仮想通貨のウォレットとは?概要や使用する際の注意点を解説☆

仮想通貨が話題になり、自分でも利用してみたいと考える人が増えていますよね!まずは取引所の開設になるでしょうが、こちらは銀行口座の開設に似ていて比較的簡単にできます。取引所に銀行と同じように保管ができますが、それだとセキュリティ上あまりよくないといわれています。より安全に保管するのであれば「ウォレット」を使用するのが断然おすすめです!!
この記事では、仮想通貨のウォレットとは何か?使用する際の注意点などを解説いたします(^^♪

仮想通貨のウォレットって何?


ご存知のように、仮想通貨はインターネット上で認識される価値です。ネット上の解説書や本などでコインのようなものを見かけますが、実際にコインのような形では存在せず、すべてデータとして管理されます。日本円をATMで引き出すように仮想通貨そのものを引き出して手に取ったりはできません。
ではどこで管理するかですが、主に管理する場所として用いるのがウォレットになります。そもそも仮想通貨自体の安全性が高く利用実績の追跡なども行いやすいため、盗難などがあっても追跡をすればいつ誰から盗難を受けたのかが分かりやすいとされますが、取引所に保管しているとハッキングなどを受けた時、必ずしもいつ盗難を受けたのか、誰から盗まれたのかが分からないケースもあります。
ウォレットは取引所とは別に仮想通貨を保管し、ハッキングから自分の仮想通貨を守る役割があり、いくつかの方法から選べるようになっています。利用のしやすさやリスクに違いがあるので、自分に合ったウォレットを選ぶと良いでしょう。

MEMO
必ずしも一つのウォレットで管理する必要はなく、複数のウォレットを作って管理する方法もあります。

仮想通貨を保管できる場所

仮想通貨は別名暗号通貨とも言われます。実際に手に取れるわけではなく、すべてコンピュータ上のデータとして存在します。ではそのデータをどこに保管するかです。一般のお金であれば、財布や金庫の他、銀行や電子マネーなどにする方法があります。仮想通貨の場合は、どこで保管することができるのでしょうか?

取引所

まずあるのが取引所に保管する方法です。多くの人が最初に取得するのが取引所からになるでしょう。円から交換したり、円に戻すときも取引所を使います。円から交換すれば、取引所でその残高が管理されます。その後支払いに使ったり、証拠金取引などに使ったりすることが可能になります。しかし、長期間取引所に保管することはセキュリティ上決して安全とは言えません・・・(>_<)

ウェブウォレット

取引所に保管する方法以外では、自分のウォレットを使って保管する方法があります。いつでもどこでも利用したいときにはウェブウォレットを利用すると良いでしょう。これはインターネット上で保管ができるサービスを利用します。自宅のパソコンでもスマホでも海外にいてもインターネットにアクセスできる環境であればどこからでも使えるメリットがあります。しかしハッキングに遭いやすいので注意しましょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、パソコンやスマートフォンに管理のためのソフトをダウンロードして使う仕組みです。基本的にはダウンロードした機械でしか使えないので、パソコンでもスマホでも利用したい人には使いにくいです。インターネットに接続をしていなければハッキングされる心配がないメリットがあります。比較的手軽に利用できるウォレットと言えるでしょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、仮想通貨を保管するための専用のハードウェアで管理をします。USBなどで接続をして仮想通貨のデータの管理を行います。使うときだけ接続すればいいので、セキュリティ能力の高いウォレットになります。しかし置き忘れや紛失しやすいデメリットがあります。

ペーパーウォレット

最もハッキングされにくいのがペーパーウォレットです。アドレスと秘密鍵を紙に印刷して金庫などに保管をします。紙を盗まれない限り仮想通貨も盗まれません。しかし、紙が劣化すれば使えなくなるので注意が必要です。こちらも置き忘れや紛失のデメリットがあります。

通貨ごとに対応しているウォレットが異なる


仮想通貨は多くの種類があり、利用に慣れてくると複数通貨持つ人も多くなります。日本円の他に米ドルを持つ感覚になるでしょう。法定通貨であれば、お札やコインなどで持ったり、銀行口座などで持ったりができます。仮想通貨ではお札などの実物はなく、すべて暗号データになりますので、それをどこで保管するかを考えなくてはいけません。

ビットコインの場合

最も流通しているとされるビットコインは、比較的いろいろな方法が取れます。まずウォレットを作らない取引所での保管があります。セキュリティを考えると良くありませんが、頻繁に使う分だけ保管するのには最適です。その他ウェブ上で保管できるウェブウォレットやソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットも利用できます。セキュリティが最も高いとされるペーパーウォレットの利用も可能です。

イーサリアムの場合

ビットコインに次いで流通量が多いとされるイーサリアムも保管手段が豊富です。取引所でも保管してもらえますし、インターネット上で利用できるウォレットもあります。ソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットはビットコインと同じものが使えたりもします。ビットコインとイーサリアムの両方持っている人はどちらも使えるものが便利です。イーサリアムではペーパーウォレットの作成もできます。プリンターを利用して自分で印刷をして作成します。

リップルの場合

リップルでは取引所などが提供するウェブウォレットがあります。ウェブウォレットに特化したサービスも利用できます。ペーパーウォレットも利用でき、一定の操作をしてプリントアウトして保管します。

ウォレットを利用する際の注意点

仮想通貨は取引所に保管をして取引ができます。初心者は取引所に保管したままの人もいますが、取引所毎にセキュリティのレベルが異なるのであまりよい保管方法ではありません。実際に使う分だけ取引所に置くようにして、それ以外は自分でウォレットを作成して保管するようにしましょう。
ウォレットにはいくつかの種類があり、それぞれで利便性やハッキングのされやすさなどが異なりますので、ウォレットの種類別に確認しておきましょう!!

インターネット上に作成するウォレット

最も利用しやすいのはインターネット上に作成するウォレットです。ネット上に保管をするので、どうしてもハッキングのリスクが残ります。あまり多くの資産を預けるには向きません。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットはネットに接続しなければハッキングリスクは減ります。常にネットにアクセスしていれば、その間ハッキングのリスクが残ります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、使うときのみパソコンなどに接続すればよい仕組みです。そのハードウェアを紛失しないように気をつけましょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは最もセキュリティが高いものの使うのは面倒です。紙の劣化により読み取れなくなると資産を失うときもあるので注意しましょう。

まとめ:仮想通貨の保管は自己責任


インターネット上でネット銀行やネット証券、その他ポイントなどのやり取りをすることも多いと思いますが、この時のお金やポイントは、それらの運営会社が管理をしてくれるので、安心して使えますよね。
しかし、インターネットで使える仮想通貨は、どこかが管理してくれているわけではないので、自分でウォレットを作り、自分の責任で保管しなければいけません。
送金などをするとき、銀行ならミスをしても戻してもらえます。仮想通貨では送金してしまったらそれで終わりです。十分確認して送金作業をしないといけません。ウォレットに保管する時には秘密鍵やパスワードが必要になります。これが外部に知られない限り資産は守られることになりますが、本人が忘れてしまったら大変です。パスワードも忘れないよう管理をする必要がありますね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です