Hcash(エイチキャッシュ)との引換券?!仮想通貨エイチシェア(Hcash)とは?

仮想通貨エイチシェア(Hcash)はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の1つで、現在開発中のトークンです。トークンとは仮想通貨の引き換え券のようなもので、将来的に開発予定の仮想通貨「Hcash(エイチキャッシュ)」と引き換え可能になります。エイチシェアはこれまでの仮想通貨とは異なる技術を用いてさまざまな仮想通貨とつながることができるように開発が進められている段階です。この記事では、将来性が期待されるエイチシュア(Hcash)について紹介していきます。

通貨単位・管理者・発行枚数

エイチシェアの通貨単位はHSRです。管理者はHcashです。ただし、将来的にエイチシェアからHcashに移行していくので、そのときには非中央集権的で自立的に作動するDAO「分散型自治組織」を取り入れるため、実質的な管理者はいなくなります。発行上限枚数は8400万HSRです。

エイチシェアの特徴


エイチシェアの特徴についてまとめました(*^^)v

仮想通貨エイチキャッシュとの「引換券」

エイチシェアは2017年に公開されたばかりのトークンでエイチキャッシュができるまでの一時的なものです。仮想通貨としての機能がまだ備わっていなくてプラットフォーム上で使用するエイチキャッシュを発行できないため、後に開発される予定の仮想通貨エイチキャッシュと引き換えができるものとして現在販売されています。交換比率は1:1で交換されればエイチシュアは破棄されることになりますが、早めに手に入れたい人は今がチャンスです。

仮想通貨の弱点を補強

エイチシェアはこれまでの仮想通貨の弱点を補強することを目指しています。
これまでは各々のブロックチェーン上でしかやりとりができないため、同じシステムを持った仮想通貨同士でなければやり取りができませんでした。これはブロックチェーンの大きさがそれぞれ異なるからです(>_<) しかし、エイチシェアはブロックチェーンを使用しているにもかかわらず、さまざまな仮想通貨で用いられているシステムを備える予定です。そのため、これが実現できれば他の仮想通貨のブロックチェーンの大きさに合わせることができます。 [memo title="MEMO"] 実現すれば、システムが同じ仮想通貨同士どころか、システムの異なるブロックチェーンの仮想通貨同士であっても、どのような仮想通貨とも互換性があるプラットフォームが完成することになります。エイチシェアはまさにそれを目指しているのです。 [/memo]

有向非循環グラフ(DAG)を採用

有向非循環グラフ(DAG)とは「Directed Acyclic Graph」の略で、日本語では「有向非巡回グラフ」と訳されています。通常の仮想通貨のブロックチェーンにおいては、ブロック同士をつなぐチェーンは1本しかありません。しかしながら、このDAGを導入することができればブロック間に2本つなぐことができるようになります。これによって情報の処理能力が高まることと、ハッキングなどの取引を割り込ませないようにすることが可能です。
また、エイチシェアにはメインのブロックチェーンに繋がる「サイドチェーン」と呼ばれているものがあります。これはブロックチェーンの大きさを自由に変えられるというもので、これがあるからこそ他の仮想通貨との互換性が担保されるわけです。

ゼロ知識証明を導入

エイチシェアには「ゼロ知識証明」が導入されています。これは取引の承認において必要最低限の情報だけを利用して送金データなどの取引の全情報を暗号化する技術のことです。プライバシーを守るのに非常に重要な存在で匿名性に優れています。

エイチシェアの将来性


エイチシェアの将来性については、仮想通貨エイチキャッシュと引き換えすることができれば、すべての仮想通貨と平等に価値の交換をすることができるようになりますので、仮想通貨の中心に位置づけられて大きな役割を果たす可能性が高く、異なる仮想通貨やプラットフォームをつなぎたいと考えている企業や個人の需要は高いです。しかもゼロ知識証明が導入されていて高い匿名性を保証しているので、なおさら世界中で注目を集めることでしょう。

エイチシェアを購入できる取引所

エイチシェアは国内の取引所は取り扱っていませんので海外の取引所でアカウントを作成する必要があります。エイチシェアを購入できるのは、以下の取引所です。いずれも日本語に対応している取引所ですので安心して利用できますね(*^^*)

Binance(バイナンス):中国の大手仮想通貨取引所で仮想通貨の取扱い数は100種類以上です。
Huobi(フオビ):こちらも中国の仮想通貨取引所で仮想通貨は約80種類程度取り扱っています。

海外の取引所でエイチシェアを購入する流れ


海外の取引所でエイチシェアを購入する流れは以下の通りです。一見難しそうに感じるかもしれませんが、意外と簡単にできるのでぜひ挑戦してみましょう☆

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・金したビットコインで取引し、エイチシェアを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です