仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?

ウェーブス(Waves)は、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。2016年4月に、仮想通貨「Nxt(ネクスト)」から分裂してスタートしました。ウェーブスは分散型金融取引プラットフォームであり、カスタムアプリケーショントークン(CAT)という自由性と拡張性に優れた機能を持っています。そのため、ウェーブスのプラットフォーム上で新しいオリジナルトークンを作成することが可能で、既に多くのICOが行われています。

MEMO
ICO(Initial Coin Offering)とは、独自の仮想通貨を発行して世界中から資金を調達する方法です。

通貨単位・管理者・発行枚数

ウェーブスは、通貨単位が「WAVES」の仮想通貨です。ウェーブスは仮想通貨「Nxt(ネクスト)」から分裂し、2016年4月にスタートしました。Sasha Ivanov(サシャ・イワノフ)CEOが率いる開発チームによって管理されています。発行枚数の上限は1憶WAVESです。

ウェーブスの特徴


ウェーブスの特徴は、以下の通りです!(^^)!

法定通貨との取引が可能

仮想通貨を現実世界で使用できる法定通貨にするには、その仮想通貨の取り扱いがある取引所で両替する必要があります。しかし、ウェーブスの場合は、ウェーブスのプラットフォーム上でドルやユーロといった法定通貨に交換することができます。もともとウェーブスのプラットフォームは、法定通貨とのトレードや送金といった機能を念頭に置いて開発され、分散型取引所(DEX)としての機能が備わっているのです。
また、カスタムアプリケーショントークン(CAT)と呼ばれる機能によって、ウェーブスのプラットフォーム上に独自のトークンを作ることができます。そのトークンの機能には、理論上どのようなものでも持たせることができ、自由性と拡張性に優れています。

独自トークンを発行することが出来る

ウェーブスは、カスタムアプリケーショントークン(CAT)という機能によって、様々な機能を持たせることができます。法定通貨や仮想通貨の送金・決済に使用するといった基本的な機能に加え、メッセージ機能、投票システム、匿名送金など様々な機能を持ったトークンを発行することができるのです。プラットフォームは分散化されますが、ブロックチェーン上に全ての取り引きが記録されるので、後からチェックすることもできます。最初はNxt(ネクスト)で導入されたシステムですが、それをさらに進化させ、予備知識がない人でも独自のトークンを発行・管理できるようにすることを目指しています。

MEMO
ウェーブスのプラットフォーム上で多くのICOが実施されています。具体的には、モバイルゲームに特化した「MobileGo(MGO)」、個人情報等のブロックチェーン化のための「Darcrus (DAR)」、ギャンブルサービスのための「Monster Byte (MBI)」など、自由で拡張性の高い様々なトークンが作られています。

分散型取引所(DEX)が備わっている

ウェーブスのプラットフォームには「分散型取引所(DEX)」が備わっています。DEXと相対するものが「中央集権型取引所」です。
中央集権型取引所には「取引を管理する管理者」が存在します。法定通貨では金融機関、仮想通貨では仮想通貨取引所などがこれに当たります。利用しやすく便利な一方、外部からのハッキング等によって、巨額の資金が流失する事件が発生するなどのリスクがあります。また、個人情報を把握されたり、メンテナンスで利用できない時間があるなど管理者の都合に合わせる必要が生じたりする場合もあります。
ウェーブスの場合はDEXによって、「取引を管理する管理者」の存在が不要になります。また、CATによって作られたカスタムトークンはもちろん、他の仮想通貨や法定通貨間でも交換が可能です。売り注文と買い注文がマッチした場合は、自動で取り引きが行われます。全てがブロックチェーン上で行われるためハッキング等のリスクを抑え、高いセキュリティを確保しています。

「Lease Proof of Stake(LPoS)」による取引承認

ウェーブスでは、「Lease Proof of Stake(LPoS)」というアルゴリズムを採用しています。「Lease Proof of Stake(LPoS)」とは、PoWのマイニングのように常にパソコンを稼働させていなくてもウェーブスをリース(借りる)ことでマイニングし、報酬をもらうことができるのです。

MEMO
アルゴリズム:「誰がチェックするのか?」を決める方法のことです。
PoW:「Proof of Work」の略で、CPUの計算量(仕事量)に応じてチェックする人が選ばれるアルゴリズムです。膨大な計算をすることが必要なので、電気代が高額になってしまうのが最大のデメリットと言われています。

ウェーブスを購入できる取引所


国内の取引所では取り扱いがないので、海外の取引所でのアカウント作成が必要です。ウェーブスの取り扱いがある取引所を、いくつかご紹介します。ちなみに、ウェーブスの取引サイトから直接売買することもできます(*^^*)

・Bittrex(ビットトレックス)
アメリカの世界最大規模の取引所です。約200種類の仮想通貨を扱っています。日本語には対応していません。

・Liqui(リクイ)
ウクライナの会社が運営する取引所です。ICO直後の通貨を積極的に扱っています。低めに設定された手数料が特徴です。日本語には対応していません。

・HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの取引所です。約200種類の仮想通貨を扱っています。手数料が非常に安く設定されています。日本語には対応していません。

海外の取引所でウェーブスを購入する流れ


海外の取引所でウェーブスを購入する流れは、以下の通りです。

・日本の取引所に登録してビットコインを購入する
・海外の取引所に登録してビットコインを送金する
・送金したビットコインで取引し、ウェーブスを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です