お正月に義実家に行きたくない!泊まりたくない!場合の回避方法とは?

年末が近づくと、憂鬱な気分になってくる理由が「お正月の義実家への訪問」。お盆やお正月に夫婦または家族で義実家に泊まりで行くという方は多く、義両親も「泊まりで来るのが当たり前」だと考えている方が多いので、「正直行きたくないけど、断りにくい」と言う状況になってしまいますよね。

そこで今回は、お正月の義実家への泊まりを回避する方法をご紹介したいと思います。





義実家への泊まりを回避する方法

旦那だけで行ってもらう


義理の両親からしてみれば、自分の息子と孫にさえ会えれば満足である場合がほとんどなので、旦那と子供だけで義実家へ行ってもらえばいいのではないでしょうか?ただし、子供に関しては年齢によりますし、体調面が心配である場合はそれを理由に断るのが母親として正しい判断だと思います。
最近では休日に父親&子供の組み合わせでお出かけしている親子も多く見かけるので、父親&子供だけで義実家へ行くことにそれほど違和感もなく、すんなりと受け入れてくれる可能性があります。

お正月は旅行に出かける


年末年始の旅行は普段よりも料金が高いと言うデメリットがありますが、義実家が遠方でいずれにしても移動費がかかるのであれば、高い料金を払ってでも自分たちの好きな場所で好きなように過ごす方が有意義ですよね。
共働きの場合は「お正月しか2人の予定が合わない」と伝えると、理解してもらえるかもしれません。

仕事を入れる


職種にもよりますが、お正月もお仕事を入れてしまえば角が立たずに義実家への泊まりを断ることができます。年末年始に訪問したとしても「明日仕事なので」と、最悪でも泊まりは回避することができるのではないでしょうか?また、実際には仕事が入っていなくても、仕事のフリをして出かけてしまえば自由な時間を過ごせます。

義実家でペットを飼っている場合はアレルギーだということにする


義実家で犬や猫などのペットを飼っている場合は「動物アレルギーなんです」ということにして逃げることもできます。また、子供がまだ小さい場合は「噛まれたり、ひっかかれたりしないか心配」という理由も使えます。それでも強制的に泊まらせようとする強引な義両親も、中にはいるようですが・・・(;´・ω・)

きっぱりと「行きたくない」と伝える


一番シンプルで効果絶大なのが、旦那や義両親に「義実家に行きたくない」ことを伝えることです。義両親との仲がうまくいっている場合には言い出しにくいですが、すでに仲がうまくいっていないのであれば、きっぱりと伝えることであっさりとした付き合いができると思います。

ちなみに、私は元夫の実家へは5年間の結婚生活の中で一度も行ったことがありません。新幹線で数時間と遠方であることに加えて、「実家に来なさい」と言われれば言われるほど行きたくなくなり、結婚してちょうど1年頃に義両親に「行きたくありません」と伝えました。いい嫁のフリをして無理するよりも、本音を伝えてストレスを軽減する方が精神衛生上良いのではないかと思います。



お正月に義実家へ泊まりたくない!みんなが成功した方法とは?

休み中に実家に行くと必ず泊まりを求められます。頻繁に使う回避方法は、「具合が悪いから泊まれない」です。具合が悪いのは自分でも子どもでも良いのですが、義実家が問題ではなく、こちらの問題で、と伝えることで角が立たずに断れていると思います。最近使えるなと思った言い訳は、義実家に泊まると子どもの夜泣きがひどくて、子どもも私も眠れない、というものです。実際に泊まってみてそうだったので、お正月はこの言い訳で通そうと思っています。

仕事柄、年末年始の休みが元旦を含んで4日と短いため、「家族でまったりしたいから今年は帰りません」というのをやったことがあります。現在は子どもが生まれ、義実家のみんなも孫に会うのを楽しみにしているので帰ります。しかし、子どもの風邪や義実家が遠方といったことから、むしろ帰らないことの方が増えました。また私の実家が義理実家と近いのですが、実家の方には親戚の子どもがいないため、うちの子どもが風邪をひいている場合は旦那側の甥っ子姪っ子に風邪をうつしてはいけないという理由で私の実家に泊まって回避したこともあります。

 (一部の職種の方しか使えない方法ですが)自分はサービス業ですので、正月の三が日は全部シフトを入れました。休みを取ろうと思えば取れたのですが、ソコは秘密にしておいて、夫には「正月は人手が足りないから仕方がなかった」と言っています。彼は私の専業主婦時代から「家計のために働いて欲しい」と言い続けてきたのだから文句は言わせません。居場所のない義実家よりも働いていたほうが気が楽です(笑) 更に職場の上司にも感謝されました。
余談ですが、専業主婦時代に使って成功した方法は「子どもが病み上がり」「子どもが高校受験」の二つだけでした。

私の場合は、10年間ほどは隣町の義実家に家族(夫と子ども)と泊まっていました。私が転職し、元旦に仕事になったことをきっかけに、翌日仕事で早いので~・・ということで私だけ帰宅。それが3年ほど続きました。
それ以降は子どもたちも大きくなり、「自宅でゆっくり過ごしたいよね」と夫に直談判し、最近は大晦日の紅白をみてから帰宅する、というパターンに落ち着きました。子どもたちは泊まりたいような感じです。私は、おいしいごはんはたくさん食べられるけれど、おいしいごはんより自由を選びたい。なので、アドバイスとしては、「お正月に仕事があるので、残念だけど泊まれない」はいかがでしょうか。

私の場合は、どうしても明日までに用意しなければならない仕事があると断ります。
まず、最初と最後に全身全霊謝ります。あくまでも、相手を怒らせないように、下から下から言葉を選びます。
その仕事に成功すればキャリアアップに繋がり、昇給もあり、もっと生活が潤うし、旦那さんともっと旅行に行ったりできると説明します。極めつけは、旦那さんが欲しがってる何か高価なものを、何か特別なとき(結婚記念日とか)にプレゼントしたいと言ってみます。そうすれば案外納得してくれます。義両親には旦那さんからやんわりその旨を伝えてもらいます。

仕事を理由にします。研究職なので普段から実験をしています。そこで、実験の計画を立てたら、お正月休みも出勤しないと間に合わなくなった、他の人と交代でやるにしても、その部分はどうしても自分でやらないとだめなところがあって、帰省はできないということにします。実験用に育てている植物や動物の管理なども理由としては使えそうです。実際にやったことはありませんが、いざというときには切り札として「仕事」を使おうと思っています。

お正月に義実家へ止まりたくない場合、翌日に予定を作る、または予定があると嘘をつきます。例えば、翌日の朝から知人と初詣に行く予定があるので今日は帰らないといけないと伝えてはいかがでしょうか。
また、自分の実家が遠方の方の場合は、翌日に自分の実家に新年の挨拶にいかないといけない事を口実として義実家での宿泊をお断りします。
小さなお子さんがいる場合は、子どもの夜泣きがすごくひどくて、他の皆さんのご迷惑になるので今日は帰りますと伝えるのも一つの手段でしょう。

自分の嘘の体調不良を理由に断るのが1番スマートかなと考えます。夫にも怪しまれずに回避するためには、事前の準備が肝要となってきます。1週間ほど前から、咳をしてみたり、マスクを付けてどことなく元気がないように装います。日にちが間近になってきたところで、熱を計り(カイロなどで温めると温度調整ができます)、体調が悪いので夫のみで義実家に行ってもらうように頼めば、仲の悪い夫婦でない限り信用してもらえ、義実家への宿泊は回避できるでしょう。

日頃は主人も私も仕事が忙しいので、なかなか旅行へは行けません。なので、敢えて年末年始に旅行の予定を入れます。年末年始の旅行を毎年の定番にすれば良いのです。少し値段は高くなりますが、義実家や義親戚の集まりに行かなくてよいから良いや!と、そこは色々割り切っています。義実家には、普段は仕事が忙しくてお互い休みが合うのが年末年始だから旅行に行く!と言えば、さほど角も立たないかなと思います。毎年それを繰り返していると、それが当たり前になります。

子どもが生まれてからからは、子どもには申し訳ないと思いつつ、義理の実家に泊まらないことの言い訳に利用させてもらっています。義理の実家は雪国で、お正月の時期もとても寒いので、義理の両親には「子どもが風邪気味なので、体のことを考えて、今年はやめておきます。」などと伝えています。 他には「子どもが年末年始に旅行に行きたがっていて、早いうちに予約を入れてしまったので。」などという方法も使います。子どもというワードを使えば、義理の両親も渋々ですが理解してくれています。



義実家に行きたくない理由は?

義実家が遠い

移動に半日以上かかるような場所だと、それだけで憂鬱な気分になってしまいますよね。決して楽しいとは言えない義実家に、なぜわざわざお金も時間もかけて行かなければならないのか(>_<)特に、年末年始は新幹線や飛行機、道路などあらゆる交通手段が混み合うので、なおさら出かけたくないものです。

家の中が汚い・寒い

家の中が掃除されていなかったり、寒い地域にあることも、義実家に行きたくない理由の一つです。その環境の中で育った旦那にはわからない感覚なので、理由を言ってもなかなか理解してくれないかもしれません・・・。
数時間滞在するだけなら我慢できたとしても、「泊まりだけはどうしても無理」という場合も多いようです。

義両親が苦手

苦手な人達と数日間でも過ごすことは苦痛以外の何物でもないですよね。もし、義両親との仲が良ければ遠くても行くかもしれませんし、多少家の中が汚くても見過ごせるかもしれません(汚さの程度にもよりますが)。このケースの場合、旦那が義両親と奥さんの間に入ってうまく説得するべきなのですが、実際にそれができる旦那さんて少ないんですよね(;^ω^)

気を遣うので、くつろげない

自分の親であれば気兼ねなくゆっくりと過ごすことができますが、義両親とはいくら仲が良かったとしてもやはり気を遣ってしまいますよね。「料理を手伝わなきゃ」「洗い物をしなければ!」と常に気を遣わざるを得ない状況だと、くつろげるはずがありません。

嫌がらせをされる

一度でも嫌がらせをさせると、それがトラウマになって義実家に行くこと以前に義両親と会うことさえ嫌になってしまいますよね。しかも、嫌がらせをした側はすっかりそのことを忘れていることがほとんど。そこで旦那がこちら側の味方になってくれればいいのですが・・・。子離れ・親離れができていない旦那だと、期待するだけ無駄なんですよね。

まとめ

義両親の世代だと、「お正月は夫の実家に泊まる事が当たり前」だと考えている方が多いかもしれませんが、人によって許容範囲はそれぞれですので、無理して義両親に合わせる必要はないのでは?と思います。お断りする際は、なるべく角が立たないようにするのが一番ですが、強引な義両親である場合ははっきりと本音を伝えなければ通じません。すでに義実家への泊まりがお正月の恒例イベントになってしまっているおうちも、今年は思い切って断ってみてはいかがでしょうか?






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です