短期間で効率よく稼げる!FXデイトレードの始め方

株の取引きをする場合には、株主優待や配当金による収入が大きいため、特定の株を長期間所持し続けるトレード方法が主流です。
しかし、FXでの取引となると、同じ通貨を買って長い間所有していても、それほど利益を得ることはできません。デイトレードを行って毎日コツコツと取引を繰り返したほうが、儲かる可能性が高いのです。メジャーな通貨ほど、その傾向が顕著に現れます。
FXのデイトレードが良い理由と、成功させるコツについてご紹介します(*^^*)

FXがデイトレードに向いている理由


外国の通貨を売り買いして、その差額によって利益を出す取引が、FXです。海外の通貨が安く買える時に買って、高くなったら売る、その取引方法は、証券取引とも然程変わりはありません。そのため、株取引と同様にFXにも長期、中期、短期とパターンを分けて保有する、幅広い運営方法が存在します。その中でも、多くのトレーダーが行っているのが、デイトレードです。
なぜ、FX取引をする人はデイトレードが多いのか。その理由は、FXが持つ特性に関係があります。

スワップが安い

スワップとは、特定の外国通貨を保有していた際に、自動的に得られる金利のことです。主に一万通貨以上を保有している場合に、保有金額に応じて付与されます。スワップの金額は証券会社や取引できる通貨によって異なりますが、だいたい一万通貨で数十円から数円といったところが主流です。国内の銀行で預金をしている場合に比べれば、得られる金利は大きいですが、それでも雀の涙ほどです。スワップ金利は、長期保有する際に大きなメリットとなる収入源ですが、それなりに儲けるためには、高額の資金を投資しなければ、大きな利益は得られません。
FX取引を行っている人の多くは、お小遣い稼ぎ程度の少額取引を主にしています。そのため、長期保有してスワップ収入を得るより、デイトレードの数をこなしたほうが、利益が大きくなるのです。

取引利用者に小額投資が多い

上記でも記載しましたが、FXへの投資者の多くは、小額投資で取引をしている人が多いです。FXは運用を開始する初期費用が安いことが特徴で、一万円、もしくは数千円からの取引も可能です。FXにはレバレッジという、投資した金額の数倍から数十倍の取引金を、証券会社が肩代わりしてくれるシステムが存在するため、投資者は少額でも取引を行うことができるのです。
そのため、数をこなすことが小額投資者の儲けに繋がります。取引額が少なくてもFXで利益を上げるには、やはりデイトレードが一番です。

ネットで簡単に取引ができる

FXはネット取引が簡単にできるので、インターネットが使える環境であれば、時間に縛られずに取引ができます。ボタンを押すだけという手軽さからも、一日に複数の取引を行いたい人に向いているのです。
近年では株のネット売買も活発になってきていますが、やはりデイトレードの主流はFXといえます。

デイトレードの始め方とルール


デイトレードの始め方は、至ってシンプルです。基本的には、買いたい通貨の単価が低い時に買って、高くなったら売る、これの繰り返しです。なので、現在のレートが上がるか下がるか、それを見極めることが重要となるのです。
各FX証券会社が提供している、レートチェック用のグラフや、各国の金融ニュースをチェックしながら動向を探っていきましょう。
デイトレードを行う際には、流動性が良く、値動きの大きな通貨のほうが有利です。手始めに、世界で最も多くの人が取引をしている米ドルからスタートしてみるのがおすすめです。

MEMO

デイトレードのルールは一つ、その日に所持したポジションは、その日のうちに決済すること、これが鉄則です。

デイトレードで儲けるためのコツ

デイトレード取引といっても、ただがむしゃらにやっていても利益は得られません。デイトレードには、勝率を上げるためのコツがいくつかあります。

取引通貨の主要国の市場時間を狙う

日本で多く取引されている通貨と言えば、やはり米ドルですが、米ドルを扱う主要国であるアメリカ市場は、日本時間の夜中から朝方にかけて開場しています。米ドルを用いてFX取引をする海外の投資家たちも、多くはアメリカに集中するため、値動きが激しくなるのは、日本時間で言うと明け方の時間帯なのです。そのため、米ドルを購入してデイトレードをする際には、値動きが激しくなる朝方の取引がベストです。
同様に、ユーロで取引をするならロンドン市場が開く夕方や深夜、中国元やオーストラリアドルなどアジア・オセアニア圏の通貨で取引をするなら昼間と、各通貨によって利益を得やすい時間帯が存在します。それを把握することによって、勝率を上げることができます。

空売りも活用する

FX取引をする場合、ただ通貨を買って売るだけでなく、最初に売りを出して買いを入れる、という逆の方法も行え、これを空売りと呼びます。通貨レートが右肩下がりを続けている日には、普通に買っても利益が出せません。その時には、売りを出すことによって通貨の価格が下がると利益を出せる、という方法が存在するのです。
空売りをタイミングよく活用することによって、市場が下落していても利益を出すことができます。

損が出ても必ずポジションを決済する

デイトレードの基本は、一日で保有している通貨を、必ず決済してしまうことです。たとえ読みが外れて、売れば損を出してしまう場合でも、「次の日には儲けに変わるかも」と欲を出して保有せずに、売ってしまうことが重要です。
一度損を出しても、「別の日に挽回して結果的にプラスの利益になればいい」という考え方を常に頭の中で持っておくこと、そして損切りを恐れないことが、FXのデイトレードを成功させる一番のコツと言えます。

デイトレードは周囲に流されないことが大切

デイトレードを始めるにあたって、一番大切なのは自分のルールを順守することです。「このポジションで買うと決めたら他の場所では手を出さない」「この値段まで下がったら必ず切る」といった、確実なルールを守って取引を行えば、徐々にレートの読み方が理解できて、勝率も上がってきます。
自分と相性の良い通貨や方法を見つけて、デイトレードで利益を出せるようになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です