ブロックチェーンって何?仕組みや用途を徹底解説!

最近話題の仮想通貨ですが、調べてみると専門用語も多くて、内容がよく飲み込めなかったと言う場合もあるかも知れません。興味があって、チャレンジしてみたいと言う場合は、よく分からないままに見切り発車するのは避けたいもの。このサイトでは仮想通貨のことについて、いろいろな角度から紹介しているので、参考にしてみてください。今回は仮想通貨の根幹をなすテクノロジーである、ブロックチェーンについて解説していきたいと思います。

ブロックチェーンとは?


ブロックチェーンはデータ管理のあり方を変えた、画期的な概念です。かつてのようにデータをサーバーシステムで一元管理するのではなく、ピアツーピア・ネットワークで分散管理する点に特徴があります。仮想通貨ではよく利用されていますが、今後は多彩な分野に応用が期待されている、先進的なテクノロジーです。

MEMO
ピアツーピア・ネットワーク(P2P)とは、中央管理者不在の分散ネットワークのことを言います。

ブロックチェーンの仕組みについて

まず、「ブロック」とは一定期間内の取引の塊のことを指し、「チェーン」はブロックが1つ1つつながっている事を指します。
例えば、お金を送金すると送り主が支払った金額の情報と、それを受け取る側の情報が、それぞれのトランザクションに保管されるわけです。このようにしておくと、発行された仮想通貨がどのような経緯で、末端のユーザーまで運ばれていったのかを確認できます。もしも末端のユーザーがあるトランザクションを悪意で消去したとしても、他のユーザーが保持しているトランザクションがあるので、全体的なデータは保全されるという仕組みです。
ブロックチェーンの仕組みは、簡単に言うと「みんなで共有できる台帳」ということです。

MEMO
トランザクションとは、処理単位のことを言い、「分割できない一連の流れ」を意味する言葉です。

何に使うのか?


この画期的なシステムは、様々な場面で活用することができます。

決済

支払いの決済システムにはよく用いられ、今では欠かせないと言えるでしょう。多くの仮想通貨がこのシステムか、その派生型で決済情報を管理し、運用しています。

証明

公の証明システムや本人証明の新たな手段としてなどとしても、活躍の場は広がりつつあるようです。

契約

スマートコントラクトと言う言葉をご存知でしょうか?「契約の自動化」と言う意味であり、その名の通り契約を自動的に実行することができる仕組みのことです。ブロックチェーン上でこのスマートコントラクトを利用すると、不正防止やコスト削減、決算期間の短縮に有効とされています。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンにはパブリック型とプライベート型があります。この両者の違いは、誰が取引データの運用を行うのかと言う点です。
パブリックチェーンでは広く、不特定多数のユーザーが参加して取引情報を運営していきます。これは多くの人が認証や、データの管理に携わることになるので、改竄に強い分散管理のメリットが活かされやすいです。
逆にプライベート型は、管理する者を限定する形で運営していきます。これによってデータ管理に携わる者も限定され、処理の高速化や取引データの扱い方法などで、メリットを得ることが可能です。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの画期的な仕組みによって、今後私たちの生活は大きく変化していく可能性があります。ブロックチェーンを活用することで得られるメリットは、以下の通りです(^^)

分散型社会への変化

ブロックチェーンは、中央集権の社会を変化させるようなシステムであると、言われることがあります。現在の国家のあり方は、権力の分立は行われていますが、それでも行政の肥大化に言われるように、一部の組織や機関の影響力は小さくなく、増している傾向すらあるようです。
これに対して説明されるのが、ブロックチェーンがもたらす分散型社会です。このシステムでは、圧倒的な権力を誇る管理者の存在は、テクノロジー的には必要ありません。例えば日本円のように日銀総裁のさじ加減で、価値が左右するような権力の集中を避けられることになります。このことから考えると、通貨危機で困ったことになっている国などでは、世界中で活用できる仮想通貨のほうが、安定性が確保されるような可能性も無くはないでしょう。

海外送金の迅速化・低コスト化

海外送金の迅速化、低コスト化もブロックチェーンに期待されています。これは割りと早期の段階で着目されていた効果で、今では大手銀行で取り組みが具体化しているケースもあるようです。海外では送金だけではなく、商業取引の契約認証などにも応用が進んでいますから、近い将来、グローバル・ビジネスの概念が塗り替えられるかも知れません。

データの改ざん防止

ブロックチェーンではデータの改ざんが極めて困難な点も、大きなメリットです。この情報保全能力があるからこそ、日本を代表するような大手銀行が、活用に取り組んでいるのでしょう。改竄が困難あるいは不可能とされる理由は、先程紹介したデータの保管方法にあります。取引データの集まりがブロックなのですが、そのブロックにはヘッダ情報が付与されており、これが強固な改ざん防止機能を有しているのです。一つのブロックを改竄するには、他のブロックのヘッダから与えられた鍵となる情報を解き明かす必要がありますが、これが事実上、果てしなく難しいためにセキュリティー性が強固になっています。

ブロックチェーンの課題


ブロックチェーンは分散処理を行うのがネックとなり、リアルタイムの決済が行えないと言う課題があります。これはそのまま処理速度の低下に繋がっているので、開発者が改善を急いでいるポイントです。近頃では処理速度を向上したタイプのブロックチェーンも登場しており、この点については対応が進んでいます。
一方で大きな課題となっているのが、ブロックサイズに関する問題です。実はブロックサイズには限界があり、当初予定されていた容量からオーバーフローすると、信頼性が崩壊するリスクが問題視されて来ました。取引量が多くなりすぎて、ブロックにデータを格納しきれず、整合性が保てなくなる可能性があります。もちろん、こちらの方も解決策は考えられているので、現段階では致命的とは言えないでしょう。いずれにしろ、新しいテクノロジーやシステムは、最初は欠点が生じるもので、それを解消できるかどうかが大切と考えられます。

まとめ


現在、ブロックチェーンは仮想通貨で欠かせない存在となっていますが、運用されながら進化を続け、機能が強化された派生タイプも登場しています。金融とITの統合を目指すフィンテックの流れが加速しつつある中でも、このテクノロジーの重要性は高いと言えるでしょう。ブロックチェーンの将来性は、国内外から注目を集めており、何年か経てば一般的にお馴染みのシステムになるかも知れません(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です