将来的には資金調達手段になるかも?!仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは?

イーサリアムはビットコインと並ぶ世界的に有名な仮想通貨の1つです。イーサリアムはビットコインが登場してからビットコインで用いられている技術をさらに拡張させて新たな価値を創出していて、いまやビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨になっています。今回は、イーサリアムの特徴について解説していきます(*^^)v

イーサリアムの用途はスマートコントラクトの活用と資金調達手段

スマートコントラクトの活用
EEAとはエンタープライズ・イーサリアム・アライアンスの略称で、イーサリアムのスマートコントラクトという技術を共同活用する企業連合のことです。取り組みが行われている分野は非常に幅広くて、将来的にイーサリアムが企業活動の基盤になる時代が到来するかもしれません。
資金調達手段
ICOはイニシャル・コイン・オファーリングの略称で、イーサリアムなどの仮想通貨を発行することで資金調達するというものです。株式会社を設立するときに株式を発行して資金を調達するように、資金を提供してくれる人にイーサリアムを発行して資金を集めるのです。しかも、イーサリアムは株式よりも簡単に発行できますので、将来的な資金調達手段として大きな役割を担う可能性を秘めています。

MEMO
スマートコントラクトとは、直訳すると「賢い契約」という意味です。何かを契約する時って書面で交わされた文書を保管したり第三者の承認を得たりと手間や費用、さらには信用リスクなどがかかってきますよね・・・。しかし、契約をオンライン上で分散管理すれば、そのような問題は解決できるのです!これを、スマートコントラクトと言います。

通貨単位・管理者・発行上限


■イーサリアムの通貨単位はイーサリアムではなく、イーサリアムのプラットフォームで利用されているETH(イーサ)です。
■イーサリアムはもともとスマートコントラクトをブロックチェーンに実装して誰でも参加できるよう分散型アプリ形成プラットフォームとして開発されました。この分散型アプリ形成プラットフォームは、あまり聞きなれない用語ですが、中央管理者が存在しないアプリケーションという特徴を持っています。
■多くの仮想通貨には発行枚数の上限がありますが、イーサリアムには発行枚数の上限がありません。
初期のころの通貨発行量の上限は7200万枚でしたが、その後に2200万枚増加しています。これはビットコインの総発行枚数の2100万枚と比べると圧倒的に通貨発行量が多いです。
今のところ発行枚数の上限が定まっていないので、これからもどんどん増加していく可能性がありますが、その場合の価格への影響はほとんどないとのこと!!もし発行上限が定められたら希少性が生じて価格が高騰する可能性がありますが、現状ではそのような話はないようです。

ビットコインとの違いは、機能が拡張されているか?

スマートコントラクト
イーサリアムのビットコインとの大きな違いは、スマートコントラクト機能がついているかどうかという点です。
イーサリアムもビットコインと同じように暗号技術を用いていますが、その機能を拡張させてスマートコントラクトという技術を使っています。
プラットフォーム
ビットコインはあくまでも決済用仮想通貨なのに対して、イーサリアムは分散型アプリケーションを開発するためのプラットフォームです。あくまでもプラットフォーム上で何らかの価値を生み出すことが目的であって、仮想通貨それ自体ではないというわけです。もちろん、利用されればされるほどイーサリアムそれ自体の価値も高まっていきます

MEMO
ここで言うプラットフォームとは、システムを動かすための環境全体を指しています。もともとコンピューターの世界でのプラットフォームとは、オペレーティングシステム (OS) やハードウェアといった基礎部分のことを言います。それに対して、イーサリアムなどの仮想通貨は、ブロックチェーンがプラットフォームとなります。

イーサリアムのマイニングは簡単にできる?!

マイニングとは仮想通貨を新しく発行すること
そもそも仮想通貨の核を成しているのはブロックチェーンです。ブロックチェーンという取引台帳にすべての取引内容が正確に記録されることで成り立っているのです。これが法定通貨との大きな違いです。しかしながら、そのためには膨大な計算処理をする必要があります。こうしたブロックチェーンを作ることがマイニングです。マイニングの仕組みは計算処理や検証を手伝った人に新規発行された仮想通貨が報酬として支払われるというものです。ちなみに、マイニングをする人をマイナーといいます。
イーサリアムのマイニングは一般的なパソコンで可能
ビットコインのマイニングをするには、マイニング専用の機器が必要ですし莫大な電力を消費するので、電気代がとてつもなく高くついてしまいます。(なので、電気代が安い中国で行われていることが多いのですが)しかし、イーサリアムのマイニングは一般的なパソコンに実装されているGPU(パソコンの画像処理を担当する主要部品のひとつ)を用いて行うことが可能でのです(*^^*)このように、ビットコインよりもイーサリアムのマイニングは参入しやすいのは事実ですが、やはり電気代は普段通り使用する場合に比べて高くなります・・・。マイニングに参入するには、得られる報酬とマイニングにかかる電気代を天秤にかける必要があるようです(;´・ω・)

MEMO
ブロックチェーン:全ての取引を記録している台帳のことです。ブロックはある一定期間内の取引の情報のまとまりを指し、チェーンはその1つ1つのブロックがつながっていることを表します。ブロックチェーンの台帳は、インターネット環境さえあれば世界中のどこからでも誰でも使うことができるのです。つまり、「みんなで使える台帳」ということですね!

イーサリアムの将来性

■イーサリアムの将来性は明るいといわれています。その理由の1つは多くの企業がビジネスに利用していることが挙げられます。その代表的なものがイーサリアム企業連合です。イーサリアム企業連合とは、個人ではなく企業レベルでイーサリアムのスマートコントラクトをビジネスに使っていくことを目的に2017年に設立されたものです。このイーサリアム企業連合に参画している企業は、JPモルガン、マイクロソフト、インテルといった世界的に有名な企業ばかりです。
■また、イーサリアムを利用しているICOは非常に多いこともその理由の1つでしょう。ICOはイーサリアムなどの仮想通貨を利用した資金調達手段の1つですが、発行者の方は新規プロジェクトを実行するための資金調達を目的に仮想通貨を発行して、投資家の方はイーサリアムなどで出資する代わりにその仮想通貨を安い価格で入手できるという仕組みです。イーサリアムを利用したICOの事例としては、誰でも安全にインターネット接続できるように分散型のヴァーチャルプライベートネットワークを構築するためのプロジェクトであるMysteriumが有名でしょう。あるいは、人工ジルコニウムの生成とブロックチェン技術を融合させようとするプロジェクトであるZrCoinなどがあります。

イーサリアムが売買できる取引所


2017年4月1日から金融庁による仮想通貨に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨(日本円)との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要です。(登録されているから絶対に安全!というわけではないので、いくつかの取引所に分散することをおすすめします)日本円での取り引きが可能で金融庁への登録済みの取引所は以下の通りです。(2018年4月時点)

QUOINE株式会社・株式会社bitFlyer・ビットバンク株式会社
GMOコイン株式会社・ビットトレード株式会社・BTCボックス株式会社
株式会社DMM Bitcoin・テックビューロ株式会社・株式会社Xtheta

さいごに:仮想通貨の今後は?

将来は、国境を越えてモノやサービスを取引するのに多く使用されるとみられている仮想通貨。金融庁は2017年4月に仮想通貨交換業者を登録制にし、さらに2018年4月には規制を強化して仮想通貨を取り巻く環境の健全化を図っています。一時は「仮想通貨ブームは下火になったのではないか?」とも言われていましたが、仮想通貨の取引環境も株式の取引環境のように規制が整ってくれば、仮想通貨を当たり前に使用することになってくると思います!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です