プライバシーを維持したまま取引できる!仮想通貨Monero(モネロ)とは?

2018年1月にネムの巨額流出事件をきっかけに縮んだ仮想通貨市場ですが、金融庁の厳しいチェックによって徐々に健全な市場環境が整ってきつつあります。ずさんな管理をしている取引業者は撤退を迫られ、これからはITや証券大手企業がが主導するかたちに。また、LINEやヤフーなど私たちにとってなじみのある企業が仮想通貨市場への参入を検討しています!一度勢いを失った仮想通貨市場ですが、大手企業の参入によって市場が拡大すると考えています(*^^)v

モネロ(Monero)とは、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)の一つで、2014年に発行が開始されました。所有者のプライバシーを維持したまま取引されるため、プライバシーと安全性が高い仮想通貨だとされています。匿名性が高いという特徴により規制の対象となる可能性もありますが、コアなファンによる需要も継続して見込まれているのです☆

モネロの一番の特徴は高い匿名性


高い匿名性
モネロの最大の特徴が高い匿名性です。ビットコインは公開帳簿式を採用し、送金元と送金先の情報が1対1の関係で分かります。一方モネロでは「CryptoNight」という匿名性に特化した計算方法を採用し、「リング署名」と「ワンタイムリング署名」を実装しています。
リング署名とは複数人まとめて署名することで署名元を特定しにくくする技術
リング署名によって送金元と送金先が複数対複数の関係となり、取引履歴を確認しても誰が取引したのかが全く分かりません。
ワンタイムリング署名とはリング署名に「送金用のワンタイムアドレス」を加えたもの
モネロのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の2つ秘密鍵が組み込まれていて、マスターキーの役割もあります。送金の際にランダムなワンタイムアドレスが生成されて、そのアドレス宛にコインを送金するという仕組みです。送金用の秘密鍵は1度使うと二度と使用することができなくなり、送金するたびに別のワンタイムキーが発行されます。閲覧用の鍵を公開しない限り、第三者に取り引きの履歴を見られることはないのです。

通貨単位・管理者・発行上限

モネロの通貨単位はXMR(モネロ)です。他の仮想通貨と同様に、中央銀行のような管理者は存在しません。
発行上限は1,840万枚です。ビットコイン(2,100万枚)よりもさらに少なく、仮想通貨の中では発行枚数が少ないと言われています。

モネロの将来性

匿名性の高さに注目
これまで不正アクセス等によって多額の仮想通貨が盗まれるという事件が何度も起こってきました。しかし、モネロは秘匿性が高いという特徴により、高いセキュリティを実現しています。企業が個人情報保護に活用するなどの理由で、モネロなどのセキュリティに優れた仮想通貨はさまざまな業界から注目されているのです(*^^*)
ブロックサイズに制限がない
取り引きの記録は、ネットワーク上に作られるブロックと呼ばれる領域に記録されます。ビットコインは1ブロックが2MBで、そこに格納できる取引の数は決まっています。一方で、モネロではブロックのサイズに制限がありません。つまり、1つのブロックのサイズを大きくすることで、取り引き数の増加による決済の遅れが生じにくくなります。また、一つの取引を処理するまでの時間が2分程度と、ビットコインの5倍の速さで取引きすることができるのです。
一般的なPCでマイニングが可能(GPUマイニング)
取り引きを承認する行為をマイニングと言い、マイニングによって報酬を得ることができます。ビットコインの場合、マイニングを行うには専用のコンピュータで行う必要があり、大量の電力を消費します。一方モネロでは、家庭用の一般的なパソコンでのマイニングが可能です。そのため、モネロのマイニングは1つの国や地域に集中することなく、天変地異や紛争等による地域的なリスクを避けることができるのです。

悪用されないかどうかが懸念・・・

秘匿性の高いモネロには、それがリスクとして作用する可能性もあり、マネーロンダリングやダークマーケット(武器や麻薬等が取引される市場)での使用が考えられます。実際にモネロは、AlphaBay(アルファベイ)という世界最大のダークマーケット(すでに閉鎖されています)で使用されていました。
また、脱税等に利用される恐れもあります。日本でも、金融庁による規制の可能性も噂されています。

匿名性が高い通貨は他にもあります


モネロ以外の匿名性が高い仮想通貨として、Dash(ダッシュ)やZcash(ジーキャッシュ)が挙げれらます。
Dash(ダッシュ)
匿名性の高さと取引きスピードの速さが特徴の仮想通貨です。一つ一つの取引を複数の取引と混合させて送金処理をするため、送金元が特定できないシステムとなっています。また、「InstantX」という機能によって、仮想通貨全般の問題となっているスケーラビリティ問題をクリアしています。
Zcash(ジーキャッシュ)
「ゼロ知識証明」という技術により、取引に関わる一切の情報を公開することなく、送金主が本当に送信するコインの持ち主であることと、そのコインが本物であることを示すことができます。2017年5月に大手銀行JPモルガンと提携し、大きな話題となりました。

MEMO
スケーラビリティ問題:1つのブロックに対して書き込める取引きの数が決まっているため、処理が遅延してしまう問題です。
ゼロ知識証明:取引きに関する情報を明かすことなく、取引きの正当性を証明することです。

モネロを購入できる取引所

2017年4月1日から金融庁による仮想通貨に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨(日本円)との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要なのです!
現在(2018年4月)国内でモネロを取引きできる登録済みの業者はありません・・・( ゚Д゚)
しかし、海外の取引所ではモネロの取引が可能!日本語に対応している取引所は以下の通りです☆

Bithumb(ビッサム):韓国の大手取引所です。
Kraken(クラーケン):サンフランシスコで創業し、日本円でも取引きが可能な取引所です。

海外の取引所でモネロを購入する流れ

海外の取引所でモネロを購入する流れは、以下の通りです!(^^)!

①日本の取引所に登録してビットコインを購入する
②海外の取引所に登録してビットコインを送金する
③送金したビットコインで取引し、モネロ(XMR)を購入する

ビットコインを購入できる取引所

2017年4月1日から金融庁による仮想通貨に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨(日本円)との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要なのです!定評のある登録済みの取引所は、以下の通りです。(登録されているから絶対に安全!というわけではないのですが・・・)
bitFlyer(ビットフライヤー)
国内で最も歴史のある、最大手の取引所で、資本金や取引量は日本で最大です。ビットフライヤーの特徴は、「安全・安心・使いやすい」です。bitFlyerで初めて仮想通貨にチャレンジしたという人も、多いのではないでしょうか(^^♪
GMOコイン
為替FXでの大手GMOが運営する取引所です。比較的手数料が安く、短期間の売買で儲けたい人に向いています。
DMMビットコイン
DMM.com証券を運営しているDMMグループが運営する取引所です。スマホアプリが使いやすさに定評があり、24時間体制のサポートがあるので初心者でも始めやすくなっています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です