仮想通貨ビットシェアーズ(BitShares)とは?

仮想通貨ビットシェアーズ(BitShares)はビットコイン以外のアルトコインの一つです。特定の管理運営者がいない分散型金融ブラットフォームを導入しています。この独自のプラットフォーム技術を行使して企業同士で安全かつ低コストで送金や両替をすることができるように開発されました。そのため、 金融機関をはじめとしてさまざまな業界の企業から注目を集めています。ビットシェアーズの特徴、購入できる取引所、今後の将来性について紹介していきます。(*^^*)

通貨単位・管理者・発行枚数


ビットシェアーズは2014年の7月に公開したばかりの仮想通過で、その通貨単位はBTSです。発行上限枚数は37億BTS枚になっています。特定の会社が管理運営しているというわけではなく、非中央集権的な取引所という扱いになっています。

ビットシェアーズの特徴

ビットシェアーズには、以下のような特徴があります。

管理者がいない分散型取引所を運営

ビットシェアーズの特徴の1つはOpenLedgerという管理者がいない分散型取引所を運営しているということです。これでビットシェアーズの売買ができたり、ビットシェアーズとドルを交換することができて、仮想通貨の取引所になっています。そういう意味ではリップルと同じような仕組みになっていますが、他の取引所と異なるのは特定の会社がOpenLedgerを運営しているというわけではないところです。管理者がいませんので管理者による着服といった不祥事が起こることはありません。

MEMO
ちなみに、ビットシェアーズの通貨であるBTSはマイニングによって取得することが不可能になっていて、OpenLedgerを通さないと入手はできません。さらに、オービッツという仮想通貨を保持することでOpenLedgerのような株主扱いになって利益を得ることもできるようになっています。開発チームは将来的にはDAC(分散型自立企業)の実現を目指しています。

スマートコインを導入

また、ビットシェアーズではスマートコインを導入していることも特徴の1つです。スマートコインはビットシェアーズのネットワーク内の価格固定型の通貨です。たとえば、常に1ドルの価値を持ったbitUSDや1円の価値を持ったbitJPYなどのスマートコインが用意されています。これらのスマートコインは現実のJPY価格や金価格やドル価格などと連動していて、そうした他の資産の値に固定されているので、常に価値が一定というメリットがあります。そのため、法定通貨と同じように商品を購入するときの決済に利用することも可能です。また、円やドルなどの価格固定型の通貨ともいつでも交換することができますし、トレード用の金融商品としても利用できます。さらに、スマートコインは極端な市場を除けば額面以下の価値になることはないことが保証されていますので、仮想通貨に不安を持っている人にも強くおすすめできます。

リップルとの違い


ビットシェアーズとリップルが異なる点は管理者の有無です。リップルの分散型取引所プラットフォームにはゲートウェイという管理機関があります。このゲートウェイにリップルを預ければIOUが発行されるという仕組みになっています。もしゲートウェイに何らかの不具合が起こってしまったらすべてのXRPが消えるというリスクを常に抱えています。一方、ビットシェアーズのOpenLedgerには管理機関がいません。完全にブロックチェーン上で管理されていて取引のときに第三者を通しません。そのため、不正や改ざんといったリスクにも強いのです。ゲートウェイに入金したらゲートウェイのアカウントに入金されて金銭的な価値が守られます。こうした意味で、リップルよりも安全性が高いです。

MEMO
IOU:債務者(借り手)が債権者(貸し手)に対して発行する非公式の借用証明書のことです。
ゲートウェイ:を発行する企業のことです。

ビットシェアーズの将来性

ビットシェアーズは「ビジネス向けの分散型金融ソリューションプラットフォーム」です。世界中の企業がビジネスを円滑に行うためにビットシェアーズを導入していく可能性が高いです。人を介さずにできますので人件費を削減することができることも実用性の点で高いメリットです。

ビットシェアーズを購入できる取引所

日本国内の取引所ではビットシェアーズを取り扱っていないため、購入するには海外の取引所のアカウントを作成する必要があります。海外の取引所としてはPoloniex(ポロニエックス)やBittrex(ビットトレックス)の2つが代表的です。
Poloniexはアルトコインを64種類扱っています。Bittrexは世界最大のアルトコイン取引所で約200種類ものアルトコインを取り扱っています。どちらも日本語対応はしていなくすべて英語のみなので、英語に自信のない方はネットの翻訳機能を利用しましょう(*^^)v

海外の取引所でビットシェアーズを購入する流れ


海外の取引所でビットシェアーズを購入する流れは、以下の通りです☆

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・送金したビットコインで取引し、ビットシェアーズを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です