帝王切開は高額!?出産費用の相場と帝王切開体験談|д゚)

帝王切開は高額な手術だと思っていませんか?通常分娩では必要としない手術を受ける必要がありますし、入院する期間も長いことからこのようなイメージを持つ人がいても仕方ありませんが、実際は常に必ずしもそうというわけではありません。

この記事では、費用の相場、支給されるお金の種類、帝王切開になるケースなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。



帝王切開って保険適用?


帝王切開というのはメスでおなかと子宮を切開することで赤ちゃんを直接取り出すという出産方法のことです。そのため、健康保険が適用される医療行為に該当します。帝王切開になるとその手術費用が高いですし、入院日数も通常分娩よりも長いので、入院費用が多くかかります。

しかしながら、健康保険が適用されて膨大になった費用が3割負担で済みます。加入している保険によっては費用のほとんどが補償される人もいます。費用はあまり気にせずに安心して出産することが可能です。


帝王切開っていくらかかる?出産費用の相場

帝王切開費用の内訳は入院費用と出産費用に分かれます。出産費用は出産一時金として公費で支払われますので実費はほぼありません。しかしながら、帝王切開で出産するとなると手術、入院、手術、検査などの入院費用がかかります。

入院費用としては入院に関わるお金が100,000円程度で、帝王切開の手術費用が221,600円から245,200円です

帝王切開の手術費用は一律で決まっていて通常は221,600円なのですが、32週未満で早く出産するときには245,200円です。

もちろん、健康保険が適用されて自己負担は3割になりますので、入院代は30,000円程度、出産費用は70,000円前後になります。したがって、帝王切開にかかる費用は100,000円くらいが相場です。

通常分娩との違いは入院日数が3日程度長くなること、帝王切開の費用がプラスでかかるが分娩自体が保険適用になる事。トータルにすると普通分娩より割安になる事が多いようです。


普通分娩より割安になる!?帝王切開で出産した場合に受け取れるお金


必要な手続きを済ませれば帝王切開で出産した場合、もらえるお金があります。出産の種類にかかわらず出産すれば健康保険から出産育児一時金(42万円)が支給されます。

また、産休を取ったときに企業ではなく健康保険から出産手当金が支給されます。さらに、帝王切開の手術を受けたら医療保険の給付金があって、場合によって普通分娩よりも割安になる可能性もあります。

保険会社によって契約内容が異なりますので、できるだけ自分に有利なものを契約しておきましょう。それから、医療費控除の還付金の対象にもなります。医療費控除とは医療費が多くかかった人を対象に税金の優遇をするという制度です。

確定申告をしたら払い過ぎた税金が還付金として戻ってきます。ただし、医療費控除を受けるには確定申告は必須です。面倒くさくても医療費によっては数万円程度の還付金を受けられることもあります。


こんな場合は帝王切開になる!事前に知っておきたいこと


帝王切開になるケースというのはいくつもありますが、共通点は医師が通常分娩では出産することが困難だと判断することです。具体的にはそのまま出産すれば赤ちゃんやお母さんの身体に大きなリスクを伴うときです。

たとえば、双子や三つ子などの多胎妊娠、胎盤が子宮口を埋めた前置胎盤になっていること、赤ちゃんの足が下になっている逆子、帝王切開の出産経験があることなどです。これらのケースだと赤ちゃんが産道をうまく出てこれない可能性が高いです。

帝王切開という言葉を聞くと不安を感じる人もいますが、実際には多くのメリットがあります。手術のときには医師の管理の下で適切な出産が行われて安心安全が確保されていること、分娩時の痛みがないこと、分娩にかかる時間が30分から1時間程度と短いこと、保険適用対象になって自然分娩より出産費用が低くなる場合があることなどです。


先輩ママに聞いた!帝王切開体験談

帝王切開で一人男の子を産みました。陣痛がきたのは真夜中でそれから次のお昼頃まで陣痛が続きました。最初の陣痛よりもだんだん痛くなってきたので夜も眠れず体力的にも自然分娩は無理でした、初めての出産だったので、不安と恐怖でいっぱいでした。医師と私の判断で帝王切開での出産に取り組むよう進めて昼過ぎに手術の準備に入り、午後3時57分に無事産まれました。約1時間ほどの手術でしたが手術のあとの回復は大変でした。帝王切開にかかった費用は診察料等含め約30万ほどでした。

長男次男と2人とも帝王切開で出産しました。
長男は小さな町場の病院で、緊急帝王切開になってしまったため、補助の先生を近隣の大きな病院から呼ばなければならず、帝王切開に切り替えてから1時間以上かかり出産しました。個人病院だったので、費用は色々な国からの補助を抜き、窓口支払いが10万程度でした。次男は帝王切開で出産する事が妊娠初期から決まっていたので、手術開始から30分もかからずに出産しました。次男は大学病院で出産したため、差し引き窓口支払いは20万越えとなりました。

私は、25週目くらいからずっと逆子だったため、帝王切開の予定を組んでいました。そのため、38週目になって入院し、手術をするはずだったのですが、入院する3日前に突然破水してしまいました。逆子だったので羊水がすごい勢いで出てきてしまって、本当に焦りました。
病院に着いてから点滴などの処置をしてもらい、その後、緊急帝王切開にて出産しました。破水してからだいたい5時間くらいでした。帝王切開の手術自体は、本当にあっという間で、手術にとりかかってから30分もしないうちに生まれました。費用は、公立の病院だったことと、帝王切開で保険がきいたこともあり、全部で23万円でした。その当時は出産一時金が35万円で、事前に病院から直接支払ってもらう手続きをしていたこともあり、支払わずに済んだだけでなく、約12万円が返ってきました。今考えると、本当に安かったなと思います。



二人の子供たちは、みんな帝王切開で生まれてきました。1人めは、子宮口が開かず緊急帝王切開でしたので、説明やら同意書書きに一時間、そこから、点滴したりお着替えしたりが、一時間。手術室にいくまでが、時間がかかりました。手術室につくと、先生が、今からはじめるけど、麻酔きいてるから痛くないから大丈夫よーといい、手術開始。30ぷん後にはわが子と体面しました。費用は、私は非課税世帯でしたので、出産一時金で全部まかなえました

朝9時頃に病院に行き、生まれたのは午後3時です。費用は妊娠中の検査も合わせてセットで20万円くらいです。タイで出産したため安めです。最初は自然分娩の予定でしたが、子宮口が開きにくいということであれよあれよと帝王切開になってしまいました。タイはすぐに切ってしまえという文化なので。。抵抗したかったのですが、陣痛と言葉が通じにくく若干パニックになっており、医者も主人も切った方がいいという意見だったので、そのまま手術台に行きました。注射をしたらすぐに陣痛が止まったのが驚きでした。そしてあとはただ寝て待つだけ。痛みも何もなく、赤ちゃんが出てきました。そして顔よりも先に赤ちゃんのおまたを見せられて(女の子だと教えるため)、すぐに赤ちゃんはどこかへ連れていかれてしまいました。私は術後の痛みもなく、あまり大変ではありませんでした。盲腸の手術の時と似たような感じでした。

6年前、次男を帝王切開で出産しました。長男は自然分娩だったのですが、次男はお腹の中で横向きになってしまったため、へその緒が首に巻き付いてしまう恐れもあり、予定帝王切開での出産となりました。あらかじめ背中から麻酔をし、術後の痛みを軽減させる作業を含め、1時間半程だったと思われます。費用は保険がきいたので実質ゼロ円でした。帝王切開は普通分娩に比べて術後の入院日数が長くなるので、その部屋代だけ自己負担でした。

逆子だったので急遽、帝王切開になりました。生まれるまで12時間ほどかかり、入院期間は9日間です。退院時に支払った金額は約50万円でした。通常より長く入院することになり、回復の経過によっては入院が長引くようです。9日間の入院で無事に済んだので通常で終わってホッとしました。帝王切開での出産はかなり時間がかかった方で、普通分娩の予定でしたが逆子が治らず急遽、帝王切開になったので12時間の手術時間がトータルで必要になりました。



最初は陣痛誘発剤をつかって普通分娩の予定だったのですが、2日かけても生まれる気配がないので、帝王切開に切り替えました。手術自体は短いですが、準備と術後のケアを合わせて1時間くらいだったかと思います。私の場合は高い血圧がなかなか正常値に戻らなかったので、入院が8日間になってしまいました。そのため、その時の費用は高くて20万ほどでしたが、1日7000円の有料個室代と主人の食事代1日2000円込みなので、実質12~13万くらいだと思います。

私は切迫早産で3ヶ月入院していました。ベッドに寝たきりでしたが、お腹が張って4時間過ぎたときに本陣痛になり、急遽帝王切開になりました。そこから、手術室まで行き下半身麻酔をしました。だいたい麻酔がきいてくるのが10分程でした。それからは、あっという間でお腹を切開し、産まれてきました。切ったところを閉じてもらいました。出産にかかった時間は30分かからなかったです。費用は、医療助成制度を利用したのでかかっていません。出産時にくる42万円はだいたい2万円ほど残りました。

逆子の為計画分娩で出産しました。手術当日(手術開始は15時)の朝から入院の予定でしたが前日の23時あたりから陣痛が来てしまい深夜3時に緊急入院しました。病院に着いて即手術というわけではなく、お腹の張りを抑える点滴を打ち落ち着かせました。それ以降痛みはなく夕方の手術まで点滴をしてベットで横になって待ちました。15時になりまずは下半身麻酔をして麻酔が効いたことを確認してすぐに手術は始まりました。お腹にメスを入れてから10分程度で赤ちゃんが産まれました!その後すぐに子宮とお腹を縫って終わりました。麻酔から手術終了までは1時間程度でした。費用は普通分娩ですと42万円の手当金にプラスして15万円がかかる産院にお世話になったのですが、帝王切開はこの金額に10万円プラスでした。しかし高額医療費と生命保険が降りたので30万円程後日戻ってきました







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です