あなたは貯金いくら?賢く貯金する方法☆

貯金ができない人の特徴

目的なく貯金しようとしている

「いくら貯金して〇〇を買う」など具体的な目標がないと長続きしません。

衝動買いが多い


お金の使い方に計画性がない人は、次の給料日までお金が残らないからです。

1か月生活して残ったらお金を貯金しようとしている

結局お金は残りません。。

自炊しない

外食ばかりしていては、貯金ができません。

ギャンブル癖がある


ギャンブルにはまる人はお金の管理が苦手な傾向にあります。

借金癖がある

自分の稼ぎを超えて浪費してしまう→借金の負のサイクル。。

支出をコントロールしよう!

固定費と変動費を見直し
支出には固定費と変動費があります。この支出を書き出すことで支出をコントロールできるようになるのです。書き出したら何が削れるかを考えます。固定費は、毎月かかるものですから急に削るのは難しいかもしれません。しかし、変動費は、抑えることができる支出です。変動する生活費を袋分けにして、管理する方法があります。食費、雑費、子供費などをあらかじめ1か月の予算を設定して小分けにして袋ごとに管理するのです。袋に入っているお金が無くなれば、支出がそれ以上できないと分かります。変動費を把握して、支出を抑えるためには有効な管理方法です。
通信費の見直し
通信費を見直すことも、支出をコントロールするためには有益な手段になります。スマホのプランを見直すことや家族割引を効果的に使うことなどを駆使すれば、料金が安くなる可能性があります。アプリで月額料金がかかるものに関しては、使わないものを削除すれば支出を抑えることができるのです。またスマホで使わない留守番電話などの特約を外すと料金が下がることがあります。毎月送られてくる利用料金の詳細を見てみると、無駄なものを見つることができるでしょう。無駄を省くことができれば、支出を抑えることができます。スマホは毎月かかるものですので、見直すことができれば年間では大きな支出の削減につながります。

支出を抑える方法


支出を抑える方法としていいのは、沢山のお金を持って出歩かないということです。財布に入れているお金が大きいとついつい買ってしまうものです。お金が財布に1000円しか入っていないとなれば、買いたくても買えなくなります。そのようにしているとお金を使う習慣が少なくなっていくのです。他の方法としては、予めお金の使い道を決めておくというのも有効です。決った金額以上を使う場合には、誰かの許可がいるということにしておけば、そこまでして支出しようとはしなくなります。コンビニに寄らないというのも支出を抑える方法としてはいいです。コンビニは、値段が通常価格になっていますので、他で買った方が安く済むことが多いからです。

貯金の方法

お金の出入りを見える化

貯金をするためには、まずお金の出入りの見える化を実現することから始めます。家計簿をつけると、1か月のお金の流れを把握することができます。クレジットカードを使う機会もあるでしょうから、クレジットカードと連動して支出を管理できるアプリを活用することも有効です。

見える化ができれば、お金が入ってきて出ていくまでの流れを把握することができます。お金の流れが分かれば、貯金できる余地がどこにあるのかを把握することができるのです。

具体的な貯金方法

①先取り貯金

お金を使ってしまうから貯金できないので、先にお金を貯金に回してしまう方法です。使えるお金は貯金に回したあとに残った分だけとなるので、いくら使っても貯金に影響しません。貯金がなかなかできない人には向いている方法です。

②銀行口座使い分け

銀行口座を支出用、貯金用などと分けて貯金する方法です。貯金用口座からは簡単には引き出せないというようにしておくと、貯金口座に入れたお金を使うことが少なくなります。

③小銭貯金

日々使うお金を決めておき、1日が終わったときに残ったお金を貯金箱に貯金して行く方法です。500円以下のお金であっても毎日貯金していけばかなりの額を貯められます。小銭ができたら貯金するという習慣ができれば、貯金をする習慣が身についていくでしょう。

④自炊

自炊をして貯金をする方法です。貯金をするために簡単に削れるのが外食費や交際費などの外でご飯を食べるお金です。そのお金を減らすことで、貯金額を増やします。

⑤月末貯金

月の始めに予算を決めても、支出をそれ以下に抑えられる時もあります。そのときに余ったお金を貯金する方法です。毎月の支出がある程度コントロールできるようになると月末にお金が余ることが多くなります。そのお金を使うのではなく、貯金に回すのです。

⑥ポイントを使って現金を貯金

各種カードにはポイントが付与されるものが多いです。そのポイントを使ったときに、同じ金額の現金を貯金しておくのです。ポイントを使っていますので、生活費が減るわけではありません。現金を使ったつもりで貯金する方法です。

クレジットカードのポイントを上手く活用しよう!


クレジットカードを使うとポイントが貯まるものがあります。現金で買うよりも多くのポイントが貯まるクレジットカードもあるのです。このポイントは、現金と同じように使うことができます。また、クレジットカードで水道光熱費などの公共料金や家賃などを支払うと、ポイントを貯めることができるのです。貯めたポイントで買い物をすることができるので、生活費の節約につながります

定期預金の活用

貯金をするなら、金利の高い定期預金を活用することも大事です。貯金をしている期間が長くなるのであれば、お金が増えていく率が高い定期預金はおすすめです。また、定期預金であれば、手続きをしなければ引き出すことができないので、お金を使う抑制にもなります。

多少のリスクがOKなら投資信託


貯金箱に貯金してもお金が増えることはありません。しかし、投資信託であれば、預けたお金が増える可能性はあります。投資信託への積み立てであれば、定期預金より増える可能性があるのです。相場の上昇などにより預けたお金が多くなって戻ってくることもあります。しかし、リスクが伴いますので、そのリスクをしっかり認識してから投資信託に預けるといいでしょう。

お金を使わない勇気!!

お金は生活するために必要なものです。使うことに慣れているとなかなか貯金できません。貯金するためには、支出を我慢する目的が必要になります。この目的のためなら頑張れるという目的です。将来、資格、子供のためなど頑張れる目的を探して、心に刻み込みます。その目的のためと思えばお金を使わない勇気を持つことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です