仮想通貨ドージコイン(Dogecoin)

ドージコインはビットコイン以外のアルトコインの1つでDogeという犬のミームをモチーフとした冗談半分で開発された仮想通貨です。この犬は「かぼすちゃん」という日本の柴犬がモデルになっています。開発者は元IBMのプログラマーであるビリー・マーカス氏で2013年のことです。このようにとてもユニークなアルトコインですが、その特徴、将来性、通貨単位などはどのようになっているのでしょうか。購入可能な取引所に触れながら紹介していきます(*^^*)

ドージコイン(Dogecoin)とは?


ドージコインはもともとビットコインのおもしろい版として作られたもので、代表的な仮想通貨であるビットコインやライトコインと同じような特徴を持っています。決済する際に使用されるというよりは、寄付に使用されることが多いようです。

通貨単位・管理者・発行枚数

ドージコインの通貨単位は「DOGE」です。発行枚数は上限がなく、マイニングが早いということから、大きな値上がりは期待できないです。ちなみに、現在の発行総数は約1100億枚数になっています。運営管理者は存在しません。

ドージコインの特徴


そもそもドージコインは、ライトコインを元に開発されたラッキーコインを元にビリー・マーカスというプログラマーによって開発されました。いうなればライトコインの孫のようなものです。ただし、ライトコインと違って承認時間が早くてわずか1分で送金処理できます。
こうしたことから、チップや寄付に用いられやすいことが大きな特徴です。
このドージコインが注目を集めるようになったのは、ジャマイカのボブスレーチームのソチ冬季オリンピック出場資金を支援するための募金活動としてドージコインが利用されたことがきっかけです。当時のジャマイカのボブスレーチームが、オリンピックに出場する権利を獲得したにもかかわらず、資金がなくて出場ができないという事態になってしまいました。そこで世界中からお金を集めるために用いられたのがドージコインというわけです。

MEMO
ちなみに、チップや寄付以外ではDoge Marketでも用いられています。Doge Marketはドージコインの保有者が商品の売買取引を行うマーケットのことで、お金のやりとりをドージコインで行っています。こうしたドージコインを使うことで取引できる独自のマーケットがあることもドージコインの大きな特徴ですよね☆

ドージコインの将来性

ドージコインの将来性についてですが、インターネット上でチップコインとしての役割が大きく他の仮想通貨とは異なる特殊な用いられ方がされています。そうしたことから今後主流の仮想通貨になる可能性は低いです。発行枚数に上限がないというのもネックになっています。ビットコインが仮想通貨の主流になっている理由の1つとして、2100万枚という上限枚数が関係していることが挙げられます。ドージコインもそのように今後発行枚数に上限が設けられれば価格が高騰する可能性もあります。

ドージコインを購入できる取引所


ドージコインを購入できる取引所としてミスターエクスチェンジがおすすめです。現在、日本の取引所で唯一ドージコインを取り扱っています。ただし、登録から実際の購入までに時間がかかるのが特徴です(;´・ω・)
早く入手したい人は下記の海外取引所がおすすめです。1つはbittrexという取引所で、約300種類の仮想通貨を扱っています。メジャーな仮想通貨からマイナーなものまで幅広いです。もう1つはCoinExchangeで、450種類以上ものアルトコインを取り扱っていて、世界最大級の取引所になっています。いずれの取引所も英語で書かれていますので、日本語対応はしていません。英語が苦手な人は翻訳ツールを使って利用するといいでしょう。

海外の取引所でドージコインを購入する流れ

海外の取引所で仮想通貨を購入することはハードルが高いと思われがちですが、意外と簡単にできるものです(^^♪

1.日本の取引所に登録してビットコインを購入する
2.海外の取引所に登録してビットコインを送金する
3.送金したビットコインで取引し、ドージを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です