妊娠発覚!仕事はどうする?妊娠中・出産後に貰える給付金などをご紹介します!

妊娠すると働けない期間の生活費について心配される方もいるでしょう。また、出産手当金や育児休暇金など気になることが多くなってきます。申請できるものはしっかり手続きするべきです。そこで、出産手当金について条件や計算方法、申請書類、手続き方法などについてご紹介します。妊娠して出産手当金の申請をする方は参考にしてみてください。

そもそも出産手当金って何?

出産手当金とは、産前や産後の女性に給付する手当金です。安心して仕事を休業できるように、金銭的に援助する目的があります。労働基準法でも産前産後の休む期間が定められているので、働けない間の所得補償をしているのです。

産休手当と育休手当の違いとは!?


産休手当とは、生まれる前後の所得補償として日給の約3分の2を支払う制度です。健康保険から支給され、出産予定日の42日前から産後56日まで支給されます。出産予定日と出産日が変わる可能性があるので、申請手続きができるのは産後からです。育休手当は、子供が1歳になるまでの収入を援助してくれる制度になります。月給の約半分の額を、育休として休んだ期間もらうことが可能です。よって、この2つは受給できる日数と金額が異なります。

私は貰えるかな?出産手当金の条件

出産手当金の対象は、勤務しているところが加入している健康保険の保険料を支払っている人と条件を満たした退職者です。正社員でなくても自分で保険料を支払っていれば契約社員やパート、アルバイトも支給されます。国民健康保険や家族の扶養は対象外です。出産で仕事を休み、会社から給料の支払いがないことを条件にしています。その他の条件として、4ヶ月以上妊娠していると支給対象です。よって、流産や死産などがあっても4ヶ月以上妊娠していれば受給できます。

出産手当金はいつからいつまで貰えるの?

出産手当金は、産前と産後で分けて計算しています。産前は出産予定日を含む42日間です。双子など多胎の場合は98日間認められています。産後は、出産翌日から56日間です。もし、出産予定日通りに生まれると産前産後を合わせて98日間受給できます。多胎の場合は、154日間です。予定日と異なる場合は、受給できる日数も変わることを知っておきましょう。早く生まれると受給日数は減り、遅くなると増えます。

いくら貰える?出産手当金の計算方法!


出産手当金の計算方法は「支給開始日より前の12ヶ月間の標準報酬月額の平均÷30×2/3」です。標準報酬月額とは毎月の基本給と各種手当、残業代、交通費などを含み、区切りの良い幅で分けた金額となっています。例えば、標準報酬月額が20万円なら「20万÷30×2/3」で日給は約4444円になるでしょう。出産予定日に生まれて98日分受給できれば、約4444円×98日間で約435512円となります。いくらもらえるかは、今までの報酬額と産前産後の日数で異なるので注意しましょう。

退職しても貰える!?出産手当金申請の裏技!

退職をしていても、出産手当金を受給できます。その条件の一つ目が、健康保険の支払期間が継続して1年以上あることです。二つ目が出産日または出産予定日から42日以内に退職していると対象になります。双子などの多胎の場合は98日以内に退職していれば可能です。三つ目は退職日に働いていないことになります。これらの条件を満たしていないと支払われないので、退職する場合は気を付けるといいでしょう。

出産手当金の申請って大変?必要書類はなに?


出産手当金の申請には「健康保険出産手当金支給申請書」が必要です。その他に勤務状況や賃金について記録された「事業主の証明」も用意します。これらは、会社や社会保険事務所に置いてあり、インターネットでダウンロードも可能です。その他に、振込先口座番号や健康保険証、印鑑、母子手帳が必要になります。役員になっていて出勤簿がない場合は「役員会議議事録」があるといいようです。

知っておこう!出産手当金の申請方法

出産手当金を申請するには、会社の健康保険担当と相談して申請書を取得することからです。勤務先にその申請書を提出して、必要箇所を書いてもらいます。勤務状況なども書くので、書類を受け取る日をあらかじめ決めておきましょう。もし、有給休暇で休みを長くする場合は、早めに書類をもらっておきます。入院した時に書類を提出して、医師にも必要事項を書いてもらいましょう。病院によっては、文書料が必要になります。申請書の提出は会社がしてくれる場合と、自分で保険事務所に提出する場合があるので、確認が必要です。申請後は、そのまま待っていれば数ヶ月後に伝えた口座に振り込まれます。
出産手当金は2年以内なら申請可能です。もし、申請手続きを忘れてしまった場合でも期間内なら受付してもらえます。仕事を再開した後でも2年以内なら申請できるので、健康保険担当者に相談してみましょう。

意外と遅い!?出産手当金の支給日はいつ?


出産手当金は申請してから約2週間から2ヶ月後に支給されます。すぐに口座へは振り込まれません。申請は産後56日を過ぎてからなので、実際に振り込まれるのは産後数ヶ月になるでしょう。よって、産休に入ってからと産後数ヶ月の生活資金は確保しておかなければなりません。あらかじめ出産手当金が振り込まれる時期を考え、それまでのお金を準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です