仮想通貨のマイニングって?マイニングの仕組みや現状をわかりやすく解説!

仮想通貨に興味を持って調べていると今まで見たことが無い専門用語が多く、正確な意味が分かりにくいことがあるかもしれません。仮想通貨への投資を行う際に専門用語が分からないまま売買を続けてしまうと、思わぬ不利益を被ることになる可能性があります( ゚Д゚)そこで、仮想通貨ならではの言葉のひとつであるマイニングについて詳しく解説していきます。実は仮想通貨は売買だけでなく、自分のPCやレンタルサーバーを使って手に入れる方法があり、仮想通貨の多くでマイニングが行われているのです。

仮想通貨のマイニングとは?


マイニングとは採掘という意味で仮想通貨の世界でよく使われる専門用語ですが、仮想通貨の取引記録を検証する役割を持ちます。
仮想通貨の売買記録は全て一定時間ごとに生成されるブロックと呼ばれる単位ごとに数珠繋ぎに保管され、後から改ざんできないブロックチェーンと呼ばれる形で繋がっています。前後の取引記録が正しいかどうかを確認するためには、古い記録と新しい記録の間で正しいブロックが繋がっていることを確認する検算作業のために膨大なコンピューターの計算力が必要となります。仮想通貨の売買が成立するためには定期的に検算作業を完了する必要があるため、コンピューターの計算力を貸してくれた人に対して仮想通貨による報酬が支払われる仕組みになっています。難しい計算式を最も早く解けた人に対して報酬が与えられることから、マイニングはまさに採掘作業に似ていると言えるでしょう(*^^*)

マイニング収入と電気代

「よし!それなら私もマイニングで稼ごう!」と思われる方もいるかと思います。確かに、マイニングを行うために必要な機材は仮想通貨に採用されている暗号化方式との兼ね合いで決まるため、家庭用のPCであってもマイニング出来る仮想通貨は存在します。PCにはCPUが必ず1つ以上は搭載されているので、CPUでマイニング出来る仮想通貨であれば電気代の負担のみでマイニング可能です。一方、グラフィックカードに搭載されているGPUの方がマイニング効率が良いタイプの仮想通貨も存在します。
マイニング収入は、マイニングにより得られた仮想通貨の時価から電気代を引いた金額となるため、家庭用のPCで効率が悪い仮想通貨を選んでしまうと電気代よりもマイニング収入が少なくなる赤字状態となりかねません。
マイニングは世界中で行われているので、有名なビットコインといった仮想通貨は電気代が安い国でビットコインのマイニングに特化した専用機材を用いて行われています。

MEMO
マイニングで収入を得ようとする際には、電気代とマイニング収入とのバランスを考えなければなりません。

クラウドマイニングとは?


マイニングを行うためには、新しく生成されたブロックに対するハッシュ値を膨大な演算により導き出す必要があるので、強力な演算能力が必要となります。個人のPCでも単独でマイニング出来る仮想通貨もありますが、既に高額になっている有名なビットコインやイーサリアムといった仮想通貨のマイニングには、個人では太刀打ち出来ません。そこで、DMM.comやGMOインターネットといった企業が専用のマイニングシステムを構築してマイニングに乗り出しています。DMM.comでは、クラウドコンピューティングの技術を活かして、個人のPCを何万台と束ねて強力な演算能力を備えた仮想コンピューターとして動かします。クラウドマイニングは、家庭のPCであっても余剰能力を高速インターネットにより束ねることで膨大な演算力を得る仕組みです。得られた仮想通貨報酬は、貢献度に応じて公平に分配することになります。

熊本電力がマイニングに参入!!

熊本電力では、太陽光発電による余剰電力を活用したマイニング事業への参入を発表しています。関連会社のOZマイニングを設立して、電力業界最安値を目指す1kwhあたり10円台の低料金電力をマイニング時に使用すれば、得られる仮想通貨報酬との差額がそっくり利益となるわけです。熊本電力自体が、Take Energy Corporation傘下の新電力であって、太陽光発電所の建設から運用までを担当していることから、電力自由化に伴い全国に設置した専用設備でマイニング事業を営めることになりました。九州地区では太陽光発電所の設置が特に集中している影響から、昼間しか発電出来ない太陽光発電の比率が高まりすぎると、昼間と夜間の電力供給バランスが崩れかねません。マイニング事業により余剰電力を有効活用出来れば、一石二鳥というわけです(*^^)v

まとめ:個人でマイニングをするべきか?


仮想通貨のマイニングは、誕生間もない仮想通貨を選択すれば個人のPCでも十分な量のマイニングが可能です。しかし、既にメジャーな存在となっているビットコインやイーサリアムといった有名な仮想通貨は、国を挙げてのマイニング事業に取り組んでいることからも、演算能力が違いすぎて個人でマイニングすることは厳しいです。世界の電気料金を比べても、原子力発電が中心のフランスに対して再生可能エネルギーを最大限取り入れているドイツは、電気料金がフランスの2.5倍以上となっています。日本の電気代も上昇傾向にあり、マイニング報酬と電気代の比率を厳密に考慮した上で、マイニング専用機を作るだけのPCいじりが好きな人以外は、個人でマイニングすべきではありません。営利目的でマイニング行うためには、日本の電気代は高額すぎるので、あくまでもクラウドマイニング程度に留めておくことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です