今さら聞けない・・・NISAって何?NISAの仕組み、つみたてNISAとの違いについて解説します!

2014年、1月から始まったNISAをご存知ですか?NISAとは、少額投資非課税制度のことで、年間120万円以下の投資で得た利益が非課税として優遇される制度です。
NISAでない通常の口座(一般口座・特定口座)では、投資で得た利益には20.315%の税金がかかってしまうのです。

例えば、100万円を投資して150万円に値上がりし、売却した場合
一般口座・特定口座では50万円×20.315%=10万1575円が税金として、売却益の50万円から引かれます。
なので、実際にもらえる額は50万円-10万1575円=39万8425円ということになりますが、NISA口座では、売却益の50万円がそのままもらえるという制度なのです。
今回は、NISAの仕組みと2018年1月から始まった「つみたてNISA」との違いについて解説していきます(*^^)v

NISAとつみたてNISAの違い


NISAとつみたてNISAは併用できない
2018年から新たにつみたてNISAが始まりました。投資家はどちらの制度も併用して利用できるわけではなく、毎年どちらかを選択しないといけません。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、違いをよく知って、自分に合っている仕組みを選択しましょう☆
違い①投資対象が異なる
投資対象は、NISAでは株式や投資信託、ETFや上場REITなどが該当します。一方つみたてNISAでは株式には投資ができません。つみたてNISAで投資できる金融商品はETFや投資信託のみで、それらは金融庁で定められた条件を満たしているものに限定されているので、「投資信託ってたくさんあって、どれを選んだらいいのかわからない(*´Д`)」という投資初心者でも安心して選ぶことができるのです。

MEMO
ETF(上場投資信託):上場している投資信託のこと。一般的な投資信託はその日の基準価額で売買されるのですが、ETFは上場しているので、通常の株式のようにリアルタイムの価格で取引できます。
上場REIT(不動産投資信託):多くの投資家から集めたお金で、オフィスビルやマンション、商業施設などの不動産を購入し、その賃貸収入や売却益を投資家に分配する金融商品です。
違い②投資資金を拠出する際のルール
投資資金を拠出をするときのルールはNISAは特に決められていないので、自由に拠出をして投資ができ、まとめて投資するのも積み立てて投資をするのも自由です。一方で、つみたてNISAでは定期的、継続的に積立てる方法のみとなります。
違い③非課税投資期間が異なる
非課税投資期間はNISAでは最長5年間投資ができる仕組みになっていて、ロールオーバーを利用すれば10年の投資ができるケースもあります。一方で、つみたてNISAではそれよりも断然長い20年までの投資が可能なので、「長期的にコツコツ投資をしたい」という方におすすめです(*^^*)
違い④ロールオーバーの可否
NISAの場合、売却していなくNISA口座で保有している資産は5年の運用期間終了後、さらにNISAを使って運用を続けることができます。このことをロールオーバーと言いますが、つみたてNISAにはロール―オーバーの仕組みはないので、20年を経過すると非課税の仕組みは終了します。
例えば、2015年からNISA口座で運用を始めた資産は、5年後の2019年に運用は終了しますが、それを2019年から再度5年間運用することができるのです。

NISAを選んだ方が良い場合

「NISAとつみたてNISA、どちらを選んだらいいの~?」と迷ってしまいますよね・・・。以下のポイントに該当する場合は、NISAを選ぶことをおすすめします(^^♪
年間に投資したい金額が40万円以上
まずは、年間でどのくらい投資したいのかを確認してみましょう。NISAでは年間120万円投資元本を拠出できるのに対して、つみたてNISAでは年間40万円しか投資ができません。

ちなみに、NISAの非課税枠は年間120万円ですが、この非課税枠は全て使い切らなくてもOKです。(極端な話、NISA口座を開いて使わなくても問題ないので!)
株やETF、REATなど、つみたてNISAで限定された投資信託以外にものに投資したい
つみたてNISAでは、投資対象の制限が厳しくなっています。株式には投資ができず、投資信託にも一定の制限が加えられています。なので、株式投資をしたい人や、制限にとらわれず投資信託に投資をしたいなら、NISAの方が良いと言えます。株式市場が好調な時にどんどん投資をしておきたいと考えている人であれば、NISA制度で早めに資産を築く方が得かもしれませんね!!

つみたてNISAを選んだ方が良い場合

NISAかつみたてNISA、どちらかを選ぶのはとても悩ましいですよね。以下のポイントに該当する場合は、つみたてNISAの方がおすすめです(*^^*)
年間40万円以下で、長期的にコツコツと投資したい
投資の経験が少なくてあまり投資をしない、つまりは年間40万円以下の投資でも良いなら、つみたてNISAでもOK!非課税期間が20年間と長いので、長期的にコツコツ投資したいという方にぴったりです☆非課税枠を全て使う場合でも、月にすると3万3千円ぐらいなので、ハードルは低いのではないでしょうか?
たくさんの金融商品から選ぶのが大変・・・
つみたてNISAで投資できるのは、積立投資を前提として金融庁が定めた基準にクリアした投資信託やETFのみです。厳選された投資対象から選ぶことができるので、「投資を始めたばかりで、何に投資したらいいのかわからない」「金融商品ってたくさん種類があって選ぶのが大変!」という方は、つみたてNISAの方がおすすめです。

NISA口座の注意点


NISAは一人1口座!
NISA口座は、一人1口座のみ開設できるものなので、同じ年に複数の証券会社でNISA口座を開くことはできないのです!
1年に一度金融機関の変更ができ、その時は過去の投資分はそのまま保有し続けることになります。(NISA口座は他の証券会社に移管することはできません!)
手数料の違いや商品ラインナップで各金融機関で利便性が異なるので、十分考慮して金融機関を選びましょう!(^^)!
非課税枠の再利用や繰り越しはできない
金融商品を購入した同じ年に売却すると空き枠が生じますが、この空き枠を再利用することはできません。

例えば、2018年に120万円分の株を購入して、年内に売却したら、2018年分の非課税枠は使い切ったことになります。
また、その年中に使いきれなかった非課税枠を翌年以降に繰り越すことはできません。
例えば、2018年に100万円分の株を購入した場合、2018年の非課税枠はまだ20万円分余っていますが、これを翌年以降に繰り越すことはできません。
損益通算ができない
売却損が出た時は、損益通算と損失の繰越控除という制度を使って、税金負担を軽減することができるのですが、NISA口座での利益や損失を、他の口座(一般口座・特定口座)の利益や損失とは損益通算することができません。
また、通常の口座(一般口座・特定口座)には損が出た時に3年間繰り越せる仕組み(損失の繰り越し控除と言います)がありますが、こちらも利用できません。売却損が出ると通常の口座よりも損になってしまうので注意しないといけません。

MEMO
損益通算とは、利益と損失を相殺して、税金負担を軽減することです。
例えば、A証券の口座で100万円の利益が出て(利益が出たら税金がかかりますよね)、B証券では100万円の損が出た場合、100万円―100万円⁼0円となり、確定申告すれば税金はかからないのです。
配当金の受け取り方法は、株式数比例配分方式に指定しましょう
配当金等の受け取り方法を株式数比例配分方式に指定しておきましょう。株式数比例配分方式とは、証券口座で配当金を受け取る方法です。配当金の受け取り方法は他にも、銀行口座への入金や郵便局での受取りがありますが、これらの受け取り方だと税金がかかってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です