仮想通貨バイトコイン(Bytecoin)とは?

バイトコインはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の1つで、2012年7月に公開していることから多くある仮想通貨の中では、かなり初期の頃から公開していました。匿名性の高さを特徴としながら、誰でもネットワークに参加することができて、通貨開発にも参加できます。この記事では、バイトコインの特徴、将来性、デメリットなどについて広く紹介していきます。取り扱っている取引所にも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

通貨単位・管理者・発行枚数


バイトコイン(Bytecoin)の通貨単位はBCNです。運営管理者は存在しておらず、オープンソースの分散型暗号通過なので、誰でも参加することができる仮想通貨になっています。発行上限枚数は1844億7000万枚です。

バイトコインの特徴

バイトコインの特徴は、大きく分けて以下の3つです(*^^*)

匿名性が高い

バイトコインの特徴の1つは高い匿名性です。これはCryptoNightというアルゴリズムを採用しているからです。他の仮想通貨の場合は従来は個人が持っている鍵で取引をしたらその記録は公開情報として扱われてしばしば問題になっています。しかし、CryptoNightなら個人の鍵を複数リングでつなぐことができて、取引がされてもどの鍵で行われたのかわからなくなるのです。これをリング署名といいます。
また、CryptoNightはワンタイムキーを生成できて送信者と受信者の鍵から生成されて取引内容を閲覧できるのは受信者だけです。他にもブロックチェーン分析が困難であることも高い匿名性を保証しています。

MEMO
アルゴリズムとは、取引きの際に不正がないかどうかのチェックを「誰がするのか?」を決める方法のことを言います。

ブロック生成時間が短い

もう1つの特徴はブロック生成時間が短いことです。つまり、取引スピードが速いということです。ビットコインだとブロック生成するのに10分程度かかりますが、バイトコインだとわずか120秒と、ビットコインの5分の1の時間で取引できます。実はこのバイトコインを基にして作られたのが匿名性の高い通貨として有名なモネロです。

マイニングが容易

さらに、バイトコインはマイニングが簡単で個人レベルで可能です。ビットコインなどの仮想通貨では、膨大な計算をするために専用のASIデバイスという装置とその装置を維持するのに必要な管理費がかかるので、個人では不可能です。しかし、バイトコインのアルゴリズムならASIデバイスを必要とせず一般家庭のパソコンで十分マイニングが可能です。

バイトコインのデメリット


バイトコインのブロックチェーンにはマイニングのハッシュレートがないので、マネーロンダリングなど犯罪に利用される可能性があります。また、バイトコインは高い匿名性を特徴として上場していますが、既に上場を果たして有名になっているモネロに対する優位性がありません。今後新たな取り組みが行われない限り、市場においてモネロよりも高い価値を持つ可能性が低いです。

バイトコインの将来性

ZcashやMoneroなどの匿名性の高い仮想通貨が注目されていますので、バイトコインがどこまで追従できるか、独自性を発揮できるかが鍵になります。匿名性が高いだけが特徴の通貨に留まるのであれば、既に上場している匿名通貨がありますので、共存する未来は想像できないと考える人も多いです。現状では時価総額と知名度共にモネロに優位に立たれているのは否めません。しかし、バイトコインにはクレジットカードなどの決済手段や、あまり注目されていないからこそ投資・投機対象としての意義はあります。

バイトコインを購入できる取引所

バイトコインは海外の取引所でしか扱っていません。その代表的なものはPoloniex(ポロニエックス)というアメリカの仮想通貨取引所です。60種以上のアルトコインを取り扱っています。表記は英語のみで日本語対応はしていませんので、自信がない方はネットの翻訳機能を利用しましょう☆

海外の取引所でバイトコインを購入する流れ

海外の取引所でバイトコインを購入する流れは、以下の通りです。

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・送金したビットコインで取引し、バイトコインを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です