仮想通貨の分裂とは?

仮想通貨は、各国が管理する法定通貨とは異なる新しい価値で、インターネット上で低コストでやり取りできる点で広まりつつあります。非常に多くの種類がありますが、中には分裂によって発生した仮想通貨も!!法定通貨では考えられない現象がなぜ仮想通貨で起きるのでしょうか?!また、分裂をしたら元の通貨や分裂後の通貨はどうなるのでしょうか?分裂の事情が分かれば、仮想通貨の選び方の参考になるかもしれません(*^^*)この記事では、仮想通貨の分裂とはどのようなことが起きていることなのかを解説します。

仮想通貨が分裂するってどういうこと?


仮想通貨は非常に多くの種類があります。それぞれに発生元があり、仕組みを開発している人や組織が存在します。開発している人や組織が異なれば仕組みも異なりますよね?!ブロックチェーンなど基本的な部分は近い構想があっても、別の通貨との差別化を図るためにその通貨独自の目的を元に開発が進められます。
多くある仮想通貨の中には新たに一から作られるのではなく、新たに分裂して作られるものもあります。分裂前の仮想通貨の仕組みなどを元に新たに発生するのが分裂ということです。分裂をするとそれ以降は独自の仮想通貨として開発や運営が行われます。

MEMO
分裂をした当初は価値の変動などが似た動きを示すときもありますが、しばらくすれば全く別の動きを示して他の仮想通貨と同様に相関性なども無くなることも少なくありません。一口に分裂と言っても、いろいろな理由で分割が行われて新たな仮想通貨が誕生します。

分裂する理由

仮想通貨は法定通貨ではないので、どの国にも所属せず中央管理も行われていません。ただ、仕組みを運営する開発者であったり、マイニングと呼ばれるブロック生成を行う作業者は存在します。代表的な仮想通貨であるビットコインにも運営者やマイニングを行う組織があります。この時に運営者間やマイニングを行う人の間で意見が分かれる時があり、それによってこれまでの仕組みを継続する部分と、新たな仕組みを作る部分に分かれ、これが分裂になります。

ちなみに、ビットコインで分裂が起きた理由は取引量の急増に伴う取引スピード低下の問題によるものです。さらにマイニング業者がマイニングの報酬を引き上げようとする動きもあり、それに賛同したその他のマイニング業者も加わって一般的な分裂ではなく強制分裂、つまりはハードフォークとなり、その後のビットコインキャッシュの誕生となったのです。

ソフトフォークとハードフォークってなに?


仮想通貨はインターネット上で認識される価値で、それぞれに運営を行っている開発者や開発会社があります。パソコンで使用するソフトやスマホのアプリでも開発者などがいますが、同様に仮想通貨も常に開発者が新たな仕組みなどを開発しています。一つのソフトが永久に使われ続けることはほとんどなく、一定期間ごとに仕様が変更されてバージョンアップが行われます。仮想通貨でも開発者によって適宜仕様変更やバージョンアップが行われています。
仕様変更の方法によって、ソフトフォークとハードフォークの違いが出てきます。ソフトフォークはこれまでの仕組みとの互換性のある仕様変更です。ですからそのまま継続して同じ仮想通貨が運営されます。ハードフォークはこれまでの仕組みとは異なる仕様変更をして、互換性のない新たな仮想通貨を発生させます。この時に仮想通貨の分裂が起こるのです。

市場へはどのような影響があるのか?

仮想通貨には多くの種類がありますが、中にはよく似た名前のものもあります。すべてがそうとは限りませんが、分裂をしたために似た名前になっている場合もあります。仮想通貨は運営組織の理由などにより分裂されて新たな仮想通貨が生まれる時があります。では新たに生まれた時にそれぞれの仮想通貨はどんな価値の変化を見せるかです。分裂の理由にもよるでしょうが、分裂がその仮想通貨の運営に良いものと認識されれば、価値が上昇する可能性があります。
ある仮想通貨は、そのまま同じ仕組みで継続すると問題が生じる恐れがあるとして分裂され、これによって問題発生を回避できました。問題がなくなったので利用者が安心して買いが増え、価格が上昇したのです。

MEMO
分裂の時に既にもとの仮想通貨を持っている時、分裂後の新しい通貨をもらえる時があります。それによって資産が増えるなんてラッキーなことも!!!

まとめ:今後も分裂は繰り返される可能性


仮想通貨はインターネット上で運営される仕組みで、運営組織によって開発等が行われています。ただ、一つの組織内で必ず一つの意見の中で開発が進められるわけではありません。その時には運営する側が分裂し、仮想通貨も分裂します。仮想通貨の運営には開発者だけでなくマイニングや所有者などいろいろな関係者がいますから、より良い運営が望まれます。ビットコインが分裂した背景には、課題に対する解決策に対して合意が取れていなかったのが原因です。
仮想通貨は発展途上であるため、今後も同じ状況になれば分裂する可能性があります。分裂の時に価値が上昇するかどうかは分裂の理由によります。理由が好感されれば買われて上昇し、反感を得れば売られて下がる可能性が高くなります。分裂は仮想通貨がより使いやすくなる過程で起きるともいえます。仮想通貨の市場は広がっており、これからさらに多くの人が利用して、日常生活にも身近に存在になると考えられるでしょう(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です