仮想通貨の買い方って意外と簡単☆購入する際のポイントを解説!

話題になっている仮想通貨ですが、気にはなっていても正直、何をどうすればよいのか分からないというのが現実です。取引やインターネットでのやり取りなど考えると、初心者の方にとってはセキュリティの面や資金の問題など分からないことだらけですよね(>_<)意外なことに、仮想通貨への投資は1,000円からスタートでき、資金的ハードルが低く簡単に投資を体験できるのです!!少しでも仮想通貨に興味のある方は、情報収集しながら少額投資を始めてみるのはいかがでしょうか??

仮想通貨とは?


仮想通貨とは、IT技術によって生み出されインターネット上で不特定多数の人の間で利用される通貨のことです。実際には形のない通貨ですが、専門の取引所で(webサイト)で売買され円やドル・ユーロなどの通貨と交換できます。海外では支払いに利用できるショップも増える傾向にあり、仮想通貨の種類も600種類を超えるといわれています。現在日本では、投資目的で利用されることが大多数を占めていて、一般的な為替取引と同じように取引されています。

いくらから購入できるの?

仮想通貨の取引価格は、取引所によって決められています。仮想通貨の種類によって価格に違いがあり、一番高額な仮想通貨がビットコインになり7,000 円から購入できます。ほかの仮想通貨では、リップルが260円、ライトコインが112.5円から購入可能です。どの仮想通貨も日本円で購入可能ですが、ビットコイン以外のコインの購入には円よりもビットコインでの購入が多いです。

購入までの手順

仮想通貨の購入方法の手順は、3つです。

  • インターネットで取引所に申し込む
  • 登録取引所に入金する(銀行・コンビニ・クレジットカード購入も可)
  • 欲しい仮想通貨を購入する
  • 複雑で難しいと思われていた仮想通貨購入ですが、このようにスマートフォンとコンビニで簡単に購入することができます。

    取引所の開設に必要な物


    仮想通貨の取引所の開設は、売買による現金のやり取りも発生するため銀行口座と同じように本人確認ができる書類が必要になります。口座開設のために必要な物は以下の通りです。

    ・いつでも確認できるようにスマートフォンやPCのメールアドレス(フリーメールはお勧めできません)
    ・有効期限のある身分証明書の写真
    ・現住所の確認書類の写真
    ・身分証明書を持った本人写真
    ・銀行口座(なるべく仮想通貨専用の取引口座)
    上記の5つを準備するとほとんどの取引所で登録することができます。取引所ごとに取り扱う仮想通貨の種類も違いますし、色々なリスクを回避するためにも複数の取引所に登録することがおすすめです。なんとなく難しく考えがちな仮想通貨取引所の登録ですが、登録料も無料で案外簡単に登録できてしまうのです♪

    おすすめの取引所

    仮想通貨取引所を選ぶ時、安全性とセキュリティ・手数料の安さ・取引通貨の種類と取引量そして使いやすさが重要なポイントになります。重要なポイントを念頭に置きながら、仮想通貨取引所の特徴を見ていきます。

    「Zaif」(ザイフ)

    「Zaif」(ザイフ)は、手数料が安いというメリットがあります。また、積み立て投資に対応していて、他の取引所に扱いのないトークン市場が用意されているところが魅力的です。「Zaif」はマイナーではありますが、すべての取引通貨に対して「売り板/買い板」(売り板とは、売りたい人の集合体で買い板とは買いたい人の集合体)形式のため取引手数料が安くなります。モナコインに関しては、売りたい人と買いたい人が直接取引を行う取引所になっています。

    「bitbank」(ビットバンク)

    「bitbank」(ビットバンク)はセキュリティに関して評価が高いので、初心者にとって安心感があります。「Zaif」同様板形式での取引なので手数料が安いうえに、手数料無料のキャンペーンが開催されることがあります。また「アルトコイン」がお得に購入でき、bitbank tradeとの連携で追証なしのビットコインFXができる取引所です。(追証なしとは、口座に入れた分しかお金を損しないこと)大手に比べると仮想通貨の種類や取引量がまだ少ないので、初心者には知名度が低めですが登録しておくと便利な取引所です。

    「bitFlyer」(ビットフライヤー)

    「bitFlyer」(ビットフライヤー)は大手の仮想通貨取引所で、「ビットコイン」の取引高が国内トップです。取引量が多いため自分のタイミングで確実に売買できるところが強みです。セキュリティ面も盤石で、日本では珍しい「盗難補償サービス」を備えています。ビットコイン以外では5種類のアルトコインの売買が可能です。また、モナコインの売買ができる数少ない取引所の一つになります。

    取引所は分散しよう

    仮想通貨の取引所での口座開設をするにあたって、必要な書類を準備するとほとんどの取引所で口座が開設できます。取引所の開設は無料で、取引所によって扱う仮想通貨の種類も違うので、複数の取引所に登録することがおすすめです(*^^*)どんなにセキュリティを強化しても、何事にも100%安全ということはありません。ハッキングなどの可能性を考えて仮想通貨を一か所に置くのではなく、3か所くらい分散投資しましょう☆
    また、取引所ごとに取り扱う仮想通貨の種類が違うため、仮想通貨が上昇するニュースなどがあった場合、一か所でしか取引所を開設していなかったら瞬発力のある対応ができず、期待値の高い仮想通貨を購入できないということになってしまうからです。

    取引所と販売所の違いは?

    仮想通貨の売買をする際の売買方法として、「取引所売買」と「販売所売買」の2つあり、特徴や使い方には違いがあります。取引所と販売所のの大きな違いは、誰と取引するかということです。

    取引所

    取引所は、株と同様、「売値」・「買値」合致した時に取引が成立し同じユーザー同士で売買を行う場所で、販売所では取引所(運営会社・bitFiyerなど)を相手に売買を行います。取引所は、価格を指定して取引ができるので販売所より安く購入できる可能性がが高いというところがメリットで、ユーザー同士でお互いに「売値・買値」合致しなければ取引が成立せず、自分の希望する量を購入することができない場合があるというところがデメリットになります。

    販売所

    販売所では、運営会社一定数の仮想通貨を保有しているため確実に売買が成立するところと簡単に注文できることがメリットです。指定された価格で取引するので、取引所よりも割高になる傾向があります。何度もトレードする場合は、手数料のことを考えると取引所での売買がおおすすめですが、瞬発力を必要とする売買の時は圧倒的に販売所が適しています。

    MEMO
    自分の売買スタイルに合わせて販売所・取引所のどちらで取引するか見極めましょう!!

    まとめ:まずは少額から始めてみましょう


    仮想通貨を始めようと思っても専門用語のオンパレードで、中々チャレンジしにくいところが現実です。難しく考えがちですが、仮想通貨投資は最低1,000円から始めることができます。初心者は、自分で準備できる範囲で少額からスタートすることをおすすめします。投資や取引という言葉が出てくるとどうしても身構えてしまいますが、小さい取引単価で始められるので1,000円スタートで投資を勉強するつもりで始めてみてはいかがでしょうか?仮想通貨投資には、「現物取引」と「レバレッジ(FX・先物・信用)」がありますが、価格変動が激しい仮想通貨は取引に慣れるまでは、初心者の方は「現物取引」から始めて、勉強しながら自分のライフスタイルに合う取引スタイルを見つけていくことが大事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です