仮想通貨テザー(Tether)

テザー(Tether)とは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。テザー(Tether Limited)というアメリカの会社が自社で発行した通貨で、他の通貨と価値を連動させているペック通貨です。
中国では仮想通貨の規制が厳しく、価格変動が少ないことにより監視が甘いテザーが、結果的に人気となっています。チャイナマネーが仮想通貨市場に流入するのに、テザーは無くてはならない存在になっています。

MEMO
ペック通貨とは、米ドルなどの通貨と連動させて価格が動くもので、固定相場とも呼ばれています。

通貨単位・管理者・発行枚数


テザーは2015年に公開された、通貨単位USDTの仮想通貨です。仮想通貨には中央銀行的な管理者がいないことが一般的ですが、テザーはTether Limitedによって運営されており、管理者が存在します。発行枚数の上限は、特に定められていません。

テザーの特徴

テザーには、次のような特徴があります。

米ドルに連動

テザーは、法定通貨と連動した価値を持ちます。1USD(米ドル)と1USDT(テザー)は、常に同じ価値として売買されます。ただし、テザーの場合は法定通貨と異なり、銀行等の既存の金融機関を介せずに送金決済を行うことができます。

カウンターパーティリスク

管理者が存在するため、カウンターパーティリスクが存在します。カウンターパーティリスクとは、管理者の不正や破綻、管理者への不正なハッキング等によって、利用者が損害を被る可能性があることを指します。

テザー疑惑

テザーの管理者であるTether Limitedに法定通貨を預けると、同価値のテザーが発行されます。テザーを法定通貨に両替したいときは、Tether Limitedにテザーを返します。その時、返されたテザーは消滅します。つまり、Tether Limitedに預けられたのと同額のテザーしか市場には存在しません。しかし、預けられた法定通貨以上のテザーが発行されているのではないかとの噂が後を絶たず、Tether Limited側はその噂を打ち消す証明ができていません。

テザーの将来性


テザーの信頼性が保証できれば、その将来性は大いに期待されています。法定通貨を金融機関で送金するより、テザーで送金した方が短時間、低コストで済むからです。また、市場価値が大きく変動しやすい他の仮想通貨と比べ、法定通貨と一定のレートで取引されるため、為替変動のリスクが小さくなります。今後さらに普及していけば、暗号通貨のメリットを広く享受することができます。

テザーを購入できる取引所

テザーを購入できる取引所は、国内ではクラーケンのみとなっています。クラーケンは、2011年にアメリカのサンフランシスコで設立されました。2014年10月に日本にも進出し、2015年7月にはマネーパートナーズグループ(日本の証券会社)との業務提携も行われ、もちろん日本語OKです(*^^*)

クラーケン以外では、海外の取引所を利用することになります。

・Bittrex(ビットレックス)
2014年に設立されたアメリカの取引所です。新規通貨の取り扱いにも積極的で、200種類程度の取り扱いがあります。日本語には対応していません。

・Poloniex(ポロ二エックス)
2014年に設立されたアメリカの取引所です。100種類程度の仮想通貨を取り扱っています。取引量は世界最大規模です。日本語には対応していません。”

海外の取引所でテザーを購入する流れ


海外の取引所でテザーを購入する流れは、以下の通りです。ハードルが高そうに思われるかもしれませんが、やってみると意外と簡単にできるのでチャレンジしてみましょう☆

1.日本の取引所に登録してビットコインを購入する
2.海外の取引所に登録してビットコインを送金する
3.送金したビットコインで取引し、テザーを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です