楽天グループユーザーの方必見!楽天証券が人気の理由を徹底解説

楽天証券は、幅広い金融商品について、お得な手数料や便利な取引ツール、グループ会社ならではのサービスといった独自色を出すことで人気を得ています。このように多くの人から選ばれている理由について詳しく解説するので、特に楽天グループユーザーの方はチェックしてみてくださいね(*^^*)

楽天証券でできること

国内の現物株式、信用取引やETFなどの他、上場REITやIPO(新規公開株式)に加えて米国や中国、アセアンにおける海外株式や海外ETFなども取り扱っています。他にも、投資信託、国内・外国の債券や先物取引も可能で、FXでは取引手数料がかかりません。

MEMO
現物株式:いわゆる株のことです。
信用取引:現金や株式を担保として証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。
ETF(上場投資信託):上場している投資信託のこと。一般的な投資信託はその日の基準価額で売買されるのですが、ETFは上場しているので、通常の株式のようにリアルタイムの価格で取引できます。ETFにはたくさんの種類があり、日経平均株価やアメリカのダウ工業株30種平均などの株価指数に連動しているものなどもあります。
上場REIT(不動産投資信託):多くの投資家から集めたお金で、オフィスビルやマンション、商業施設などの不動産を購入し、その賃貸収入や売却益を投資家に分配する金融商品です。
IPO:未上場企業が市場から資金調達をしたり知名度をアップする目的で新たに証券市場に上場することです。

とにかく安い手数料!

ここでは、国内の現物株式の手数料について解説します。楽天証券の売買手数料には2つのコースがあり、1回の取引金額によって手数料が決まる「超割コース」では、国内株の取引手数料に関しては業界最低水準を実現しています。また、少額で1日に何度も取引するなら、1日の取引金額の合計で手数料が決まる「いちにち定額コース」がおすすめです(*^^)v

超割コース:5万円までの取引金額だと54円、最高手数料は1050円(3000万円超の取り引き)です。
いちにち定額コース:10万円までの手数料はなんと0円!20万円までの取り引きで206円です。日計り取引の片道手数料が無料になるデイトレード割引というサービスもあります!!
MEMO
日計りとは、デイトレードとほぼ同じ意味で使われています。1日の取引時間中に売買を繰り返して利益をあげることです。

さまざまな投資スタイルに対応する取引ツール

PCでの取引から、スマホを用アプリ、タブレット用アプリなどさまざまな投資スタイルに合わせて便利なツールで注文を出したり投資情報を得たりすることができるので、お家でも外出先でも場所を問わずに快適に利用することができます。
PCに対応している「マーケットスピード」は、リアルタイムで豊富な情報を提供してくれるので、投資初心者から上級者まで納得の機能がそろっています。また、お出掛け先やお仕事中、家事の合間に気軽に使用できるスマホアプリは、PC並みの豊富な情報量を提供しつつ、最短3タップで注文できるシンプルな機能なのが魅力です!(^^)!

充実した投資情報

楽天証券では、お金に関する記事や投資情報を幅広く発信しています。その中の一例をご紹介(*^^*)
■「トウシル」には、マーケット情報をはじめ初心者ママ投資家や株主優待生活で有名な桐谷さんなどのインタビューも掲載されていて、投資がより身近に感じられるコンテンツとなっています。
■株式会社が取り扱っている商品や食事券・割引券などが利用できる株主優待サービスに関する情報を、パソコン・スマートフォンを用いて楽天証券のホームページから検索することができます。
■日本経済新聞(朝刊・夕刊)や日経産業新聞、日経MJ、日経速報ニュースなどの閲覧や、過去1年分の新聞記事を検索できる「日経テレコン」が無料で利用できます。
■ウェブにログインするか取引ツールを介して、会社四季報の最新データを、発行当日に無料で閲覧することも可能です。上場企業の情報を知りたい時に多くの投資家が利用する会社四季報は、書籍で購入すると2000円程度とややお高めなので、これを無料で見れるんだったらとりあえず口座だけ開いておくだけでもアリだと思います♪

iDeCo(個人型確定拠出年金)の運用管理費が無料

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことを指し、毎月決まった掛金を自分で運用しながら積み立てていく年金制度で、60歳以降に年金か一時金として受け取ることができます。掛金は全額が所得控除となるため、所得税や住民税を抑える効果がある他、運用期間中に発生する利益は課税対象外であり、一時金を受け取る場合は1,500万円までは非課税となるメリットもあります。楽天証券では、低コストかつ長期間安定的な運用が見込める商品が厳選されており、残高や積立額、期間によらずiDeCoの運用や管理に手数料がかからないことが大きな強みです。(加入時、移管時には国民年金基金連合会への手数料が発生します)

ロボ・アドバイザーが最適な投資数タイルを診断!楽ラップとは?

楽ラップは、楽天証券ラップサービスの愛称で、大手ネット証券業界では初めてのインターネット完結型の投資一任型運用サービスです。ネット上で、金融の知識が無くても簡単に答えられるような質問から、利用者それぞれに適した投資スタイルをロボ・アドバイザーが診断します。運用コースの提案は、世界中の投資のプロに対し資産配分のアドバイスをする運用コンサルティング会社からの助言に基づき、楽天証券が行います。低コストでの投資信託の運用に重きを置いており、自動運用サービスは10万円から利用可能です。

楽天グループならではのメリット

ポイントプログラム
超割コースにおける各種商品の取引手数料と投資信託の販売手数料からのポイントバック、家族・友人への紹介、各種キャンペーンの利用によってポイントが貯まります。貯まった楽天証券ポイントは、そのまま投資信託の買い付け資金に使うこともできますが、楽天スーパーポイントやJMBマイルとの交換にも対応しています。前者に関しては、楽天各社でのネットショッピングなどに、後者はJALマイレージバンクの日本地区会員に登録していれば、JALの特典航空券との交換などに利用できます。
マネーブリッジ
申し込み無料で楽天銀行の普通預金の金利が優遇される上、楽天証券の証券口座と普通預金口座間で自動入出金(スイープ)が手数料0円で行われます。これによって買い付けにかかる手間を省き、余った資金は自動的に優遇金利を適用することができます。

投資信託について

投資信託が100円から買い付け可能
楽天証券が取り扱う銘柄のほぼ全てについて100円から買い付けを行うことができ、複数のファンドの運用実績を確認したり、投資資金を無駄なく運用することが可能です。
楽天スーパーポイントで投資信託の買い付けが可能
買い物や旅行、カードの使用により貯まった楽天スーパーポイントを、楽天証券ポイントに交換して投資信託の買付約定代金に充てることができます。金額指定買付において、ほぼ全ての取り扱い投資信託が対象となっています。

こんな方におすすめです

10万円以下の少額で株取引をしたい。
普段から楽天のサービスを利用している。
忙しくてじっくり投資について考える時間がない。
iDeCoでの運用を検討している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です