【専業主婦】株で譲渡益が出た場合に確定申告は必要?

株取引を行っているからと言って、必ずしも確定申告する必要はありませんが、確定申告の要不要はケースによって異なります。さらに、専業主婦の方の場合は「扶養から外れないといけないの?」といったが心配ですよね。

この記事では、専業主婦の方が株で利益を得た場合、確定申告が必要か否かを判断するポイントをご紹介しています。





確定申告とは?

確定申告とは、1年間に得た所得を自主的に国に申告し、その所得の内容に従って所得税を決めるものです。確定申告は、所得を得た翌年の2月16日~3月15日の期間に税務署へ申告書を提出して行います。

ただし、最近では国税庁のホームページでも行えるようになったので、それを利用すれば自宅に居ながら簡単に確定申告書を作成することができます。

確定申告は必要なのはこんな場合!

まずは、確定申告が必要かどうかを確認してみましょう。

確定申告が必要なのは、
■年間を通して譲渡益が出ている
■利用している口座が特定口座(源泉徴収なし)または一般口座
の2つの条件を満たしている場合です。

ただし、年間の売却益が20万円以下である場合は確定申告する必要はありません。


利用している証券口座を確認してみましょう

証券口座には、「特定口座(源泉徴収あり)」・「特定口座(源泉徴収なし)」・「一般口座」の3種類があり、証券口座を開設する際にいずれかを選択する必要があります。

これらのうち、「特定口座(源泉徴収なし)」または「一般口座」を選択して利用している場合は、自分で確定申告を行う必要があるのです。

つまり、確定申告の要不要は利用している口座の種類によって異なり、
「特定口座(源泉徴収あり)」での取引きであれば確定申告は不要なのです!

特定口座(源泉徴収あり)とは・・・?

  • 年間の損益を証券会社が自動的に計算してくれる
  • 証券会社が「年間取引報告書」を作成してくれる
  • 証券会社が税務署へ税金を納めてくれるため、確定申告の必要なし

特定口座(源泉徴収なし)とは・・・?

  • 年間の損益を証券会社が自動的に計算してくれる
  • 証券会社が「年間取引報告書」を作成してくれる
  • ただし、自分で確定申告する必要がある

一般口座とは・・・?

  • 年間の譲渡損益を自身で計算する
  • 確定申告を行う場合、書類は全て自身で作成する

 


確定申告が不要な場合まとめ

下記に該当する場合は、確定申告が不要です。

特定口座(源泉徴収あり)での取引き

NISA口座での取引き

年間を通して譲渡損が出ている場合

■特定口座(源泉徴収あり)での取引き
特定口座(源泉徴収あり)での取引きであれば、譲渡益を得る度に証券会社がその都度税金を納めておいてくれるので、どんなに大きな譲渡益が出たとしても、確定申告する必要がありません。確定申告しなければ、扶養に入るか外れるかの基準となる所得として計上されないので、絶対に扶養から外れたくないという方は、この「特定口座(源泉徴収あり)」を選びましょう。

■NISA口座での取引き
もともと譲渡益に対する課税がされないNISA口座での取引きでも、確定申告する必要はありません。
NISA口座は、年間120万円までの投資額であれば、譲渡益や配当金に対する税金が非課税になる特別な証券口座です。
ただし、NISA口座での取引きを希望する場合でも、証券口座を開く際に「特定口座(源泉徴収あり・なし)」・「一般口座」のいずれかを選択する必要があります。

■年間を通して譲渡損が出ている場合
確定申告が不要な場合でも、確定申告することは可能です。下記に当てはまる場合は、確定申告することによって節税することができます。

<年間を通して大きな譲渡損が出ている場合>
年間を通して損失が出ている場合、基本的には確定申告する必要ありませんが、確定申告を行うことによって次年以降の所得を減らすことができます。
これを「損失の繰り越し控除」と言い、発生した損失は次年以降3年間繰り越して所得を減らし、その結果所得税を抑えることができるのです。
<特定口座(源泉徴収あり)を複数持っていて、それぞれで利益と損失がある場合>
いくつかの証券会社で口座を持っていて、それぞれに利益と損失がある場合は、「特定口座(源泉徴収あり)」での取引きであっても確定申告での損益通算によって税金が戻ってくる場合があります

損益通算とは?

利益と損失を差し引くことによって、利益を小さくして税金を抑えることができる仕組みです。利益と損失を差し引いた結果マイナスになる場合は、税金はかかりません。



確定申告が必要かわからない場合は?

確定申告が必要かどうかは、その人のケースによって様々です。確定申告の要不要がわからないという方は、お住まいの地域を管轄している税務署に問い合わせしてみましょう。
また、確定申告の時期が近くなると無料相談会などが開催されることもありますので、そういった機会を利用することもおすすめです。

専業主婦が確定申告する際の注意点

確定申告することによって株の利益に対する税金面でのメリットはありますが、損益通算することによって旦那さんの扶養から外れてしまったり、旦那さんの税金負担が大きくなってしまう場合もあります。

もし大きな利益が出たとしても、確定申告しなければ扶養から外れることはありませんが、確定申告が必要な口座を利用していたり、確定申告不要な「源泉徴収あり」の口座でも損益通算したいからと確定申告を行うと、逆に損になってしまうこともあります。

確定申告を行った結果、得になるのか損になるのかはケースによって様々ですので、自分で判断することが難しいと思います。ですので、「源泉徴収あり」口座でも確定申告するかどうかは、税務署や税理士さんなど、専門家に相談して決めることをおすすめします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です