすいという点があります。また、派遣された企業が自分と合わない場合は、派遣会社に相談することで契約満期で契約を終了にしてもらえるので、気が楽な面もあります。業務内容としても、責任のある仕事を任せられることは少ないほか、派遣会社と企業によって前もって業務内容が決められているため、担当する業務の変更や、仕事量も増えるということは基本ありません。契約が切れても、次の派遣先を派遣会社に紹介してもらえるところもメリットといえます。

デメリットは、いつ働けなくなるか分からないということです。派遣会社と企業が契約を結んでいるため、本人の意思を重視されることは少なく、契約を切られる可能性もあります。

契約社員のメリット・デメリット

契約社員のメリットとしては、働く期間が前もって決められているため、契約期間中は仕事がなくなるという心配がないことがあります。また、給与に関しても正社員よりは少なくなりますが、派遣社員と異なり、交通費が別途支給されることもメリットです。

デメリットとしては、契約期間が終了した後に、更新してもらえるかどうかという心配があることや、正社員よりは責任の少ない仕事ではあるものの、同じだけ働いていても給与が少ないことなど、正社員との待遇の差が大きいことが挙げられます。また、契約期間満了で契約終了になってしまった場合は、次の企業を自分で見つけなくてはならないという問題もあります。

あなたはどっち派??

派遣社員と契約社員では、どちらも正社員とは異なり、契約期間によっていつまで働くことができるのかという雇用の不安はあります。しかし、企業に対する要望や不満などを派遣会社に言うことができたり、新しい派遣先も派遣会社が紹介してくれるという面で気楽に働きたい場合は派遣社員が良いといえます。一方で、スキルアップや正社員になることを目指す場合は、企業と直接雇用契約を結ぶ契約社員がおすすめです。

自分に合った働き方を考え、派遣社員か契約社員を選択するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です