洗濯機の汚れの原因は?

洗濯した後に何か黒っぽい物が洋服に付いてる。。。洗ったばっかなのに何!??と思った経験はありませんか??その黒い物体の正体は”カビ”です(>_<)洗濯槽の周り(洗濯機の中側なので見えません)に薄いカビの膜ができ、洗濯機を回すことでそのカビが洗濯槽から少しずつ剥がれて洗濯物に付着してしまったのです。。そうならないように定期的な掃除が必須ですが、今回は汚れの原因やお手入れについて紹介します!

洗濯機の汚れの原因は?

洗濯機の汚れの主な原因として、下記の3つが挙げられます。

  1. カビ
  2. 洗剤や柔軟剤の残りカス
  3. 水アカ

そしての洗濯機の内部は洗濯で使用する際に毎回水で濡れるため、カビが繁殖しやすい環境になります。外からは一見きれいに見える洗濯機でも、内部にはカビが大量に生えていることがあるのです。また、洗濯に使用した洗剤や柔軟剤が、残りカスとして洗濯機内部に汚れとして残ることがあります。洗剤を普段から多めに使う人の場合は、この残りカスの汚れが多くなります。カビや洗剤の残りカスに気を取られると見落としがちですが、水アカも洗濯機の汚れになる原因の一つです。放置すると、蓄積した水アカは白い塊となり落としづらくなるため注意が必要です。

洗濯槽クリーナーにも種類がある!


洗濯機の掃除の際に使用するクリーナーにはそれぞれ特徴があるため、状況に応じて使い分ける必要があります。それぞれのメリット、注意点は以下の通りです。

酸素系クリーナー

過炭酸ナトリウムを主に使用したクリーナーです。強い発泡力を利用することで汚れを剥がすようにして落とします。汚れ落ちが分かりやすく、殺菌作用が穏やかなため肌や環境にやさしいクリーナーです。注意点としては、殺菌力が弱いことと、掃除に時間がかかる点が挙げられます。基本的に粉末を水に溶かして使用しますが、溶け残りの少ない液体タイプも販売されています。

塩素系クリーナー

次亜塩素酸ナトリウムを主に使用したクリーナーです。強力な殺菌力を持ち、目に見えない雑菌や汚れを溶かして落とすことが出来ます。そのため見ただけでは気づかない汚れや菌を徹底的に除去することが可能です。高い殺菌力は肌や環境への刺激が強いということでもあるため、使用の際には使い方に注意が必要です。殆どが液体タイプで販売されています。

重曹

食用として利用される重曹は、洗濯槽の掃除にも利用することが出来ます。人体に対してほとんど無害で、アルカリ性であるため酸性の物質を分解します。この効果により、洗濯槽についた皮脂や臭いなどを除去することができるのです。また、価格が安いのもメリットでしょう。しかし洗浄力は穏やかなため、汚れがひどい場合には注意する必要があります。

洗濯槽の掃除方法

  1. ごみ取りネットを取り外す
  2. ごみ取りネットを取り外しておくとクリーナーや重曹が全体に広がりやすくなり、掃除が楽になります。またネットに汚れがたくさんついてしまうことも防げるため、事前に取り外しておきましょう。

  3. 洗濯槽にお湯をためる
  4. 洗濯槽に40度から50度のお湯をためます。この位の温度にすることでクリーナーの成分が活発に働くため、効率よく汚れを落とす事が出来ます。お湯は満水までためますが、ドラム式の洗濯機を利用している場合には、ドアを開けて作業してもお湯がこぼれない程度の水位が最適です。

  5. クリーナーまたは重曹を入れる
  6. 使用するクリーナー、または重曹を洗濯槽に投入します。

  7. 洗濯機を回す
  8. 酸素系クリーナーの場合

    洗いモードで5分程度洗濯機を回します。その後2、3時間、放置します。

    重曹を使用する場合

    洗いモードで洗濯機を回した後、脱水モードに移る前に洗濯機を止め、5時間から6時間、放置します。

    塩素系クリーナーの場合

    掃除する洗濯機に槽洗浄モードが搭載されているかどうかで操作が変わります。搭載されている場合は槽洗浄モードを選択して、洗浄終了まで待つだけでOKです。搭載されていない場合には、洗いモードから脱水モードまでの1サイクルを選択して洗濯機を回して下さい。塩素系クリーナーを使用している場合は作業完了です。

    重曹または酸素系クリーナーを使用している場合は更に次の手順に移ります。

  9. 浮いた汚れをすくい取る
  10. しばらく放置した後、洗濯機を見るとクリーナーや重曹によって洗濯槽から剥がされた汚れやゴミが大量に浮いています。
    ごみ取りネットを使用し、水面に浮いてきた汚れをすくい取るようにして取り除いていきます。この際にゴミが残ってしまうと、排水の際のつまりの原因となりますので、出来るだけ綺麗に取り除くようにしましょう.

酸素系クリーナーの場合

もう一度同じ作業を繰り返した後、排水を行う再び洗いモードで洗濯機を回し、放置してからゴミを取り除く作業を繰り返します。その後、ごみ取りネットを再び取り付けて排水を行います。ごみ取りネットを付け直すことで、手では取り切れなかったゴミが排水の際に流れてしまうことを防ぎます。排水が完了したら、ごみ取りネットや洗濯槽の底にたまった汚れを取り除きます。すべて完了したら最後にもう一度洗いから脱水までの操作を行えば完了です。ゴミが気になる場合には、ゴミが無くなるまで洗いから脱水の操作を繰り返します。

重曹の場合

更に洗いの操作をしてから汚れをすくい取り、その後すすぎを行う再び洗いモードで洗濯機を回し、汚れをすくい取ってから排水します。最後にもう一度だけ洗いモードで洗濯機を回し、汚れをすくい取った後にすすぎを2、3回繰り返して行います。汚れが浮いてこなくなったら排水を行って作業完了です。

細かい箇所の掃除も!!


洗濯槽だけでなく細かいパーツの掃除も必要です。洗剤投入ケースやゴミ取りネット、排水フィルター等の取り外せるパーツは、基本的に取り出した後にぬるま湯の中で洗います。汚れが蓄積している場合は歯ブラシなどを使用してこする事で簡単に綺麗にすることが出来ます。
フタの裏やパッキンの裏など、本体の見えない部分は、取り外すことも出来ないため見落としがちです。この部分はタオルで拭いて綺麗にしていきます。この際、タオルを手に巻きつけるような形で使用することで、細かいところも指先で拭き取ることができるため拭き漏らしが少なくなります。

キレイに保つコツ!

定期的に掃除を行う

洗濯槽や各パーツの掃除は、定期的に行うようにしましょう。汚れが溜まってしまうと掃除に手間がかかりますし、習慣化すれば常にきれいな状態を保ちつづけることができるようになります。定期的な掃除は洗濯機の故障の防止にもつながり、洗濯機の寿命を伸ばすことが出来ます。

洗剤を使いすぎない

洗剤を大量に使いすぎてしまうと、溶け残った洗剤が洗濯槽に溜まってしまいます。最適な量を使用することで、洗濯槽が汚れの原因になることを防げるのです。洗剤を使いすぎないことは節約にもつながるため、意識することでかなりお得になります。最適な洗剤の量は、使用する洗剤が液体タイプか粉末タイプか、また洗濯機の種類によっても変わるため情報をよく確認しておきましょう。

洗濯物は洗う直前に洗濯機に入れる

洗濯機の中は通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすい環境です。洗濯機をかご代わりにして着ていたものを入れたまま放っておくと、その間は菌が増え放題になってしまいます。これを繰り返すと臭いや汚れ、カビなどにつながってしまいます。そのため、洗濯かごは洗濯機とは別に用意して、洗濯槽をかご代わりにしないようにしましょう。

洗濯物を入れすぎない

一度に洗濯する量が多すぎると、洗濯をしても十分に汚れを落とすことが出来ません。汚れが残ったまま濡れた状態で放置された洗濯物には、みるみるうちに雑菌が繁殖していきます。これも臭いやカビの原因になるのです。また洗濯物の入れ過ぎは洗濯機の故障の原因にもつながることがあります。これらを避けるため、一度に入れる洗濯物の量は7割程度にしておくのがベストです。

洗濯後、一日はふたをなるべく開けておく(子供がいる場合には注意が必要)

洗濯をした後の洗濯槽内は湿度が高く、カビが生えやすい状態です。そのため洗濯が終わってからしばらくの間は、洗濯機のフタを開けて洗濯槽内を乾かすようにしましょう。逆にずっとフタを開けっぱなしにしておくとホコリが溜まってしまい、洗濯槽内の汚れの原因になってしまいます。フタを開けている時間は洗濯が終わってから一日程度にすると良いでしょう。注意点として、フタを開けている際近くに子供がいると、誤って洗濯槽内に入ってしまい事故が起こる可能性があります。子供が近づけないような場所に置くなどして、間違って洗濯槽内に入ってしまわないように対策する必要があります。

月1回の掃除が理想!

今回紹介した方法、箇所を参考に洗濯機の掃除を行うことで、カビ等の汚れや洗濯後の生乾き臭、故障などを減らすことができます。これらの効果を最大限に発揮するには、定期的に、それもある程度短い間隔で掃除を行うことが大切です。一つの目安となるのが月に一度の掃除で、これくらいの間隔で掃除を行うようにするのがおすすめです。カビや汚れが発生しづらく、また発生しても大きくなる前にすぐに除去してしまえる丁度よい頻度だからです。加えて、きれいに保つためのコツも普段から意識することで、洗濯機を理想的な状態に保つことが出来るでしょう。我が家では毎月1日に洗濯槽カビキラーでカビを徹底除去しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です