仮想通貨アーダー(Ardor)

アーダー(Ardor)は、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。公開当初は「ネクスト2.0(Nxt2.0)」と呼ばれていましたが、その後現在の名称に改名されました。通貨として機能するというより、高速で多くの機能を持ったブロックチェーンとしてのプラットフォームサービスと言えます。もっとも古くから存在しているアルトコインとして高い信頼性と人気があった「ネクスト(Nxt)」の機能を持たせたまま、さらに「サイドチェーン」という新しい技術を取り入れた通貨です。

通貨単位・管理者・発行枚数

アーダー(Ardor)は、2016年に公開された、通貨単位が「ARDR」の仮想通貨です。もともとはアルトコインのネクスト(Nxt)の後継として開発され、「ネクスト2.0(Nxt2.0)」と呼ばれていました。2016年中頃に「アーダー」に改名され、同時に通貨単位も「FXT」から「ARDR」に変更されました。
ネクストの開発を行っているJelurida社によって作られましたが、法定通貨における中央銀行のような管理者は存在しません。また、発行枚数の上限は10憶ARDRです。

アーダーの特徴


アーダーには、以下のような特徴があります。

Nxt2.0として開発された仮想通貨

アーダーは、当初「ネクスト2.0(Nxt2.0)」と呼ばれていました。前身となるネクストは、ビットコインの次に公開された仮想通貨として広く知られています。ネクスト(NxtまたはNxt1.0)のブロックチェーン技術は、高い信頼性を既に得ていました。アーダーは、ネクストのブロックチェーン技術をさらに進化させ、新たな機能を付加させました。ブロックチェーンはメインチェーンとサイドチェーン(または子チェーン)から構成されており、サイドチェーンによって取引履歴の不可視化、スケーラビリティ問題の解消、セキュリティの強化など様々なメリットが図られています。また、アーダーの認証方法はマイニング不要のため、ブロックチェーンに負荷を与えることはありません。

MEMO
スケーラビリティ問題とは、取引きされる仮想通貨の量が増えたため、そのデータ処理が追い付かなくなってしまうことです。

メインチェーンとサイドチェーン

メインチェーンは、全てのサイドチェーンを保護し、それらと連携することで高速のトランザクション処理を実現しています。メインチェーンでは、情報量の増加によるスケーラビリティ問題を起こさないためにできるだけ処理を簡素化し、パフォーマンスの向上に努めています。取引の承認にはPoS(プルーフオブステーク)と呼ばれる方法を採用しており、マイニングで新しく通貨を発行するということはありません。
サイドチェーンでは、ネクストの高度なブロックチェーン技術を活用することができます。メインチェーンではネクストの機能が多く失われましたが、それらは全てサイドチェーンで実行できるため、利用者にとって問題はありません。サイドチェーンには固有の機能を新たに持たすこともでき、様々なイベントに対応することができます。また「コインシャッフル」機能により、必要に応じて取引量を隠すこともできます。

MEMO
メインチェーンでは処理の高速化、サイドチェーンでは機能の多様化という役割を担わせています。

特徴についての具体的な詳細

ブロックチェーンが、メインチェーンとサイドチェーンから構成されていることから、いろいろなメリットが生じています。
メインチェーンが複雑な処理を行わず、ブロックの情報量も抑えられているため、高速化とセキュリティの向上を実現しています。
また、サイドチェーンには、用途や目的に合わせて様々な機能を持たせることができるという拡張性があります。さらに、もともと信頼性の高いネクストの機能に「コインシャッフル」機能を持たせ、さらに高い信頼性をもたらしました。”

アーダーの将来性

サイドチェーンという概念は、リスク(Lisk)など他の仮想通貨でも取り入れられている考え方です。スケーラビリティ問題の解消や、多機能化を図る上で注目されています。より用途を絞った通貨を実現するために、サイドチェーンの技術を取り入れる仮想通貨は増加しています。
ただし、アーダーのベースとなるネクストの技術の古さが問題となってきています。サイドチェーンの追加は画期的で目新しい機能だったものの、現在は珍しい機能ではなくなりつつあります。信頼性が高く、人気のあったネクストの機能をそのまま利用することがユーザーの保護につながった一方、基本となる技術の古さを今後どのように対処していくかが課題となっています。”

アーダーを購入できる取引所

国内の取引所ではアーダーの取り扱いがないので、海外の取引所でのアカウント作成が必要です。アーダーを購入できる海外の取引所を、いくつかご紹介します。

・Bittrex(ビットレックス)
アメリカの取引所で、日本語には対応していません。上場直後の通貨も積極的に扱っており、200種類程度を扱っています。中には評判の良くない通貨もあるので、注意が必要です。

・Poloniex(ポロ二エックス)
アメリカの取引所で、日本語には対応していません。取引量は、世界最大規模です。100種類程度の通貨を扱っています。手数料が低めに設定されています。

海外の取引所でアーダーを購入する流れ


海外の取引所でアーダーを購入する流れは、以下の通りです。

1.日本の取引所に登録してビットコインを購入する
2.海外の取引所に登録してビットコインを送金する
3.送金したビットコインで取引し、アーダーを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です