スケーラビリティ問題とは?内容や解決方法をわかりやすく解説!

仮想通貨について調べていると、知らない単語や専門用語に出会うことが多いです。詳しい説明が多くなくて、いまいち意味がよく分からないということもあります。意味が分からないまま投資をしてしまっては、大切な資金を危険にさらしてしまう事に・・・(>_<) ここでは仮想通貨に関する言葉の意味を、できるだけ容易にわかりやすく説明していきます。 今回はビットコインの値動きにも影響し、ビットコインの分裂にも大きく影響するスケーラビリティ問題について解説していきます☆

スケーラビリティ問題とは?


ビットコインのブロックサイズがボトルネックになって、データ処理速度が遅くなることで送金に時間がかかってしまうことをスケーラビリティ問題といいます。1ブロックに書き込めるトランザクションの数が、決まっているからです。
ブロックチェーンのブロックには取引記録が書き込まれていくのですが、このブロックは10分間に1個ずつ生成されていきます。そして、このブロックに書き込める容量は1Mと決まっているため、データ処理速度が非常に遅くなっているのです。
今後世界中でビットコインが流通するようになると、取引量が増えるためデータの処理が追い付かなくなる可能性があります。

MEMO
トランザクションとは、取引記録や一連の処理単位を表す用語です。

まず知っておきたいブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは分散型取引台帳の一つです。そして、いくつかの取引をまとめたものをブロックと呼んでいます。ブロックをつなげていき台帳にするので、ブロックチェーンと呼ばれているのです。
ブロックチェーンはネットワーク上にしか存在せず、中央管理者は存在しません。過去の取引履歴は誰でも見ることができますが、改ざんすることはできなくなっています。不正や改ざんがないかどうかは、マイニングという膨大な計算量を必要とする技術によって証明されているのです。

MEMO
仮に改ざんが行われた場合はどうなるかというと、改ざんした所はいいのですが、その前後の取引が上手く処理できなくなってしまいます。その前後の取引が上手く処理できなければ、それは間違った取引として処理されて、改ざんはなかったことになるのです。改ざんした前後の連続した取引がしっかり証明できなければ、改ざんは不可能だということです。

解決方法


スケーラビリティ問題の解決方法としては以下の3つの方法があります。

ソフトフォーク
まずソフトフォークという解決方法です。ソフトフォークとは今までのものに新たな規則を加えて、アップグレードするやり方です。チェーンを永久的に分裂させるのではなく、一時的に分裂させたものを活用するのです。
まず、新たな検証規則のブロックを作成して承認します。そこに以前の検証規則で作られたブロックに新しく承認されたものをつなげるのです。これで新しいブロックと古いブロックが一時的につながります。この後に新しい検証規則で多数の人が検証を行っていくと、新しい基準が使われるようになるのです。

ハードフォーク
次にハードフォークですが、これは以前の検証規則をすべて無かったことにして、新しい検証規則を作り出します。ハードフォークは新しい通貨を作ることと同じ効果をもたらします。ハードフォーク前の通貨とハードフォーク後の通貨に互換性がないからです。

Segwit(セグウィット)
最後にSegwitですが、これはブロックあたりのトランザクションの大きさを小さくするという解決方法です。この解決方法はビットコインではすでに導入されていますが、恒久的な解決には至っていません。

まとめ:問題解決のため、ソフトフォーク実施の可能性も


スケーラビリティ問題を解決するためには、さまざまな解決策があります。ソフトフォーク、ハードフォーク、Segwitなどです。しかし、それぞれにデメリットもあるのです。問題解決のためにはデメリットがあることを承知で、解決策を実施することが必要かもしれません。現実的なのはスケーラビリティ問題を解決するソフトフォークを実施することですが、その可能性は少なくないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です