2019年参議院選挙をわかりやすく解説☆

6月26日に第25回参議院議員選挙が閣議決定されました。。投票日は7月21日(日)です!自宅に投票用紙届いてますよね?

参議院の議員さんなんて良く知らないし、そもそも何で今選挙??今回は投票前にちょっと勉強しようと調べてみました☆





そもそも何で今選挙?

参議院議員の任期は6年で、3年ごとに議員の半数が改選されます。

つまり、比例代表選出議員48人と選挙区選出議員73人の合計121人が今回の通常選挙で改選されることになります。

全員をまとめて選挙となると「国会に議員がいない!?」なんて事になりかねないので、3年ごとに半数ずつの改選という規則になってるようです^^;


国会ってどんな党があるっけ?

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

まずダントツ首位なのが、安倍総理が所属する自由民主党ですね☆そして次に立憲民主党、(枝野幸男)、国民民主党 (玉木雄一郎)と続き、公明党・日本共産党・日本維新の会・社会民主党・希望の党・沖縄社会大衆党・れいわ新選組(山本太郎)・無所属で構成されています。


参議院の議員さんってどんな人がいるの?


参議院の公式HPで議員さんの紹介が乗っています。
例えば現在の議長の伊達 忠一さん↓↓

伊達 忠一議員
伊達 忠一(だて ちゅういち)
所属会派:各派に属しない議員
選挙区(北海道)選出/平成13年、19年、25年/当選 3 回
参議院における役職等一覧
令和元年7月3日現在[議長]・[法務委員会] 昭和14年1月20日北海道に生まれる。芦別高校を経て北海道立衛生研究所修了、昭和38年北海道立札幌医科大学附属病院検査室勤務、昭和40年札幌臨床検査センター(株)設立

○昭和58年北海道議会議員に初当選、以後3期当選を果たす。その間、道議会自民党政策審議委員長、同建設常任委員長、北方領土問題対策特別委員長、自民党道連選挙対策委員長、自民党・道民会議北海道議会議員会長などを歴任

○平成13年7月第19回参議院議員通常選挙に北海道選挙区より立候補し、初当選

○予算委員会理事、厚生労働委員、国土交通大臣政務官、経済産業委員長、参議院自民党国会対策委員長、参議院ODA特別委員長、参議院自民党幹事長、内閣府副大臣を歴任○現在参議院議長、一般社団法人日本衛生検査所協会名誉会長(平成28年11月28日現在)

このように経歴などが載ってます。伊達 忠一議員は引退表明されておりますが、

伊達氏は次期参院選への出馬に意欲を示し、自民党道連による公認候補の公募にも応じていた。しかし、党内には伊達氏が来年1月に80歳になることなどを理由に不出馬を求める声があり、伊達氏も出馬しない判断に傾いたとみられる。

と産経新聞に記載がありました。次の議長さんが誰になるのか、今回の選挙結果が関わってきますね。。


2019年参議院選挙、出馬するのはどんな人?


いろいろな党から立候補されているので、党派ごとに記載したいと思います。

現在のところ、希望の党沖縄社会大衆党からは立候補者はいないようです。

選挙の論点


現在の総理大臣である安倍首相は19年11月、首相としての通算の在職日数で歴代最長となっています。首相は参院選の争点に「政治の安定」を掲げています。

今回の選挙で安倍政権が進めてきた経済政策「アベノミクス」などを信任するかが問われる事に。

首相は「憲法改正を議論するのか、しないのかを問う」とも語っており、改憲の是非も論点となっています。


期日前投票について

予定があり、7月21日の選挙に行けない方は期日前投票をする事ができます!
期間は7月5日から20日まで(時間は8時30分から20時まで)

投票所については市区町村のホームページ等でご確認ください。

持参するもの

投票所入場券(はがき)
※投票所入場券がなくても投票は可能です。その場合、身分証明書の提示を求められることがあります。(印鑑は不要)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です