IPOは投資初心者におすすめの投資方法☆IPOとは何か?利益の出し方や買い方を解説!

IPOとは、一言で言うと新規公開株のことです。通常の株式投資と異なり、チャート分析や企業分析など難しいことを考える必要がほとんど不要!!なので、投資初心者の方におすすめの投資方法なのです♪今回は、IPOとは何か?という基本的なことから、IPO株の買い方まで解説します(*^^)v

IPOって何?


■IPOとは新規公開株のこと
「株式投資」とは、一般的には既に上場されている銘柄の売買をして行うことを言いますが、少し異なる方法として、既に上場は決まっているがまだ上場されていない銘柄に投資できる方法があり、IPO(Initial Public Offeringの略語)と呼ばれています。
一般的には、株式投資をするときには事前に投資をする銘柄の株価はもちろん、資産状況や利益予測、業界分析など、いろいろな情報をチェックします。しかし、IPO株に投資する際は、そこまでいろんな情報をチェックしなくても高い確率で初心者でも利益を出すことが可能なのです♪(どんなことをしている会社か?利益は出ているか?などの、ある程度の事前リサーチは必要ですが・・・)
IPO株の価格はブックビルディング方式で決定する
IPOにおける株式公開時においては、事前に購入価格が提示されてから提示された価格での購入に応じる形で投資をします。購入をする時、購入価格を決める方法としてブックビルディングと呼ばれる方法が取られます。

MEMO
ブックビルディングとは、IPOの仮条件が「(例)2500円~3000円」というように投資家へ提示して、「その値段で投資家がどれくらい買いたいか」という投資家のニーズを調べたうえで、新規上場する銘柄の株価を決定する方法です。ブックビルディングによって決定した価格を、公募価格と言います。
IPO株は抽選に当たるかが鍵
IPO株の購入方法としては、事前に販売を行う証券会社に申し込んでおき、「IPO株を買う権利」が手に入ればIPO株に投資することができます。申込だけで購入できる場合もありますが、IPO株は人気が高いので、ほとんどの場合は抽選で購入者が決められます。IPO株投資が成功するかどうかは、「抽選に当たるかどうか?」がポイントなのです!!
IPO株は、銘柄によってどこの証券会社が取り扱っているのかが異なり、配分も証券会社によってさまざまです。IPO株に強いおすすめの証券会社は、SBI証券、マネックス証券、岡三オンライン証券です(^^♪

IPOの注意点は、上場後の値動き

非常にメリットが多いとされているIPO株ですが、全くデメリットがないわけではありません。理由の一つとして挙げられるのが上場後の値動きです。割安な公開価格なので直後に大きく上がりやすいですが、さらに調整が入るなど値動きが激しくなるので、いかに早く売却するかがポイントになります。
また、初値で公募価格を上回る例が過去多くなっていますが、100パーセント必ず上がるわけではありません。残念ながら公募価格よりも初値が下回ってしまう銘柄もありますので、IPO株に投資する際は、その銘柄の前評判や将来性があるかどうかをしっかりと見極めることが大切です。IPO株の前評判は、ネットで検索することも可能なので、参考にしましょう☆

IPOで利益を出すには、初値売りがおすすめ!

■IPO株は初値で売却して利益を確定
投資を始めたばかりの初心者が利益を出すための鉄則として、初値での売却があります。なので、「購入した株価を毎日チェックしなきゃ!」なんて必要はありません!!

MEMO
初値とは、証券取引所に上場して最初に売買が成立した株価のことです。
株式投資は徐々に慣れていきましょう
ある程度IPO株に慣れてくると、徐々に会社の分析などができるようになってくるので、時代に合ったビジネスをしている会社や、財務状態のいい会社などが分かるようになります。直近の業績を見て赤字が出ていないか、利益をしっかり出しているかを見ると、良い会社の判断がつきやすくなります。これらの情報は、その会社のIR情報や証券会社のHPでチェックすることができます(*^^)v株を始めたばかりという方は、あまり知られていない会社より、一定の知名度のある会社が良いでしょう。雑誌などで取り上げられている会社は、人気が高いので上場後に上がりやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です