里帰り出産の費用はどれくらい?助成金を受け取る方法は?

「始めての出産は不安だし、里帰り出産にしよう。」と考える方も多いことでしょう。里帰り出産を決めた後は、里帰り出産をする場合いくらかかるのか費用面が気になるところです。実際に里帰り出産をすると、予想外の出費が出るものです。そこで今回は里帰り出産にかかる費用や、必要な手続き、体験談をまとめました。里帰り出産を希望している方や、迷っている方はぜひこちらを参考にしてください。

そもそも里帰り出産って何?


里帰り出産とは、妊婦さんが一時的に実家に帰り、実家近くの病院などで出産することを言います。出産経験のある母親に、出産に関する不安の相談や、病院までついてきてもらったりと、特に初めての出産では心強いことも多いでしょう。また、出産後の産褥期に家事や育児の面で家族のサポートを受けることができる点もメリットとなります。旦那様の仕事が忙しくなかなか家にいないなど、一人での出産、出産直後の育児が不安な人にはメリットが多いことでしょう。里帰り出産は実家の状況によっては難しい場合もあるので、里帰り出産を決める前に、実家へ里帰りしてもよいか早めに確認しましょう。

里帰り出産っていくらかかる?出産費用の相場

出産自体にかかる費用は、地域や病院によって異なるものの、健康保険に加入している場合に利用できる出産一時金の42万円を差し引くと実費負担は数万円の場合が多いです。ただし、出産費用が高い都心と地方では10万円以上の差がでることもありますので、出産を希望する病院へ事前の確認がおすすめです。妊娠後半の検診は地元の病院で行うことになりますが、検診の補助券が利用できず、基本的に一旦実費で支払うことになります。ただし、産後に住民票のある自治体に届け出ると、検診にかかった費用は還付されますので忘れずに申告しましょう。そして、出産費用とは別に、入院時に必要な産褥ショーツや産褥パッド、前開きのパジャマなどに2~3万円程度かかります。病院によっては出産費用に含めて用意してくれる場合があるので、事前に自分でどこまで準備が必要か病院に確認しましょう。

里帰り出産となると、実家へ帰省する場合の交通費、実家での生活費やお礼、出産後に実家で使用するベビーグッズ、地元の友人との交際費、何かトラブルがあればさらに費用はかかります。交通費は自宅から実家までの距離によりますが、出産を希望する病院によっては、本格的に里帰りするまでに何度か検診を受けなくてはならない場合もあり、その場合は都度交通費がかかります。実家での生活費は1か月あたり2~3万円を目安に渡す場合が多いようです。また、生活費とは別にお世話になったお礼として5~10万円程渡す場合もあります。ベビーグッズは価格に幅があるので一概には言えませんが、全て購入して揃えるとなると10万円以上かかると思って準備しておいたほうがよいでしょう。もし、お下がりやレンタルが利用できる場合は、上手に利用して出費を抑えましょう。

事前に把握しておこう!里帰り出産で必要な手続き


里帰り出産で必要な手続きとして、まず出産を希望する病院に分娩予約を行う必要があります。電話のみで里帰り出産を受け入れてくれる病院や、予約前に診察が必要な病院と様々なケースがあります。予約がいっぱいで受け入れができないと断られる場合もあるので、出産を希望する病院が決まったら早めに確認しましょう。分娩予約には、里帰りするまでに通う病院で発行してもらう紹介状が必要になります。紹介状の発行に1,000円~5,000円程かかりますので準備しておきましょう。

里帰り出産~助成金の申請について~


出産、育児には様々な助成金があり、利用するには申請が必要となります。里帰り先ではできない申請もありますので事前に確認しておきましょう。妊娠検診費用の還付請求は、産後住んでいる地域の自治体に申請します。申請の際は、母子手帳・健診費用の領収書・使っていない妊婦健診の助成券・還付金の振込先となる通帳を持っていきましょう。

出産育児一時金って何?申請方法や貰える金額などを解説します!

出産育児一時金は、里帰り出産でも、直接支払い制度を利用できます。入院中の書類記入で手続きは完了し、高額な医療費を病院の窓口で支払う必要はありません。ただし、直接支払い制度を利用しない、または利用できない病院の場合は、一旦分娩費用・入院費用を全額支払い、その後に各保険組合への申請が必要です。申請期日は、出産翌日から2年間です。申請する場合の持ち物は、出産育児金支給申請書・母子手帳・病院から発行された領収書・健康保険証・印鑑・一時金の振込先となる通帳です。

妊娠発覚!仕事はどうする?妊娠中・出産後に貰える給付金などをご紹介します!
育児休業給付金って何?申請方法や貰える金額などを解説します!

産休中の場合は出産手当金の申請が可能です。申請書に出産した病院の医師のサインが必要になるので、申請する場合は注意しましょう。他には、児童手当、乳幼児医療費助成があります。どちらも住民票のある市町村区の役場に申請する必要があります。児童手当は出生日翌日から15日を過ぎてしまうと、1か月分の児童手当を受け取ることができなくなります。出生届が受理されたら早めに申請しましょう。児童手当の申請には、申請書・印鑑・請求者名義の銀行口座が分かる物・請求者の健康保険証のコピー・所得証明書(必要な方のみ)が必要です。乳幼児医療費助成は子供の医療費を一部~全額助成してくれます。子どもの健康保険証が発行されたら早めに申請しましょう。申請時は子どもの健康保険証のコピー・申請者の印鑑・所得証明書(必要な方のみ)が必要です。住民票のある市町村区の役場に届け出が必要なものは、旦那様にお願いしましょう。

ココに気を付けて!里帰り出産の注意点


里帰り出産はメリットも多いですが、注意点もあります。里帰り出産は短くて2か月、長いと4か月ほど自宅を空けることになります。留守にする間の家のことや、出産後の各種手続きについて事前に旦那様と話し合っておきましょう。離れているとなかなか話すタイミングがなく、出産後は慣れない育児で、手続きに関して夫婦で話すどころではない場合が多いです。出産後にギスギスしないためにも余裕を持って準備しておきましょう。また、実家が居心地がよいからといって長い期間里帰りするのはおすすめできません。男性は父親と実感するまでに時間がかかる場合が多いです。産後体調が悪い場合は別ですが、子どもの1か月検診が終わったら早めに自宅に戻り、旦那様にも育児に参加してもらいましょう。

里帰り出産の体験談

最後に、里帰り出産の体験談をお話したいと思います。妊娠した時に漠然と里帰り出産したいとは考えていました。そこから自分なりに里帰り出産について調べ、準備をすすめました。実家が遠方のため、ベビーグッズはほとんど里帰り先で準備し、自宅へ戻る時には宅急便で送ることにしました。また、なるべく子ども用の物を購入するのではなく、大人用で間に合うものはそのまま利用し費用を抑え、お下がりもいただいたので、ベビーグッズにかかった総額は4~5万円ほどでした。当初、2か月の里帰り予定でしたが、初めての育児への不安と家族の希望もあり、結局3か月里帰りしました。里帰り中、旦那様と連絡をなるべく取るようにしていましたが、「なかなか実感がわかない。」との言葉もあり、今思えばもっと早く自宅に帰って一緒に育児をしたほうが良かったとも思います。ただ、陣痛が始まったときに実家で破水していたので、家族に付き添ってもらえたのは助かりました。里帰り出産は住んでいる地域での出産より、準備や費用が余計にかかる場合もありますが、安心感もあります。それぞれ事情や環境も異なりますが、里帰り出産のメリット、デメリットを参考に、リラックスして出産できる選択をしてもらえたらと思います。

先輩ママに聞いた!里帰り出産のメリット&デメリット

【メリット】
・お料理・洗濯等の家事全般を全部親がやってくれるから、楽。
・妊娠中、旦那が飲み会などで遅くに帰ってくるストレスを毎日感じなくてよい(笑)
・子育てと療養に集中できる。
・あやし方がわからないとき、母親が頼りになる。

【デメリット】
・旦那さんがすぐ来れないから寂しい。
・実家とはいえ、一度家を出て生活習慣が変わっているため、実家のルールに合わせるのがしんどい。(お父さんが帰ってくるまで夕食はまだ、とか、○時には寝なさいとか)
・母親の時の子育てと違うから、やり方がぶつかることもあってストレスになることもある。(おむつは布が良いだとか、ミルクは足さないほうが良いのじゃないかなど)
・産んですぐ、子供が医療機関にかかると、自費になってその後の手続き面倒。

東京在住ですが、初めての出産の時期には埼玉の実家に戻りました。一番のメリットはやはり、頼もしい母がいてくれることでした。東京に住んでいると車も持たないため、実家なら産気付いたときに車を出してもらえたのも安心でした。デメリットとしては、旦那がすぐに駆けつけられなかったことです。「里帰りでも、出産には立ち会いたい」と言っていたのですが、連絡がスムーズにいかなかったことや、お産が予想よりずっと早く進んだことから、旦那が来られたのは出産後でした。

メリットはやはり実家に自分の親がいたりと経験豊富な人がそばにいてくれたり、いざ出産となるときの交通手段などの心配が軽減されて安心が大きいというところだと思います。一人での準備や産後すぐはじまる育児にも助けがすぐそばにあり自分の睡眠や食事なども里帰りによりゆっくりとることができ長いこれからの生活にはあってよい時間をすごせると思います。デメリットはやはり主人一人の生活で家の家事が滞り汚くなってしまったり、子供のいる生活にはいる準備が遅れてしまうこと、また里帰り生活の気楽さに自分が甘えてしまいまた忙しい日常に帰るのがおっくうになってしまうことです。病院も新たになりなにか病気などあったときの心配も気になります。

里帰り出産のメリットは、困った時にいつでも心強い助っ人(私の場合は母親)がいることです。お腹がすくころには栄養満点のご飯を用意してくれ、必要なものはすぐ買い出しに行ってくれました。哺乳瓶の煮沸や、洗濯までもしてくれて、私が寝不足の時は赤ちゃんの面倒も見てくれました。私は地元から遠く離れた他県にお嫁に行ったので、里帰りしなかった場合は自分の夫(仕事が忙しい)しか頼れる人がいませんでした。実家の母のサポートは、とてもありがたかったです。反対にデメリットは、生後1ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんを連れて実家に帰るのが大変だということです。移動距離が短ければいいのですが、我が家の場合は車で3時間半程かかりました。赤ちゃんはあまり揺らしてはダメというきまりもあり、帰宅中は気持ちもピリピリ。移動途中のおむつ変えや、泣き出したときなどは非常に慌てて、通常よりも時間がかかり、とても疲れました。

初産の時、出血量が多くて体力の回復に時間がかかりました。日常生活どころか寝起きもままならないくらいの息切れや疲労感で苦しんだので、里帰りで両親の協力がなかったらとてもじゃないけど新生児のお世話はできなかったと思います。里帰りのメリットは、不測の事態に人の手を借りられる事だと思います。不測の事態は誰にでも起こりえますし、自分が動けなくても赤ちゃんは待ってくれないので、里帰りして親の手を借りられるならそうした方が安心だと思います。

里帰り出産のメリットは、家事をしないで休めることです。産後の体はボロボロなので休養が大事だと思います。2人目を出産した時は里帰りせず、意外と大丈夫だと思って家事をしていたら1ヶ月も悪露が止まりませんでした。その後も生理不順が長く続きました。1人目は里帰り出産で、家事を全くせず赤ちゃんの世話と自分のことしかしないで休んでいたら、悪露は1週間もせずに止まり、生理が再開してもすぐに安定しました。また、赤ちゃんの世話に疲れたときも親兄弟の人手があるので任せて休めたのが大きいと思います。デメリットは実家とのすり合わせだと思います。子供の頃からずっと一緒にいたとはいえ久しぶりに親や兄弟と暮らすのは、独立していた数年間分のギャップがあって気を使いました。

里帰り出産を一言であらわすと「体はとっても楽、メンタルはわりとハード」です。自分が育児以外何もできなくても食事は3食提供されますし、掃除洗濯もお任せ。母乳育児をお考えの方なら、体の疲れが母乳の出に関わってきますのでかなり助かります。ですが問題はジェネレーションギャップ。前時代の子育てを経験している母や祖母などから古い育児知識のアドバイスを聞くことになります。「赤ちゃんが泣くたびに抱っこしていたら抱き癖がつくよ」などと度々言われるとストレスはかなりのものに…。割り切って聞き流せる方なら里帰り出産はおすすめです。

妊娠が分かった頃に里帰り出産をすると決めていました。理由は、主人の帰りが遅いことと、第一子だったため頼れる人がいる方が安心だと思ったからです。私は、妊娠9ヶ月の時に里帰りをしました。事前に準備していたものは主人に届けてもらい、不足分は出産前に準備しました。また、両親が共働きであったため、一人の時に陣痛が来てもいいように近くの陣痛タクシーを調べておきました。実際出産してからは、両親のおかげで家事の心配をすることなく育児に専念でき、里帰りして良かったと思っています。また、育児を分散でき負担が減ったことと、分からない時すぐに頼れる人がいたので精神的にも支えられました。ただ、その反面、子供の夜泣きで両親を起こしてしまうのではないかと気を遣ったり、自宅に戻ってから家事と育児のペースを掴むのに大変苦労しました。皆さんそれぞれの事情があると思いますので、自分に一番合った方法で我が子を迎えてくださいね。

メリットはやはり、家事を自分の母親がすべてしてくれるので、赤ちゃんのお世話に集中できることです。特に初めての出産の場合、自分の出産のの身体の傷を癒しながら赤ちゃんの慣れないお世話に必死になります。家事のことは何も考えないでいいことは、かなり精神的にも身体的にも助かりました。しかしデメリットとしては、やはり赤ちゃんを見に家族が代わる代わる部屋に立ち入ってくるために、ゆっくり休むことができませんでした。

育児の先輩である母親がいてくれることが、何より心強かったです。両親ともにまだ仕事をしていましたが、それでも家事全般を任せられることもとても助かりました。デメリットとしては、父親とのふれあいが足りなくなるので、父親としての自覚が育ちにくい点ではありますが、里帰りから帰ってからでもリカバリー可能かな、と思いました。また、妊娠中・出産後のピリピリしているときに同居の祖母から口うるさく言われることもありイライラすることもありましたが、やはり家事をやってもらえるありがたさが勝ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です