妊娠発覚!気を付けるべき報告のタイミングとポイント

妊娠報告を成功させるなら、タイミングとポイントを見極めることが重要です。喜ばしい出来事を一緒に共有するなら、相手の立場に立って考えると良いでしょう。妊娠を報告する相手には旦那と家族、友人と職場の上司同僚がいます。妊娠報告のベストなタイミングや報告の仕方、報告する手段や気を付けると良い点などを、旦那と話し合って決めておきましょう。人間関係をスムーズに進めるためにも、計画的に行った方が相手も自分も気持ちが良いです。

妊娠発覚!報告するベストなタイミングとは??

旦那は一番に喜びを分かち合いたい相手なので、妊娠検査薬で陽性反応が出た時や、産婦人科で診断された時に報告するのがベストです。サプライズで驚かせたいなら、相手が驚くようなタイミングで妊娠検査薬を見せたり、エコー写真をさりげなく置いたりするなど、様々な方法があります。ただ妊娠を知った旦那は早く皆に知らせたいという気持ちも強いので、安定期に入るまでは安心できないと伝えて、一旦待ってもらうのが良いでしょう。その後は2人でよく話し合い、誰にどのタイミングで伝えるのか相談して決めましょう。

友人へ報告する場合は、関係に応じた方法を選択します。最近出産した友人や妊娠中の友人なら、妊娠が分かった直後に報告するのがベストです。つわりや出産に関する悩みを聞けるので、今後相談に乗ってもらうためにも早い報告が良いでしょう。子育て中の友人なら、安定期に入り余裕が出てきてから報告するのがベストです。すでに子育てしている方の話は全てが実体験なので、とても参考になり心強い存在となります。ただし不妊治療中の友人には安定期に入ってから報告するのが良いでしょう。気遣いさせないこと、話を長引かせないことなどを、気を付けなくてはならないので、心身ともに良い状態の時に報告するのがベストです。職場への報告は流産しにくい10週目を目安に行います。事前に約束を取り付けて、朝ゆっくりと話せる時間を設けてもらいましょう。また妊娠中は何が起こるか分かりません。切迫早産などのトラブルが起きないとも限らず、その場合は長期休暇を取ることになるので職場の理解を得る必要があります。そして妊娠の週数や体調についても報告しましょう。症状を伝えることで周りへの配慮もしてくれる可能性があるため、正直に伝えます。通勤が大変な場合は、出勤時間の調整や勤務時間の短縮について相談すると良いでしょう。自分の家族と相手の家族への報告は、悩みどころの一つでもありますが、自分の家族と相手の家族では対応が異なる場合もあります。一先輩として実母からアドバイスを受けたいと考える方は、妊娠判明直後に報告する場合もあります。また相手の家族に対しては、不安をかけないように配慮した結果、安定期に入ってからの報告となる場合もあります。これらのことを踏まえて、家族への報告で最もベストなタイミングは妊娠2ヶ月です。

どうしよう、、彼氏への妊娠報告!?

自らの体に生命が宿ることは喜ばしいことですが、結婚の約束もしていない彼氏に報告するのは気が引けると考える女性も多くいます。けれどもいつまでも妊娠の事実を告げないわけにはいかないので、勇気を振り絞って報告しましょう。彼氏に妊娠の報告をするなら、なるべく早いタイミングが良いです。もし中絶を選択する場合、早い方が赤ちゃんや母体にとって良いからです。また彼氏に結婚の意思があり、一緒に育てていくと決意が固まったなら、赤ちゃんを向かい入れる準備が必要になるので、報告は早い方が良いです。報告の仕方は妊娠検査薬の陽性反応を見せながら、妊娠したとストレートに告げるのがベストです。

スムーズに妊娠を報告する方法とは!?

旦那は一番最初に伝える相手なので、置かれた状況によって異なります。同じ部屋にいる時なら妊娠検査薬の陽性反応を見せたり、口頭で伝えます。サプライズで報告するならエコー写真を見せたり、さりげなくパパと呼んでみるのも良いです。出張中で自宅に居ない場合は、電話やメールで伝える方法もありますが、互いの顔を見ながら話せるテレビ電話の方が喜びを分かち合えます。
友人への報告は直接会って話すのも、メールや電話で伝えるのもどちらでも良いです。関係性に応じて判断すると良く、仲の良いグループがあるなら、同じタイミングで報告するのも良いでしょう。妊娠中や出産経験のある友人がいるなら、報告するついでに悩んだ時は相談に乗ってほしい旨を伝えておくと安心です。
職場の場合は上司と同僚で対応が異なります。直属の上司へ報告する場合は、時間に余裕を持ってゆっくりと伝えることが大事です。報告の際には体調や今後の仕事について話し合う必要があるため、別室で報告します。その場では他の方への報告も相談します。そして他の方へ伝える場合は、勤務時間外なので仕事が終わってから報告をします。
家族は旦那と同様に待望の赤ちゃんを待ち望んでいた人達なので、直接会って報告するのが礼儀です。ただし遠方に住んでいて気軽に行けない距離なら、電話で報告を済ませる方法もあります。親以外の家族も直接会って報告するのが良いですが、なかなか会えない場合は電話やメールで報告します。

ちょっと気まずい妊娠報告、、私はこうして乗り切った!

その日は休日で、自宅でゆっくりとまどろんでいた時に、ふとカレンダーを見て生理が遅れていることに気づきました。そのことを旦那に伝えると、買い物に行くついでに妊娠検査薬を買ってこようという話になり、早速購入して調べてみたところ、本当に妊娠していました。旦那にそのことを伝えると驚いたのか、一言も発せず固まっていました。お互い同じタイミングで妊娠が判明したことで、喜びを分かち合うことができたし、待望の第一子だったので大喜びしました。自分の家族と旦那の家族には、妊娠2ヶ月の時に報告しました。2人揃ってそれぞれの実家へ行き直接報告すると、驚いた後にとびきりの笑顔で喜んでくれて、その後も色々なサポートをしてくれたのが嬉しかったです。

気遣いは大切!妊娠報告の注意点

妊娠報告の際に気を付けると良いポイントは4つあります。まずは報告する順番ですが、相手がいるのでよく話し合うことが大切です。家族や友人、職場のどの順番で伝えるのが良いのか、しっかりと話し合いましょう。次に報告するタイミングですが、妊娠初期は妊婦にとってデリケートな時期なので避け、安定期を目安に報告するのがベストです。また妊娠報告は本来喜ばしいことですが、伝える相手によっては負担になることもあります。特に不妊治療中の方や流産を経験した方には、人一倍気遣いが必要なので気を付けましょう。最後はSNSでの妊娠報告です。交流サイトであるため色々な人達が見れるのが利点ですが、その一方で目にした方の中には不快に感じる場合もあります。そのためなるべくSNSでの報告は避けた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です