ビットコインの送金・決済スピードの問題を解決!仮想通貨Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)とは?

仮想通貨で一番有名なのはビットコインですが、仮想通貨はビットコインだけではありません!アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨もたくさんあり、その種類は1,000種類以上だと言われています。
ビットコインゴールド(BTG)は、2017年10月24日にビットコインから分裂(ハードフォーク)したアルトコインの一つです。一部の国や企業に偏りが見られるビットコインのマイニングを、再び分散化することが目的で誕生しました。今回は、「ビットコインゴールドって何?」「ビットコインとの違いは?」という疑問にお答えします(*^^*)

ビットコインゴールドの目的は、ビットコインの問題を解決すること


最もメジャーな仮想通貨であるビットコインは、その利用が増えるにつれて問題も発生してきました。決済や送金の承認を行うためのブロックの生成が間に合わず、「送金詰まり」と呼ばれる状況が度々発生するようになりました。また、ビットコインのブロックの生成を行うマイニングには、多くの専用マシンと大量の電力が必要となるため、一部の国や地域の企業だけがマイニングによって利益を得るという構造になっていました。
ビットコインの送金・決済スピードの向上と、より分散化(非中央集権)されたビットコインネットワークを作るために、ビットコインゴールドがリリースされました。

MEMO
マイニング:マイニング(仮想通貨の採掘と呼ばれることもあります)とは、一言で言うと仮想通貨の運用を手伝うということです。取引の確認を手伝うことで、仮想通貨をもらうことができるのです(^^♪世界中にいるマイナーがお互いに取引を確認し合うことで、正しさを保っているんですね!

通貨単位・管理者・発行上限

■通貨単位はBTG(ビットコインゴールド)です。BTC(ビットコイン)やBTH(ビットコインキャッシュ)と間違わないように注意しましょう。
■ビットコインゴールドだけでなく、仮想通貨には一般的な通貨と違い、中央銀行のような管理機関や管理者はありません。これは、全ての取り引き記録がネットワーク上に記録されるためです。
■発行上限は、ビットコインと同じ2,100万枚です。

ビットコインを分裂させる理由とは?

ビットコインを分裂(ハードフォーク)させる理由には、以下のような点がありました。
より非中央集権的なネットワークの実現
ビットコインの持つ問題点として、マイニングによる利益に偏りがあるということは上記で述べたとおりですが、それはもともとのビットコインの理念とは反することです。そこで、それまでの方法に異を唱える香港のマイナーが中心となり、「より非中央集権的なビットコインを作ること」を目的としてビットコインゴールドが誕生しました。
ブロック生成(マイニング)の方法を簡単に
取引を記録するブロック(台帳)の生成に使用するアルゴリズムを変更しました。ビットコインは専用機でマイニングを行う必要がありましたが、ビットコインゴールドの場合は一般の人でも利用可能なシステムでのマイニング方法が推奨されています。

分裂するとどうなるの?

では、ビットコインがビットコインとビットコインゴールドに分裂すると、どのようなことが起きるのでしょうか?
■ビットコインを所有している場合
取引所によっては、分裂する際にビットコイン所有者へ所有するビットコインと同量のビットコインゴールドが付与されました!!
ビットコインゴールドへの分裂の際の国内取引所では、所有するビットコインと同量のビットコインゴールドが付与されるbitFlyer(ビットフライヤー)等、付与されないZaif(ザイフ)等の両方があり、取引所によって対応が分かれます。今後も仮想通貨の分裂は起こりうるので、その際の対応はどうなのかをチェックしておくといいかもしれませんね(*^^)v
■なぜ分裂によって新しい通貨を配布するのか?
仮想通貨は利用者がいないと価値が付きません。そのため、新しい仮想通貨のマーケティング手法として、ビットコインの所有者にビットコインゴールドを配布すると考えられます。ビットコイン利用者にビットコインゴールドを配布することで、より多くの人がビットコインゴールドの市場に参加してくれる可能性を高めています。

ビットコインとの違いは、マイニングを分散化できるかどうか


ビットコインのマイニングでは、ASICと呼ばれるマイニング専用機と、大量の電気が必要です。しかし、この専用機は非常に高価で、一般人がASICを手に入れて使うことは現実的ではありません(>_<)また、電気代もかなり高くついてしまうので、現状では一部のマイナーによって組織敵・集中的にマイニングが行われています。(電気代の安い中国で多いようです) 一方、ビットコインゴールドのマイニングはASICによって行うことができません。ビットコインゴールドでは、ASICのような専用機の代わりに、「GPU」を使ってマイニングを行います。その場合は、一般人でも比較的マイニングに参加しやすく、マイニングをより分散化させることができます。ビットコインゴールドでは、一部のマイナーによって組織的にマイニングされるのを防ぐことにより、非中央集権的なネットワークの構築を目指しています。

ビットコインゴールドの将来性と懸念

将来性:日本でも上場されれば人気が高まるかも?!
「より非中央集権的なビットコインを作ること」という理念に共感する人が増えれば、ビットコインゴールドの価値が必然的に上がることになります。また、2018年1月時点で日本において取引ができる取扱所はありませんが、日本にも上場されれば、取引が開始されるとことで一時的に人気が高まることも予想されます。
懸念:市場からの信頼がクリアできず・・・
2018年1月時点で日本において未上場なことからも分かるように、市場からの信頼を得られているとは言い難い状況です。リリースにソフトウェアの完成が間に合いませんでした。また、開発者が利益を得るシステムが隠されていたということも明らかになりました。ただし、日本での取引が本格的に始まれば、そういった問題点がクリアできたと見ることもできます。

ビットコインゴールドを購入できる取引所

2018年1月現在、ビットコインゴールドが購入できる取引所は日本国内ではありません。bitFrlyer(ビットフライヤー)において取り扱いの予定はあるものの、具体的なスケジュールは発表されいてません。
ビットコインゴールドを購入する場合は、海外の取引所を利用する必要がります。海外の取引所で購入する場合は、まず日本の取引所でビットコインを購入する必要があります。その上で、ビットコインゴールドの取り扱いがある取引所で、ビットコインで購入します。次の取引所などで取り扱われています。

・Binance(バイナンス)
中国の仮想通貨取引所です。日本語にも対応していましたが、2018年2月現在、一時停止しています。ビットコインゴールドを含め、100種類程度の通貨を扱っています。世界で最も活発に取引が行われいている取引所の一つで、24時間の取引量が世界一になったこともあります。

・Bittrex(ビットレックス)
200種類程度の仮想通貨を扱うアメリカでは大手の取引所です。時価総額10億円以下の低時価総額仮想通貨が多く、新規上場の仮想通貨やマイナーな仮想通貨も取り扱われています。価値がないアルトコインもあるのでに注意が必要です。英語のみで、日本語には対応していません。

海外の取引所でビットコインゴールドを購入する流れ

海外の取引所でビットコインゴールドを購入する流れは、以下の通りです!(^^)!
①日本の取引所に登録してビットコインを購入する
②海外の取引所に登録してビットコインを送金する
③送金したビットコインで取引し、ビットコインゴールド(BTG)を購入する

ビットコインを購入できる取引所

日本円での取り引きが可能で金融庁への登録済みの取引所は以下の通りです。(2018年3月時点)2017年4月1日から金融庁による仮想通貨に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨(日本円)との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要なのです!(登録されているからと言って、絶対に安全というわけではないのですが・・・いくつかの取引所を利用して、リスク分散することをおすすめします☆)
bitFlyer(ビットフライヤー)
ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リスク(LSK)を扱っています。
セキュリティの高さに定評があり、取引量、ユーザー数とも日本最大です。ハッキング被害にあった際の保証もあります。
GMOコイン
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)を扱っています。
入出金や取引の際の手数料が無料です。最大25倍のレバレッジをかけて、仮想通貨FXをすることができます
DMMビットコイン
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)を扱っています。
7種類すべての通貨でレバレッジ取引が可能です。スマホ・PCとも操作画面が見やすく、経済指標カレンダーなどの情報も充実しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です