憧れの海外出産!費用やメリット・デメリットを徹底分析!

「海外出産」と聞くと、お洒落で憧れる方もいると思います。慣れない海外で出産するのには、どのような理由があるのでしょうか。そこで、海外出産のメリットやデメリット、出産費用の相場についてご紹介します。また、海外旅行中に産気づく可能性があるのをご存知ですか。海外旅行での注意点なども含めてご説明しますので、参考にしてみてください。

海外出産費用はバカ高い!?相場はいくら?


日本の出産費用の相場は、約50万円程度です。出産は自費になるため病院ごとに値段が異なります。出産一時金の約42万円を受け取れば、自己負担額は約8万円程度です。フランスも日本と同じくらいで約40万円~50万円程度になります。韓国の出産費用は約10万円です。アメリカの出産費用は世界の中でも高く、約100万円~150万円と言われています。ハワイもアメリカなので、約100万円前後です。

ココが凄い!海外出産のメリット☆


海外出産のメリットの一つ目が、生まれた赤ちゃんがその国の国籍を取得できることです。例えば、アメリカで出産してアメリカ国籍を取得すればアメリカの滞在が自由にできます。ビザがなくても長期滞在できるのです。アメリカでの教育を18歳まで無料で受けられ、各種社会サービスなども充実しています。メリットの二つ目が、ハイレベルな医療が受けられることです。海外の医療が発展した病院なら、医師や助産師のレベルも高いと言われています。さらに、夫が海外勤務をしている場合は、長期休みを取らなくてもいいことがメリットです。日本で出産する場合には、海外勤務の長期休暇を取るもしくは立ち合いをしないかを決めなくてはなりません。そこで、妊婦である妻が海外に行けば、一緒に出産を経験できるのです。

保険適用ある?海外出産の不安

海外に駐在中の人やその家族が出産した場合は、日本の健康保険が適用されます。日本の健康保険の範囲内の治療なら、海外療養費の払い戻しが受けられるのです。帝王切開などの異常分娩でも保険診療対象として認められます。出産育児一時金も産後2年なら申請可能です。海外へ一時的に渡航して出産する場合は、基本的に全て自費になります。民間の海外旅行保険では、出産に関することは対象外です。しかし、国民健康保険の加入者が1年以内の短期渡航する場合は、海外療養費制度があります。日本の国民健康保険が適用される範囲なら、帰国後に海外療養費の請求が可能です。ただし、海外出産だけを目的にしている場合は対象外になる可能性があるので注意しましょう。国際結婚をして相手の国で住む場合は、海外の医療制度に基づいて出産します。しかし、本人が日本の健康保険を任意継続している場合や退職後6ヶ月以内なら、海外療養費の申請が可能です。

気を付けて!海外出産のデメリット


海外出産のデメリットは、現地の言葉や文化を合わせなくてはならないことです。海外で使われる言語を知っていないと、コミュニケーション不足や言いたい内容が伝わらない心配があります。費用も日本とは異なるため、高額になる国で出産する場合は準備しておかなければなりません。夫のビザのステータスや国籍でも変わりますが、アメリカで出産する場合は100万円~300万円程度は考えておきましょう。また、赤ちゃんが未熟児だった場合は、長期入院をしなくてはならず滞在期間が長引く可能性があります。保育器に入っている期間の入院費も高額です。臨月で飛行機に乗る場合は医師の許可が必要ですが、海外に行く場合はもっと前から行かなくてはなりません。よって、海外渡航費には飛行機代だけでなくホテルなどの長期滞在費も必要になるのです。さらに、赤ちゃんの祖父母にあたる夫婦の親は、海外出産に同行しない場合が多いでしょう。よって、祖父母と赤ちゃんの顔合わせが遅れるのもデメリットです。

妊娠中の海外旅行の注意点


海外旅行中に産気づいてしまうと、保険が適用されず多くの出産費用が掛かってしまいます。未熟児で生まれて入院が長引くと、数千万円を請求される可能性もあるのです。よって、妊娠中に海外へ行く場合は安定期にしておきましょう。安定期でも大丈夫とは言えませんが、病院に運ばれる確率は下がります。海外旅行傷害保険などの加入も必要ですが、妊娠に関わることは対象外になるので注意しましょう。特約で妊娠に伴う場合でも補償対象になっている場合もあるので、確認してから加入するのが大切です。旅行中はなるべくゆったりとした服装を心掛け、飛行機でも動きやすい席にすると安心でしょう。また、感染症が流行っている地域では予防接種が必要です。妊娠中に予防接種はなるべく控えたいので、そのような地域は避けるといいかもしれません。

結局、国内出産・海外出産どっちがいいの?


国内出産と海外出産では、何を優先させるかでどちらがいいか変わってきます。言語や環境の安心感が欲しいなら国内出産になるでしょう。海外出産は、子供の将来的な選択肢を増やせます。多国籍を持たせるため、教育や言語の幅を拡げるためという理由が多いのです。海外出産は命に関わることなので、費用だけでなく言語やサービスなど不安もあるでしょう。しかし、ハイレベルな医療機関が多く、満足した出産ができるかもしれません。よって、海外出産も選択肢の一つとして考えてみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です