【食費節約術】お肉はまとめて買いで冷凍!!長持ちする冷凍・解凍方法

買い物に行って、お肉が特売だとついつい多めに買って余らせてしまうことはありませんか?お肉は使わない分はすぐに冷凍保存するのがベストです^^

安い時期にまとめ買いをして賢く節約しちゃいましょう♪今回は長持ちするお肉の冷凍・解凍のポイントをまとめました☆





お肉を冷凍する時のポイント

冷凍の方法一つでお肉の鮮度が変わります!適当に冷凍庫に入れず、気をつけるポイントを守って長持ちさせましょう!

空気を遮断

お肉を冷凍するときには出来る限り空気が入らないようにします。空気が入ったまま冷凍すると、その空気中にあるわずかな水分が霜に変わり、雑菌が繁殖したり、鮮度を落としてしまう可能性があります。なのでお肉はぴったりラップで包んで空気を遮断し冷凍しましょう。

新鮮なうちに

買ってきたお肉をいつまでも冷蔵庫に入れていませんか?お肉は傷みやすい食材です。使う予定がないものは買ってきた日の早いうち、新鮮なうちに冷凍します。どんな食材でも新鮮な方が美味しいです。お肉も新鮮なうちに空気を遮断しつつ冷凍してしまいましょう。

急速冷凍

新鮮なうちにラップでぴったり包んだから、あとは冷凍庫に入れれば良いと思っていませんか?実は凍らせるまでの時間も大切です。凍っていく過程でも菌は増えます。雑菌の繁殖しやすい生もの、特にお肉は急速冷凍してなるべく菌の繁殖を防ぐことが大事です。せっかく冷凍保存しても雑菌まみれでは意味がありません。金属トレーなどにのせると冷凍スピードが上がるので、利用して冷凍しましょう。

使いやすく小分けに

冷凍するときにポイントとなるのが解凍のしやすさです。たくさん買ってきて、そのまま冷凍ではいざ料理に使うときに不便です。自分の使いやすいグラムや枚数で小分けして冷凍すると、使う分だけ取り出すことができるので便利です。

下味をつけたり加熱後に冷凍

家事の時短になるのが下味後の冷凍です。ミートソースやカレー、生姜焼きや照り焼きなど、下味をつけてから冷凍することで、ご飯の支度が楽になります。解凍せずにそのまま料理に使える場合も多いので、よく食卓で作るものは下味をつけてから冷凍保存すると便利です。



冷凍お肉の解凍方法


お肉の解凍方法について、特徴や注意点をご紹介します。

冷蔵庫

冷蔵庫で解凍する方法は時間はかかりますが、旨味と鮮度を保ちながら解凍できるおすすめの方法です。お肉から溶け出る血や肉汁が他の食品につかないようにビニール袋を二重にしておくと良いでしょう。お肉の中心と外側の温度差が少なく、ゆっくり解凍されるので、風味を損なわず美味しい状態で解凍できます。

流水

流水にあてながら解凍する方法で、魚の解凍などにも使われる方法です。一見良さそうな方法ですが、これだとお肉表面の温度が急激に上がるため、鮮度が落ちてしまいます。流水で鮮度を保ちつつ解凍するなら、氷を入れて氷水につけて解凍する方が良いでしょう。

レンジ

素早く解凍できるレンジですが、急激な温度変化によってお肉の品質や美味しさ、どちらも損なわれてしまいもったいないです。また、レンジによって加熱ムラがあり、解凍できているところと、できていないところの差が出てきてしまいます。以上から冷蔵庫内での解凍が最適な方法と言えるでしょう。



保存期間の目安


冷凍したお肉は1ヶ月ほど持ちますが、これは条件が整っている場合です。一般家庭の冷凍庫では開け閉めも頻繁にありますし、温度も高めなので2週間ほどが保存目安になります。お肉の種類や形状で保存期間は異なり、空気に触れる面積が大きいほど酸化が進みやすいので保存期間は短くなります。

なので、ひき肉、薄切り肉、ブロック肉、厚切り肉、かたまり肉、の順で保存期間は短くなっています。また、お肉の持つ水分量が多いほど雑菌が増えやすいので、鶏肉、豚肉、牛肉、の順で保存期間は短くなります。鶏ひき肉は1~2週間ほど、豚や牛のかたまり肉は4週間ほどが冷凍保存の目安になっています。


冷凍しても早めに!!

冷凍したからしばらくは放っておいても大丈夫、というわけではありません。いくら気をつけて冷凍しても酸化や雑菌の繁殖はゆっくり進んでいます。旨味や風味が損なわれたり、場合によっては体調を崩してしまう可能性もあるので、長期間保存はせずに、美味しい状態で食べるためにも早めに調理するようにしましょう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です