妊娠6カ月ってどんな時期?胎児の成長とママの体調変化

妊娠6ヶ月目!安定期に入ってお腹も膨らみ、腰痛が。。(>_<)今回は妊娠6ヶ月目に入ったマタニティママ(子供三人目!)が、下記3点

を中心にご紹介します☆性別も分かった洋服も用意したいな(*’ω’*)残りのマタニティライフも快適に過ごしましょう♪

妊娠6ヶ月目の赤ちゃんとママの体の変化


妊娠6ヶ月目の赤ちゃんはこの頃になると顔立ちもだんだんとハッキリしてきます☆うまくエコー写真に写れば「ココがママに似てる!」なんてわかることも(^^)赤ちゃんの大きさは25cm(20週目)~30cm(23週目)・体重は重さは210g(20週目)~730g(23週目)程に成長しているので、胎動もしっかり伝わり、まゆ毛やまつ毛なども生えてきてます♪と同時に赤ちゃんが大きくなっているのでママへの負担も↑UP。。むくみや腰痛が起こりやすくなります(>_<)

妊娠6ヶ月目に気を付ける事

妊娠6ヶ月目に特に気を付けたい事は以下の4点

  1. ママの体重の増加
  2. 妊娠線ケア
  3. むくみ
  4. こむら返り(足がつる)

【ママの体重の増加】

妊娠6ヶ月目では、ママの体重は1週間に0.3~0.5kg程度ずつ増えるのが適切なペース栄養を取るのは大事ですが、カロリー過多にならないよう気を付けましょう。

【妊娠線ケア】

お腹が急激に大きくなり始めるので、妊娠6ヶ月目頃からお腹周辺の保湿を特に心がけて、クリームやオイルなどでしっかり予防しましょう。

【むくみ】

冷えによる血液の循環不足や塩分の取りすぎなどにより、この時期は特にむくみやすくなります。できるだけ塩分を避け、利尿作用の高いお茶を温かいまま飲むと効果的です☆

【こむら返り(足がつる)】

足が攣る原因はいくつかありますが、ビタミン不足や運動不足が原因になる事が多いです。バランスのよい食事を心がけ、攣った時はひざを伸ばして、足の親指を手で持ち、そのままゆっくりと自分のほうに引き付けて、足の筋肉を伸ばし、痛みが和らぐまでキープ。。ふくらはぎをマッサージするなど血流を良くする対策を。

妊娠6ヶ月目に準備しておきたい事

  1. 入院セットを準備
  2. おっぱいマッサージを開始
  3. 赤ちゃんの名前を考え始める
  4. マタニティ気分をリフレッシュ
【入院セットを準備】


切迫早産などの可能性も考え、早めに入院の準備をしておきましょう。私は二人目の時に33週で切迫早産で緊急入院しましたが(以前から切迫早産の薬を処方されていたので)事前に入院セットを準備していて助かりました(^_^;)

入院で必要な物

  • 前開きのパジャマ:2~3組
  • 産褥ショーツ:3枚くらい
  • 産褥パッド:2パックくらい
  • 授乳用ブラジャー:3枚くらい
  • 骨盤ベルト
  • 薄手のカーディガン
  • 母乳パッド
  • 洗面用具(歯みがきセットやタオルなど)
  • 化粧品
  • メガネやコンタクトレンズ
  • 靴下
※産院で用意してくれている所もあるので、事前に確認しておきましょう。

退院時に必要な物

  • ベビーウェア
  • 赤ちゃんの肌着
  • おくるみ
  • 紙おむつ
  • ママの退院用の服
  • 分娩・入院費用
  • チャイルドシート(車の場合)
※夏の出産では日よけ(日傘など)、冬の出産では厚手のおくるみなどがあると便利です。

【おっぱいマッサージを開始】

おなかが張っているときはNG!ですが、妊娠中から乳頭のお手入れを始めておくと、産後の母乳の出がスムーズになります。

【赤ちゃんの名前を考え始める】

まだまだ時間はありますが、名前の候補などを出して夫婦で話しておくといいでしょう(*^_^*)

【マタニティ気分をリフレッシュ】


プチ旅行や外出などは、わりかし安定したこの時期がオススメ!友人とランチなどで息抜きをしながらマタニティ生活を楽しみましょう☆念のため外出時は母子手帳の携帯を忘れずに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です