決済でも利用できる日本生まれの仮想通貨monacoin(モナコイン)とは?

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、モナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?モナコインとは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つで、2013年末に公開された日本生まれの仮想通貨なのです。2ちゃんねるやtwitterなどのコミュニティなどで、これまでは主に日本国内で利用されてきましたが、ユニークな特徴から海外でも注目を集めつつあります(*^^*)

決済はもちろん、チップとしても使われるモナコイン

「〇〇コイン」と呼ばれている仮想通貨ですが、数千を超える仮想通貨の中で現実に決済で利用できるものはほとんどありません。そんな仮想通貨の中で、日本でのモナコインはビットコインに次いで利用できるシーンが多くあります。
通販サイトのアマゾンやビットコインモールでは、ビットコインとモナコインのどちらでも支払いが可能です。また、ネットゲームのポイントや掲示板ユーザーがお礼として利用するチップとして使われることもあります。
秋葉原の「パソコンショップark」では、ネット通販はもちろん、実店舗での支払いで使用することもできます。他にも美容整形外科の「名古屋タワーサイドクリニック 」、ギフト券購入の「コインギフト」、Web広告の「ネタンク」など、利用の幅は広がり続けています。

通貨単位・管理者・発行上限

通貨単位は「MONA」(モナ)です。モナコインは日本の「わたなべ」氏によって開発された仮想通貨ですが、中央銀行のような管理機関はありません。これは、取引の記録が全てネットワーク上に残るためで、仮想通貨の大きな共通する特徴ともいえます。
発行枚数は、1億512万枚と決まっていて、ビットコインの2100万枚と比べるととても多いということがわかりますよね!

ビットコインとの大きな違いは、決済スピード


では、世界で最もメジャーな仮想通貨であるビットコインとの違いはどのような点でしょうか?
モナコインは決済スピードが速い
既存の通貨と比べ決済スピードが速いとされる仮想通貨の中でも、モナコインのスピードは特に早いと言えます。これは、モナコインがライトコインをベースに開発されたためです。ライトコインは、ビットコインより4倍の早さで送金できるとされているのです!
発行上限が多い
・次に発行総数ですが、モナコイン、ビットコインとも上限が決められています。モナコインは1億512万MONA、ビットコインは2100万BTCと、発行上限に大きな差があることがわかります。そもそもなぜ発行上限があるのかというと、発行枚数が多ければ多いほどその価値が下がってしまう性質があるからです。これは、日本円やドルなどの法定通貨にも言える事ですよね!
・「モナコインは発行枚数が多いから、価値が下がりやすいのでは?」と思われるかもしれませんが、仮想通貨のマイニングには「半減期」というものがあります。90秒ごとにブロックが作られるとき、マイナーには50MONAが報酬として渡されるのですが、その報酬は3年ごとに半分になっていくのです。つまり、ずっと同じスピードでマイニングするわけではなく、発行する量が減るにつれてマイニングのスピードを落としていくことで、安定した量のコインを流通させることができるのです!ちなみに、ビットコインは4年ごとにマイナーへの報酬が半分になっていき、2141年に発行が終わるとされています。(モナコインもビットコインもまだ発行量は上限まで達していません!)

MEMO
マイニング:マイニング(仮想通貨の採掘と呼ばれることもあります)とは、一言で言うと仮想通貨の運用を手伝うということです。取引の確認を手伝うことで、仮想通貨をもらうことができるのです(^^♪世界中にいるマイナーがお互いに取引を確認し合うことで、正しさを保っているんですね!

Segwit(セグウィット)の採用で同時に多数の送金処理が可能に

決済スピードが速いモナコインですが、それはSegwit(セグウィット)を採用していることも大いに影響しています。
仮想通貨の決済記録は全てネットワーク上に残されます。つまり、仮想通貨での取引が増えれば増えるほど、保存しなければならないデータ量は大きくなり、処理速度が落ちていきます。そこで、取引データを小さくし、将来的に増えるデータ量に対応した仕組みがSegWitです。SegWitを採用することで、処理速度を一定水準に保つことができるとともに、同時に多数の送金処理ができるようになりました。

Twitterでの送金・受け取り

モナコインが日本で多く利用されるようになった理由に、Twitterでの「tipmona(チップモナ)」という投げ銭制度があります。これは、モナコインを用いて「代金を支払う」のではなく、「ちょっとしたお礼をする」制度です。「いいね!」の代わりに数円~数十円程度を送金するというイメージです。
tipmona用のウォレット(モナコインを保管しておく財布のようなもの)を用意して入金・登録すれば、後は「@tipmona tip @”送金先ツイッターID” “送金金額” 」とツイートするだけで投げ銭ができます。モナコインの送金は、数分~1時間でできることが多いようです(*^^)v

モナコインの将来性


数千を超えるアルトコインの中で、どれが本当に価値があるものなのか見極めることは容易ではありません。ほとんど日の目を見ずに消えていくものも多くあります。というより、ほとんどがそうです・・・。
コミュニティが強い!
その点、モナコインは「tipmona(チップモナ)」という投げ銭制度に裏付けされた強いコミュニティがあり、その利用は増え続けています。利用が増えると、値上がりにもつながっていきます。
モナコインで支払いをする外国人観光客が増える予想!
モナコインを利用できる実店舗は秋葉原に多くありますが、そこは海外からの観光客も多く買い物する場所です。つまり、両替に多額の手数料がかかる日本円で支払うよりも、モナコインでの支払いを選択する外国人が増えることが予想されます。
その結果、海外でもモナコインには注目が集まってきています。モナコインの売買ができる取引所bitFlyerのアメリカへの進出は、モナコインを購入したいと考えている外国人の動きを加速させます。また、モナコインの掲示板AskMonaでは、世界最大規模の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)に上場させようという動きも活発になってきました。

モナコインの値動き

モナコインは、他のアルトコインと比べてビットコインでの購入が少なく、日本円での購入が多くなっています。一般的にアルトコインの値動きはビットコインと連動することが多いのですが、モナコインの場合はビットコインに影響されにくくなっています。そのため、他のアルトコインとは違う値動きをするため、リスク分散としてもメリットがあります。

モナコインを購入できる取引所

日本円での取り引きが可能で金融庁への登録済みの取引所は以下の通りです。(2018年3月時点)2017年4月1日から金融庁による仮想通貨に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨(日本円)との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要なのです!(登録されているからと言って、絶対に安全というわけではないのですが・・・いくつかの取引所を利用して、リスク分散することをおすすめします☆)
bitbank(ビットバンク)は、モナコインの他にイーサリアムやリップル、ライトコインなど様々なアルトコインが取引できるようになっています。条件を満たせば「取引手数料がマイナス」にできるという特典もあります。手数料が低めに設定されており、短期間で利益をあげたい人に向いています。
bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。つまり、日本では最も歴史がある取引所ということになります。最初はビットコインとイーサリアムしか取り扱っていなかったのですが、最近ではモナコインやライトコイン、リスクなども扱うようになり、徐々に取り扱い種類を増やしています。また、大手企業が出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力を誇っています。その安心感から、仮想通貨を最初に購入したのはbitFlyerという人が多いのも納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です