時短なのに豪華!オススメ子供の日レシピ☆

そろそろ子供の日!子供が喜ぶ料理を作りたいな(*’ω’*)でも子供の日って何食べるの??兜型??鯉のぼり??そこで今回は気軽に作れる子供の日レシピを調査しました☆
子供の日の由来は↓↓

 

子供の日って何をする?用意するべき物は○○

 

子供の日におすすめ♪簡単手作りレシピ10

こどもの日といえば鯉のぼりなのでご飯を鯉のぼりのかたちにしてカレーをかけたりしたら私の家では喜ばれます。あとはおいなりさんに目をつけたりして鯉のぼりにみせたてても可愛いと思います。あとはおかずですが、せっかくのこどもの日なのでほとんどのこどもが好きな唐揚げを作るととても喜ばれます。誕生日などでも喜ばれますが唐揚げ1つでもとても喜んでくれます。デザートには白玉団子を色を付けてこいのぼりの形にしてフルーツポンチの中にいれるととても可愛くなります

こいのぼりミートローフミートローフ肉ダネを作ります。
合挽き肉、玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩コショウ、マヨネーズ、ケチャップをまぜ、捏ねます。子供に野菜を食べさせたいなら、この中ににんじんやピーマン、セロリをみじん切りにして入れてもおいしいです。ベビーチーズを刻んで入れてもおいしいです。
形をこいのぼり型に整え、180度に予熱しておいたオーブンで25分から30分焼きます。
竹串を刺して透明な肉汁が出れば焼けています。
オーブンで焼いている間にゆで卵を一つ作ります。
ミートローフが焼けたら落ち着くまでしばらく放置し、落ち着いたらお皿に移し、ゆで卵を薄くカットしたものをこいのぼりの目のところに置き、ケチャップで鱗を書き、きゅうりとかお好きなものでこいのぼりの棒を作り完成です。
ミートローフは豪華だし簡単なのでおススメです。

こいのぼりの食パンピザがおススメ
まず、食パンの耳をカットし、更に半分にカットし、片方の隅をこいのぼりのしっぽになるように三角にカットします。次に食パンにケチャップを塗り、その上に溶けるチーズを乗せ、ピーマンとウインナーを模様を作るように乗せたら、トースターで焼きます。最後に海苔を丸く千切り目を作って乗せたら完成です。
切った耳やしっぽを作った時の三角でもミニミニピザを作り、こいのぼりの柱にしたりかぶとにするともっと喜びます。
食パンで出来るのでとてもお手軽ですし、工程もとても簡単なので、こどもでも楽しみながら作れます。
子供の日にぴったりでとても喜びます。

りんご入りポテトサラダ材料2人分についてですが、じゃがいも1個、りんご1個、ドレッシング(マヨネーズ大さじ1、塩、こしょう少々)。
じゃがいもは皮つきのまま洗い、水けをきらずにラップで包みます。
耐熱皿にのせて、600Wの電子レンジで約2分、上下を返してさらに約2分、竹串がすっと通るまで加熱します。
そしてラップをはずして、粗熱をとります。
りんごは皮つきのまま、じゃがいもと一緒に1.5cm角に切ります。
ボウルに入れて、ドレッシングを加えて完了です。レンジでジャガイモに火を通すので時短でとても簡単にできます。

サンドイッチケーキサンドイッチケーキは、子供達に喜ばれました。
食パンの耳だけは切った状態で、3枚重ねます。
間には少し砂糖を入れたバターを塗っておき、キュウリを並べておきます。
マッシュポテトを、ケーキの時の絞り袋に入れて、食パンの周囲をデコレーションします。
中央には、チーズを混ぜた卵をスクランブルエッグにして、飾ります。
イチゴのように、ミニトマトを周囲に飾ったら、完成です。
冷蔵庫で冷やした方が、綺麗に切りやすくなります

たこ焼き器で、たこ焼き&アヒージョパーティ好きな具材を用意してたこ焼きを食べた後に、オリーブオイル・ニンニク・鷹の爪・塩で作ったアヒージョオイルをたこ焼き器に入れこれまた好みの具材を入れてオイル煮にして食す。
たこ焼きの具材には定番のタコはマストだが、プチトマト&とろけるチーズも美味。たこせんべいも用意して『たこせん』にして食すのも美味しい。
アヒージョ時はオイルを入れてない部分の鉄板でウインナーや砂肝等を焼いて食べても美味しい。フランスパンを用意してアヒージョの具を載せオイルを付けて食べても美味しい。
子供も大人も皆でワイワイ盛り上がれます

おいなりさんを紹介します。
すし飯に混ぜる具材は、給食や夕飯のおかずの「ひじき煮」です。
ひじき煮は、前の日にたくさん作っておいた作り置きを使えば時間も短縮できます。
ひじき煮を混ぜたすし飯をおいなりさんに詰めて丸くします。
おいなりさんは、買ってきたものを使います。
食べやすい大きさに丸くしたおいなりさんに、錦糸卵、チーズ、かまぼこ、のりなどで飾り付けをします。
飾りつけは、お子さんの顔やおいなりさんが茶色のでクマなどのキャラクターなどを作るのですが、この時にお子さんと一緒に飾り付けをすれば楽しい親子クッキングになります。
サラダ菜を敷いたお皿に盛りつけて、まわりにプチトマトなどを添えたら出来上がりです。

寿司ケーキ我が家では去年寿司ケーキを作りました。丸いケーキの型に、ちらし寿司の素を使ったちらし寿司を敷き詰めてケーキの形にして、好きな具材をのせるというものです。こどもの日ということで、ハムや海苔、チーズなとで鯉のぼりを作ると見た目にも華やかになって子どもも喜びます。また、大人にはお刺身のサーモンやいくらをのせるとご馳走感が出ます。我が家では大人はサーモンいくら、子どもは茹でたエビをメインに、錦糸卵やきぬさや、鮭フレークを使いました。

鯉のぼりに型取ったベーコンコーンライスがオススメです。具体的には、バターでご飯を炒めて、そこにベーコンとコーン、場合によってはミックスベジタブルでも良いので入れます。それを鯉のぼりに型取り、出すだけで子供は大喜びします。バターの甘みとベーコンの美味しさ、子供の大好きなコーンがあるので、子供は大喜びします。我が家ではこどもの日の定番の料理であり、大人の私が食べてもとても美味しい素晴らしい料理です。型取りが大変な時は魚型に切り抜いた油揚げやチーズなどで飾るだけでもぐっと子供の日料理っぽくなります☆

ちらし寿司私の家のこどもの日のメニューはちらし寿司でした。ちらし寿司というとひな祭りではないの?という方もいらっしゃいますが子供はちらし寿司が大好きなのです。ひな祭りのちらし寿司と同じでは子供も面白みがありませんので変えてみることもおススメです。私がおススメするちらし寿司は市販で出ているちらし寿司の素にマグロやサーモン、えびなどといった子供に大人気がある海鮮をたっぷり入れた海鮮ちらし寿司が私のおススメです。わたしも海鮮ちらし寿司は大の大好物でもありますし、子供の友達も海鮮ちらし寿司は大好きなようでパクパク平らげていました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です