部屋にカビが!!どうして!?カビの原因と対策

カビが発生しやすい環境とは?

カビにはいくつか発生しやすい条件があります。まずはその条件を知り、家の中でどんな場所にカビが生えやすいのか知りましょう。

①80%以上の湿度
②20~30度程度の温度
③エサとなる汚れやホコリ
④活性化するための酸素

カビにとって過ごしやすいのはこのような条件が揃っている場所です。家の中を見回してみると、これらの条件が揃っている場所は意外に多いことに気付きます。

お風呂場


まずお風呂場です。お風呂場は年中湿気が多いので、カビが非常に発生しやすい場所です。

エアコン


エアコンの内部も湿気が多く、気を付けたい場所。嫌な臭いがするようになったら、カビが発生していると思って間違いないでしょう。

キッチン


キッチンやシンク周りは食べ物を扱う場所だけに気を付けたい場所です。包丁やまな板にもカビは発生するので、しっかりとカビ対策をしていきましょう。

リビング


カビが発生しやすい場所で見落としがちなのが、リビングです。お風呂やキッチンに比べると湿度は高くないように感じますが、現代の住宅は気密性が高いため、思っている以上に湿気が溜まりやすくなっています。また、リビングは家族が過ごす時間が多いため、落ちた皮脂や汗などがカビのエサになってしまいます。家族で過ごす場所だからこそ、カビの繁殖は防ぎたいもの。今回はリビングのカビ対策について見てみましょう。

カビの人体への影響


カビには黒カビ、青カビ、ススカビ、麹カビなどいろいろな種類があり、人体に与える影響も違います。

黒カビ

最も有名で、特に湿気が多い場所に生える種類です。繁殖力が強く、あっという間に広がってしまいます。低温、乾燥には強いですが、アルコールなどの消毒剤には弱く、耐熱性もあまりないという特徴を持っています。黒カビは特に湿気が多い場所を好み、浴室や洗面所の他、結露が発生する窓のサッシや壁、エアコンの内部にも発生します。毒を作ることはないものの、ぜんそくやアレルギーの原因になるとされている厄介なカビです。

青カビ

みかんやレモンなどの柑橘果物、餅やパンといった食品に発生することが多い青カビ。靴などにも出ることもある緑っぽい色をしたカビです。発生するとコロニーを作ってビロード状に広がるという特徴を持っています。青カビにもいろいろな種類があり、中にはブルーチーズに生えているように無害なものもあります。ただしカビ毒を作り出しガンの原因になる種類もあるので、注意が必要です。食品に生えるイメージがありますが、家具や押し入れの中、畳などにも発生することがあります

ススカビ

ススカビも家屋の中に当たり前にあるカビの一種です。青カビと同じく高湿度の環境を好み、浴室や洗面所、キッチンなどいろいろな場所に発生する可能性があります。冷蔵庫が住処になっていることも珍しくありません。また、ススカビの胞子は非常に軽いという特徴があり、ちょっとしたことで部屋中に散ってしまうこともあります。ススカビの胞子は宙を飛んでいる時間が長く、胞子自体も大きいため、鼻に入ってしまうと留まりやすく、アレルギー性鼻炎の原因になることも考えられます。

麹カビ

「麹」と聞くと醤油や味噌を思い浮かべますが、その名の通り麹カビはこれらの食品を発酵させるのに使われています。ただしだから安全とはいえません。麹カビにもいろいろな種類があり、有毒なものはアフラトキシンというカビ毒を発生させます。大量に取り込んでしまうと急性の肝障害を、長期的に徐々に取り込んでいくと肝臓ガンを引き起こすこともあるため、安全と早合点してはいけません。パンやケーキ、とうもろこしなどの食品の他、畳や木材、繊維などに発生することもあるカビです。

カビの除去方法

カビが発生してしまったら、場所に応じて適切に除去していきましょう。ゴム手袋やマスクをして、カビを取りこまないようにしながら掃除してください。

【壁】

用意するもの

無水エタノール、水、綺麗な雑巾、スプレーボトル

無水アルコールと水を8:1の割合で混ぜて薄めます。スプレーボトルに入れたら、まず目立たない場所に吹きかけて、壁が色落ちしないか確認しておきましょう。カビ部分にスプレーし、アルコールで湿らせた綺麗な布で拭き取っていきます。強く擦るのではなく、優しく小さく叩くようにしていくと取れやすくなります。

【床】

用意するもの

住宅用中性洗剤、きれいな雑巾、無水エタノール、水、スプレーボトル

目に見えるカビ部分に中性洗剤を吹きかけ、しばらく放置します。カビが浮き上がってくるのを確認したら、濡れた雑巾でしっかりとふき取りましょう。更に水で薄めたエタノールをスプレーボトルに入れ、拭き取った場所に吹きかけてから磨きます。このとき新しい雑巾を使うことを忘れずに。汚れた雑巾を使い続けるとカビの胞子を戻してしまうことになります。

【窓のサッシやパッキン】

用意するもの

住宅用中性洗剤、きれいな雑巾、無水エタノール、水、スプレーボトル

基本は床と同じです。カビ部分に住宅用中性洗剤を吹き付け、5分ほど放置します。その後濡れ雑巾でしっかりとふき取りましょう。更に残った菌を殺すため、薄めたエタノールをスプレーボトルに詰めて吹つけ、綺麗な雑巾で拭き取ります。

【カーテン】

用意するもの

熱湯とタオル、あるいはエタノールと歯ブラシ

自宅で洗えるカーテンであれば、洗うことでカビを落とすことができます。洗濯機に入れる前に熱湯を含ませたタオルで拭きとったり、エタノールを付けた歯ブラシで叩いたりして、カビを先に落としておきましょう。洗濯機に入れる時は屏風だたみをして、洗濯ネットに入れると汚れがよく落ちます。洗ったあとはそのままカーテンレールに吊るして干しましょう。

【押入れの布団や衣類】

用意するもの

漂白剤、中性洗剤あるいは重曹水、ブラシ、きれいな布、無水エタノール、水

カビが生えてしまった衣類は、漂白剤を使って洗濯すれば落とすことができます。色落ちする可能性があるので、塩素系ではなく酵素系漂白剤を使うのがおすすめです。布団など洗えないものにカビが生えてしまった場合は、まず中性洗剤や重曹水をスプレーして2~3分置き、ブラシでカビを擦り落とします。その後固く絞ったきれいな布で拭き取って洗剤を落としましょう。更に水で薄めたエタノールをスプレーしておくと、中に残ったカビの胞子や根を殺してくれます。

除去掃除の際の注意点


必ず換気を行います。掃除をするとなるとどうしても胞子が宙を舞うので、これを部屋の外に追い出すことで、再繁殖のリスクを抑えることができるのです。掃除中だけではなく、掃除が終わった後も数時間は換気しておきましょう。手袋やマスク、ゴーグルを着けることも忘れてはいけません。宙に舞った胞子を吸い込んだり、目に入ってしまうことを防ぐことができます。更に万全を期す場合は使い捨ての作業着やフードキャップ、靴カバーなどを使うことも検討してみてください。

カビの発生を予防しよう!

カビが生えてから掃除するのではなく、そもそもカビを生えないようにすることも大切です。

毎日換気する

窓を開けて外の風を部屋の中に入れることで、カビを防止することができます。部屋の中に溜まっていた湿気が外に逃げるので、カビが繁殖しやすい環境を改善することができるのです。また、窓を開けることは、カビの胞子を外に出すことにも繋がります。

家具と壁の間を空けて風通しを良くする

湿気は狭いスペースにこもるもの。壁と家具の距離が近すぎると、湿気が溜まってそこだけ湿度が高くなってしまうことがあります。特にベッドは要注意です。最悪壁や床だけではなく、ベッドやマットレスにカビが生えてしまうこともあります。

除湿器やエアコンのドライを利用

除湿器やエアコンのドライ機能を利用し、湿度を機械的に取り除くこともカビ予防に繋がります。電気代はかかりますが、壁や床、家具などにカビが生えてしまうことを考えれば経済的と言えるでしょう。24時間稼働させなければいけない訳ではありません。留守の間、寝ている間など、メリハリをつけて使うことで、お財布に優しいカビ予防を行うことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です