新しいクラウドサービス?!仮想通貨Siacoin(シアコイン)とは?

Siacoin(シアコイン)は、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つで、これまでのクラウドサービスに代わるシステムとして、2015年に公開されました。従来のクラウドサービスはセキュリティ対策に多くの時間とコストがかかるという問題点がありました。そこでシアコインは個人の持つパソコンの空き容量に注目し、それを有効活用することでクラウドサービスの安価で安全な提供を目指しました。日本の取引所での売買はできませんが、世界的に注目を集めている仮想通貨です。

通貨単位・管理者・発行枚数

シアコインとは2015年に公開された、通貨単位SCの仮想通貨です。Nebulous(ネビュラス).IncのDavid Vorick氏とLuke Champine氏によって、開発が始まりました。発行枚数の上限は、特に定められてはいません。

シアコインの用途


インターネット上にデータを保存し、インターネットに接続できればどこからでもデータを取り出せるのがクラウドサービスです。これまでは運営会社が中央集約的に行っていたデータ管理を、個人のパソコンの空き容量を代わりに利用するのがシアコインの特徴です。容量を貸し出した側は、その対価としてシアコインを受け取ることができます。また、利用者は、従来のクラウドサービスよりも低コストで利用できるメリットがあります。

シアコインの特徴

シアコインの特徴を以下のようにまとめました(*^^*)

1.データの秘匿性が高い
シアコインでは、データを一つのサーバーに保管するのではなく、ブロックチェーン技術を利用して世界中のパソコンなどで保管するため、分散して管理することができます。そのため、高いセキュリティを確保することができ、ハッカーに狙われるリスクも減少します。
加えて、管理されているファイルは暗号キーを持っている本人しかアクセスすることができませんので、データを保存した本人しか見れない仕組みになっています。

2.お手頃な利用料金
シアコインは世界中の人々がデータを分散して保管しているため、中央集約的なクラウドサービスと違い、保守にかかるコストを低く抑えることができて、結果的に利用料金が安くなります。
また、世界中の複数のパソコンにデータを分散させるので、安定的な稼働が見込めます。

オープンソース
シアコインの開発は完全なオープンソースのため、自由にシアコインの開発に参加して報酬を得ることもできるのです。

現在のクラウドの問題点


シアコインが開発されたのは、現在のクラウドサービスにいくつか問題点があるからです。
まず、利用コストの高さが挙げられます。クラウドサービスの運営会社は中央集約的に情報を管理するため、災害等によるデータ破損や、不正アクセスを試みるハッカーなどから情報を保護する必要があります。それらの対策のために、大きなコストがかかっています。
また、運営会社からは保存されたデータが見えてしまうという問題点もあります。
そういった問題点を解決するために、シアコインが生み出されました。

シアコインの将来性

クラウドサービスは便利で利用が広まっていますが、いくつかの問題点も抱えています。そのため、大幅なコストの削減と、安全なデータ保存が可能となるシアコインは、これまでのクラウドサービスに代わる新しいサービスとして期待されています。将来的に、実用化される可能性の高い仮想通貨として注目されています。シアコインによるネットワークが完成すれば、世界のクラウドサービスが一変する可能性を秘めています。

シアコインを購入できる取引所

国内の取引所では取り扱いがないので、海外の取引所でのアカウント作成が必要です。以下の取引所では日本語に対応していないので、英語に自信のない方はネットの翻訳機能を利用しましょう☆

・Bittrex(ビットレックス)
アメリカの取引所です。200種類程度の仮想通貨の取り扱いがあり、新しい通貨も積極的に扱っています。手数料がやや高めです。日本語には対応しておらず、英語のみとなります。

・Poloniex(ポロ二エックス)
アメリカの取引所です。取り扱いは100種類程度ですが、取引量は世界トップクラスです。手数料は、やや低めに設定されています。日本語には対応しておらず、英語のみとなります。

海外の取引所でシアコインを購入する流れ


海外の取引所でシアコインを購入する流れは、以下の通りです。難しく感じるかもしれませんが、やってみると意外と簡単なのでぜひ挑戦してみましょう(*^^*)

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・送金したビットコインで取引し、シアコインを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です