部屋干しのメリットとデメリット

雨が続くと、洗濯を部屋干しされる方も多いでしょう。しかしお部屋で干すと、なかなか乾かない上に生乾きの嫌な臭いが気になりませんか?日中留守にするからといって窓を閉めて部屋干ししていたら室内にカビが生えてしまった、なんてトラブルも..。お風呂場は湿気が多いので、除湿機や扇風機をつけてもなかなか乾かないという声も聞きます。また、いざ家族がお風呂に入ろうとしたら洗濯物が邪魔だと言われることもあるでしょう。こういったことを考えると、外干しのほうが気持ちよくすばやく乾きます。しかしお天気の回復をまっていられない場合もありますので、やはり部屋干しに頼る日があるのが現状です。そこで今回は部屋干しの臭いの原因や対策などをご紹介いたします(*’ω’*)お天気の悪い日でも快適にお洗濯できると気持ちいいですよね♪

部屋干し臭の発生源


なぜ部屋干しすると衣類に生乾きのような嫌な臭いが出てしまうのでしょうか。それは一見綺麗に洗濯できたように見えていても、洗濯物には皮脂や汚れなどが残っており、それをエサにカビや臭いの原因となる菌が増殖してしまうからです。

臭い対策
まず洗濯機自体が清潔かどうかが重要となっています。毎日使っている洗濯槽の裏側には見えない汚れや菌がこびりついており、それが臭いの原因となっている場合があります。洗濯物の臭いが気になったら、まず洗濯槽の洗浄をしてみましょう。専用の洗剤が売っていますので、それを使えば気軽に洗浄できます。洗濯槽の汚れは定期的に落としておきましょう。

早く乾かすコツ

洗濯槽を洗浄したら、いつもの洗濯物の衣類の汚れをしっかり落とし、臭いの原因を無くしていきます。洗濯機に入れる前に、食べこぼしなど固形の汚れがあれば事前に落としておきましょう。靴下など汚れが気になるものは石鹸で少し揉み洗いしておくと、洗い上がりにも差がでます。洗濯機を回す前に、あまり詰め込みすぎないよう注意しましょう。水流が洗濯物全体に当たるように、7~8割程度にしておくのが目安です。脱水が終わったらすぐに取り出して干します。取り出した洗濯物は、干す前に軽くたたんで上からぎゅっと押します。次に広げて皺が伸びるように上下に振りさばきます。トップスはハンガーに、ズボンは裏返して上下逆さに干すと形が綺麗に早く乾きます。早く乾かすコツは、洗濯物の皺をよく伸ばすことと、しっかり隙間を空けることです。タオルは片方をもって思いっきり振りさばくと、ループが起き上がり早く乾く上肌触りもよくなります。エアコンの除湿機能を使っても良いですし、サーキュレーターや扇風機を弱く当てておくだけでもだいぶ違います。換気扇は常につけておいて、湿度が室内にたまらないようにしましょう。

部屋干しに良い場所


洗濯物を部屋干しするにはどうしても場所を取ります。生活スタイルによって干す場所は違ってくるでしょう。たとえば、お風呂場。家族全員が入り終わった後に浴室乾燥機を利用して干す家庭もあるでしょう。しかしお風呂に入る時間がバラバラのご家庭には向きません。リビングも来客時に困りますし、寝室は布団類が湿気を吸いますのでカビの原因となってしまうかもしれません。そこで部屋干しでおすすめしたいのは夜のリビングと寝室です。夜のうちにリビングに広げて干しておくと、翌日午前中など比較的早い時間に取り込めます。来客時は寝室やお風呂場に移動させますが、おおかた乾いているので扱いも気楽で済みます。寝室には、保湿効果を狙って少しだけかけておきます。こちらはタオルや乾きやすい薄手のものを2~3枚ハンガーなどでかけて干します。大物のシーツ類ですが、これも室内で干せます。洗濯ハンガーのピンチに、シーツの片側をじゃばらになるようにかけていきます。しっかり皺を伸ばしておけば、他の洗濯物と同じ時間で乾きます。

部屋干しにもメリットが!


不便と思われがちな洗濯物の部屋干しですが、部屋干しには外干しには無いメリットがあります。まず紫外線による衣類の傷みが少なくなります。紫外線は色素を分解しますので、衣類の変色の原因となります。色の濃い衣類は特に室内干しが向いています。室内だと花粉やホコリも気にしないで済みます。強風で飛ばされないように跡を気にしながらしっかりピンチで止める必要もありません。外出中、急なお天気の変化に慌てる必要もありません。お部屋の構造や生活スタイル、干し方がぴったりマッチすれば室内干しはとても快適な家事になります。なんといってもお天気に左右されることなく日々の家事を行うことができることが最大のメリットではないでしょうか。

部屋干し向きの洗剤

どうしても雑菌が増えやすく臭いやすいのが室内干しです。やはり洗剤は抗菌や防臭効果のある洗剤が向いていると言えます。ですがその前に、お使いの洗濯機にあった洗剤を使用しているでしょうか。洗剤が本来の洗浄効果を出すためには、しっかり水に溶けていることが基本となっています。もし洗濯機に洗剤の溶け残りがある場合は、洗剤の形状や量があっていないのかもしれません。お使いの洗濯機に合う洗剤を確認し、量も見直してみましょう。もし愛用の洗剤には抗菌や防臭効果の記載がなく、臭いが気になってしまう方は酸素系漂白剤を一緒に入れて洗濯すると良いでしょう。酸素系漂白剤はカビ取り剤に使われているような塩素系漂白剤と違い、色柄物にも使用でき防臭効果もあります。もちろん、衣類の洗濯表示を調べてから使ってください。沢山洗剤を入れれば良く汚れが落ち、臭いもしなくなると思っている方もいるかもしれませんが、溶け残った洗剤は逆に臭いの原因となることがあります。最近の洗剤は少ない量で洗浄効果が出ますので、洗剤の容器に書かれている量をしっかり確認しましょう。それにはご使用の洗濯機の容量を知ることが先決です。容量がわからない、取扱説明書も捨ててしまったという方は、ネットで検索してみると良いでしょう。洗濯機の容量にあった適量の洗剤であれば、表記通りの洗浄効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です