初心者が仮想通貨で稼ぐには?やり方を伝授

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨
仮想通貨とは円やドルのような特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

暗号理論を用いて電子的に発行される通貨で、ビットコインやアルトコインなどが代表格になっています。インターネット上での決済や送金の取引を、複数のコンピューターで管理するブロックチェーンという仕組みで運営しているのです。ブロックチェーンは偽造を防ぐ役割も担っています。仮想通貨には従来の通貨を管理する中央銀行というものはなく、公的な管理者がいないのも特徴の1つです。2018年2月には1500種類を超える仮想通貨ができています。

投資する前の心得

初心者が心得として持っておくこととして、投資ですから確実に上がるということはないということです。そのためリスクがあることをしっかり認識しておく必要があります。また、損をすることがあるので余剰資金を使って、投資することも大事になります。生活費などをつぎ込んでしまうと、損をしたときに生活ができなくなってしまう可能性があるのです。お小遣いなどの生活に支障がない資金から投資を始めるといいでしょう。

販売所と取引所の違い

仮想通貨を買う場合には販売所と取引所から買うことができます。販売所は仮想通貨の販売元ですから、すぐに買うことができますが手数料は高いのが特徴です。取引所は仮想通貨をすでに持っている人から買うことができる場所になっています。取引所では売りたい人が値段を決めて売りに出していますので、買いたい人はその値段を指定して購入するのです。手数料などを考えると取引所の方が安く買えることが多くなっています。ただし、すぐに買えるとは限りません。すぐに買いたい人は販売所、安く買いたい人は取引所で買うといいでしょう

仮想通貨のメリット・デメリット


仮想通貨のメリットとしては、中央機関に通貨の価値をコントロールできないということです。従来の通貨のような中央機関がないため、供給量を増やして価値をコントロールするということができません。仮想通貨は公的な管理者ではなくプログラミングが供給量を決めていますので、誰かの損得で価値が決まることがないのです。国境がない通貨ということもメリットでしょう。仮想通貨で決済すれば、為替相場に左右されなくなるのです。どこの国にいても仮想通貨の価値は同じですから、国際取引に適しています。


デメリットとしては投機的側面があることと国の担保がないことです。仮想通貨は暴騰暴落を繰り返すことがあり、投機的な側面をぬぐえません。しかし、他の仮想通貨に買い替えるなどの方策で価値を安定させることはできるのです。仮想通貨は一種類ではありませんので、価値が連動して動かない仮想通貨を持つことがリスクヘッジになります。また、国の担保がないということは、何かがあっても国が補償をしてくれないということです。

少額だけ買ってみよう

1ビットコインの値段が100万円を超えているからといって、100万円なければ取引できないわけではありません。ビットコインであれば、最低取引単位が決められています。それぞれの取引所では0.001ビットコインや0.0001ビットコインの単位で取引できるのです。最低の取引単位としては、数千円から数万円程度で取引することができるということになります。

初心者はどのコインを買えば良い?

どの仮想通貨もリスクはありますが、比較的安定して成長が期待できるものを5つ紹介します。

ビットコイン


仮想通貨の代表格はビットコインでしょう。ビットコインは機基軸仮想通貨となっていて、ビットコインの値動きが他の仮想通貨の価値に影響を与えることが多いです。暴落と高騰を繰り返しますが、値段が戻らなかったことのない通貨です。

イーサリアム


イーサリアムの特徴はスマートコントラクトと呼ばれる自動契約プロトコルです。取引の契約内容もブロックチェーンに記録できるために、今後色々な分野に普及が期待されるコインでしょう。そのため値上がりが期待できるコインです。

リップル


リップルは企業や銀行間の送金が瞬間的にできる仮想通貨で、金融機関で採用が検討されているものです。採用されれば需要が一気に増えることが期待できるので、価値も高まる可能性が高いです。

ライトコイン


持っている人のほとんどは北米で、日本ではあまり注目されていませんが、非常に安定しています。ビットコインの暴落時にもびくともしない安定感をもっています。徐々に値上がりすることを見越して、長期的に持っているにはいいコインでしょう。

ビットコインキャッシュ


送金がスムーズにでき、送金エラーリスクを解消した仮想通貨です。機能的に性能が良いため、日本の主要な取引所で取り扱われています。今後も伸びる期待があるコインです。

中長期保有が理想!

仮想通貨の取引のやり方としては、1日の値動きに翻弄されないことが重要です。値動きの激しい仮想通貨では1日単位で見ると、値が下がっているから売らなければ損をすると考えてしまうことがあるでしょう。しかし、それで売っていては利益を得ることはできません。仮想通貨取引では短期的な値動きに翻弄されず、中長期的に考えるといいでしょう。将来的に今よりも上がる、上がったタイミングで売ろうと考えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です