お風呂場のピンクの汚れはカビなの?

お風呂場の掃除をしていないと、シャンプーボトルの底や排水口の周り、石鹸置きなどにヌメリのあるピンクの汚れが。。。これってカビ!?今回は気になるお風呂場のピンクの汚れについて原因や対策を徹底リサーチしました!綺麗なお風呂場で快適なバスタイムにしましょう♪







ピンク汚れはカビじゃない?!


ピンク汚れは、カビが生えやすい場所と同じような場所に発生するので、カビだと思っている方も多いかもしれません。しかし、このピンク汚れの正体は「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビではないのです。ロドトルラは、湿気が多く、皮脂や石鹸カスなどの栄養分があると、菌の活動が活発になります。その繁殖スピードはカビよりも早いのが特徴です。さらに、このピンク汚れの厄介なところは、放っておくと、黒カビの発生場所となってしまうことです。つまり、ピンク汚れは、「ここにカビが生えますよ」という指標になるわけです。

なんですぐに再発するの?

ヌメヌメとしたピンク汚れを発見したら、洗剤をつけたスポンジなどで落とした経験がある人は多いのではないでしょうか。ピンク汚れは、その場所を擦ると一見、汚れが消えたかのように見えます。しかし、実際はピンク色が落ちるだけで、菌自体が死んだわけではなく、そこにこびりついているのです。ピンク汚れの正体であるロドトルラは、一般的な菌よりも乾燥に強く、少しの水分だけでも発生できるほど繁殖力が強いため、菌とわずかな水分が残っていればまた発生してしまうのです。これが、ピンク汚れが落としてもまたすぐに発生してしまう原因です。

掃除方法【除菌+乾燥がカギ!】


ピンク汚れを再発させないためには、菌を取り除くことが大切です。除菌する方法として、まず、消毒殺菌用のエタノールを使う方法があります。ピンク汚れのある場所に、消毒用のエタノールを含ませたペーパータオルなどを貼りつけます。10分ほど時間を置いた後、ペーパータオルを剥がし、ピンク汚れの部分を擦り取り、水で流せば完了です。また、専用の洗剤を使うと、もっと簡単にピンク汚れを撃退することができます。「バスマジックリン」などの洗剤を噴きかけ、5分放置した後、水で洗い流すだけです。擦る手間もないので簡単にピンク汚れの原因菌を除去することができます。

予防方法


ピンク汚れを予防するには、乾燥させることが大切です。まず、原因菌の栄養となる皮脂や石鹸カスなどを取り除くため、お風呂を使った後には、浴室全体をシャワーなどで流しましょう。その際、熱いお湯をかけて汚れを落とした後、冷水をかけて浴室の温度を下げると菌やカビが発生しにくくなるので効果的です。冷水をかけてお風呂場全体の温度を下げたら、次にできる限り水分を拭き取ります。特に、ピンク汚れが発生しやすいシャンプーボトルの底や排水口周りなど水分の溜まりやすい場所は念入りに水分を取り除くといいでしょう。さらに、換気扇を回し、換気をすると湿度を下げることができます。

まとめ


ピンク汚れの正体は、ロドトルラという酵母菌ですが、その予防はカビの予防と同じです。カビは、温度や湿度の高いところに、栄養分があれば繁殖しやすくなります。ですから、ピンク汚れも除菌を行い、発生しやすい温度や湿度を避けることや、皮脂や石鹸カスなどの栄養分となる汚れを取り除くことが大切です。また、ピンク汚れを予防すれば、黒カビなどの予防にもつながります。入浴後のちょっとした対策を行って、ピンク汚れやカビを予防しましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です