副業ってどうして会社にバレちゃうの?

副業がばれる原因


社員の副業がばれる理由として、バイト姿を誰かに目撃されるというものがあります。バイトをしているときには姿を隠せません。働いている姿を知り合いや社内の人に見られてしまうと、言い逃れのしようがないのです。他にばれる理由としては、副業のことを友人や同僚に話したものが広まるということもあります。友人や同僚に悪気はないかもしれませんが、話の種として話したことが社内に広まってしまうということはあるでしょう。その結果、会社にばれることになります。もう一つばれる理由に、年末調整で住民税が高いことを会社が指摘することが挙げられます。他の社員と比べて、住民税が高くなるのは目立ってしまいます。住民税がなぜ高いかを会社に上手に言い訳出来ないと、副業がばれてしまうのです。

特別徴収と普通徴収

確定申告が必要なのは副業で20万円以上の所得があった場合です。副業がパートやアルバイトではない場合は、売り上げから経費を引いた所得が20万円以上でなければ確定申告の必要はありません。税金の払い方には特別徴収と普通徴収があります。特別徴収というのは会社が代わりに払って、給料からの天引きで支払う方法です。アルバイトなどで給料をもらう時には特別徴収となります。一方で普通徴収は自分で税金を払う方法です。自分のところに直接請求が来るので、それを払います。アフィリエイト、ランサーズ、転売などで利益を得た時には普通徴収で支払うことになります。確定申告をして普通徴収を選択すれば、自分で支払う手間はかかりますが、会社にはばれにくくなります。

確定申告不要でも、住民税の申告は必要!


副業での所得が20万円以下の人は確定申告の必要がありませんが、住民税の申告は必要な場合があります。市区町村によっては20万円以下でも、申告を求められることがあるからです。住民税の申告は確定申告をしてれば、必要ないです。心配な場合は住民税の申告をしておくといいでしょう。住民税で会社に副業がばれないようにするなら、確定申告をして「普通徴収」を選択しておくことが無難です。

マイナンバーで副業はバレる?

マイナンバーの導入で副業がばれやすくなるのではないかと心配する人がいます。しかし、マイナンバー制度で変わるのは、納付すべきケースを税務署が把握しやすくなるという点です。確定申告して納付すべきケースを税務署は追いやすくなるのです。マイナンバーによって会社側が支払った先が分かるので、受け取った人が申告しているかということが分かりやすくなったのです。そのため副業がばれやすくなるということはありません。しかし、未納税はばれやすくなるということです。収入があるのに確定申告をしていないと、目を付けられやすくなる可能性があります。

日払いならOK?


日払いなら会社にばれないかというと、そういうわけではありません。日払いかどうかは関係なく、問題は金額です。日払いでも年間20万円以上を稼ぐことになれば、住民税が多くなることになります。その結果として会社にばれる可能性が出てきます。働く期間が短いので、姿を見られることは少ないかもしれません。バイト姿を見られるという可能性は少なくなります。日払いでは姿を見られにくいですが、会社にばれないためには稼ぐ金額に注意する方がいいでしょう。

税理士さんにお任せもひとつの方法!


確定申告は行ったことのない人には難しいかもしれません。また、副業をばれないようにするためには普通徴収にすることなどが必要になります。普通徴収にする方法などが難しいと思う人は、税理士さんにお任せするのもいいでしょう。会社にばれないようにするためにはどうすればいいのかを丁寧に教えてくれます。確定申告だけではなく、住民税の申告についても相談に乗ってくれるでしょう。税についてのプロフェッショナルですから、所得税や住民税を安くするためのアドバイスも教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です