仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)のゼロ知識証明とは?Zcashの特徴や将来性を解説!

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)は、2016年10月に公開されたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。ビットコインでは取引履歴の追跡が可能で、完全な匿名性があるとは言えませんが、ジーキャッシュは「ゼロ知識証明」と呼ばれる技術を採用したことによって、取引履歴の追跡を不可能にしました。ジーキャッシュは、ビットコインの弱点を補完する「第2のビットコイン」と呼ばれることもあります。この記事では、ジーキャッシュの特徴や将来性などについて解説していきます。

通貨単位・管理者・発行枚数

Zcash(ジーキャッシュ)は、通貨単位「ZEC」の仮想通貨です。Zcash Foundationという非営利団体が開発や管理を行っています。発行枚数の上限は2100万ZECで、ビットコインと同じです。

ジーキャッシュの特徴


ジーキャッシュの特徴に、高い匿名性を挙げることができます。仮想通貨自体がもともと匿名性の高いものですが、時価総額が最も大きいビットコインなどの場合、完全な匿名性があるわけではありません。ジーキャッシュでは「ゼロ知識証明」という技術で、取引を追跡できない完全な匿名性を実現させました。
ビットコインを例にすると、取引には「ビットコインアドレス」という持ち主を区別するコードが割り当てられています。現実に誰がビットコインを持っているかは分かりませんが、誰かが持っていることは分かります。もし、ビットコインアドレスと現実の人や法人が紐付けできれば、全ての取引が分かります。一方「ゼロ知識証明」を採用したジーキャッシュの場合、誰が誰にいくら送金したか全てが暗号化され、当事者でないとその情報を見ることができないのです。

MEMO
ゼロ知識証明とは、証明者が承認者に対して「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに示す方法を言います。

ジーキャッシュ、ダッシュ(DASH)、モネロ(Monero)の3つの通貨は、匿名性の高い仮想通貨として知られています。しかし、送金側アドレス、受金側アドレス、送金量の全てを暗号化し、完全に匿名にできるのはジーキャッシュだけです。

monero(モネロ)、dash(ダッシュ)との違い


モネロでは「リング署名」という技術を用いています。取引を承認するための署名を、誰がしたのか分からなくする仕組みです。
また、ダッシュでは「管理ノード」という技術を採用しています。複数の取引を一度ごちゃまぜにしてから送金するという仕組みです。
モネロとダッシュは送金・決済の履歴を匿名化していますが、ジーキャッシュの場合はそれに加えて送金者、受金者のアドレスや数量まで匿名化することで、さらに高い匿名性を実現させています。

ジーキャッシュの懸念

仮想通貨の中でも強い匿名性を誇るジーキャッシュですが、そのために「マネーロンダリングや脱税に利用されるのではないか」と懸念される不安材料もあります。ダークマーケット(武器や麻薬などを取引する市場)において、その決済手段に匿名性の高い仮想通貨が使用されていた事実もあります。そのため、政府や国が匿名性の高い通貨を規制の対象にする可能性もあります。

ジーキャッシュの将来性

懸念がありながらも、ジーキャッシュの将来性は高い注目を集めています。アメリカの大手銀行JPモルガンは、ビットコインに対しては否定的な立場をとってきましたが、ジーキャッシュとの提携を発表しました。ジーキャッシュの「ゼロ知識証明」を世界最先端の技術として、自社のプラットフォームに応用させていきます。
ゼロ知識認証はプライバシー保護の技術として大変高く評価されており、広い汎用性や高いセキュリティ性を持つジーキャッシュには大きな期待が寄せられています(*^^*)

ジーキャッシュを購入できる取引所

ジーキャッシュを購入できる取引所は、国内ではコインチェックのみです。
コインチェック以外では海外の取引所を利用することになります。ジーキャッシュの取り扱いがあるおすすめの取引所は以下の通りです。日本語に対応していない場合は、ネットの翻訳機能を利用しましょう☆

・BINANCE(バイナンス):中国の仮想通貨取引所です。24時間の取引量が世界一にもなったことがあり、活発に取引が行われています。
・Bittrex(ビットレックス):アメリカの仮想通貨取引所です。約200種類の通貨を扱い、まだメジャーではない通貨も多く取り扱っています。
・HitBTC(ヒットビーティーシー):イギリスの仮想通貨取引所で、ICO直後の通貨も積極的に取り扱っています。安く設定された手数料が人気の取引所です。
・bithumb(ビッサム):韓国の仮想通貨取引所です。韓国では約6割のシェアがあり、世界的にも注目を集めている取引所です。

海外の取引所でジーキャッシュを購入する流れ


海外の取引所でのジーキャッシュの購入は、以下の手順で行います。

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・送金したビットコインで取引し、ジーキャッシュを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です