切迫早産の原因は細菌?正しい予防と対策を!

私は3度の出産経験があるのですが、上の子の時は終始良好で予定日3日前に普通分娩したものの、下の子2人はどちらも切迫早産で入院してからの早産(36週)となりました(> <)「動きすぎたかな?」と反省していたのですが、

先生から「切迫早産のほとんどは細菌感染が原因だから」と言われびっくり。。

そこで今回は私の体験談をもとに、切迫早産の原因と対策、入院時の注意点などをお伝えします。





切迫早産とは?

切迫早産とは
切迫早産とは、早産になる危険性が高い状態、つまり早産の一歩手前の状態の事。
早産とは、正期産(妊娠37週~41週6日)より前に出産する事を言い、日本では妊娠22週~36週6日までの出産を早産と呼びます。

切迫早産の症状

子宮収縮(お腹のはりや痛みなど)が規則的におこり、子宮口が開いたり、赤ちゃんが出てきそうな状態になります。人によっては破水(子宮内で羊水とともに胎児を包んでいる膜が破れ、羊水が流れ出てくること)してしまう事も。

切迫早産の治療

子宮口が開かないように、子宮収縮を抑える薬(はりどめ)を使用することが多いです。また、細菌による感染が疑われれば抗菌薬を使用することもあります。子宮収縮の程度が軽い場合、外来通院で治療しますが、子宮収縮が強く、子宮口が開いてきている状態になると、入院して薬の点滴治療をします。

切迫早産では「ウテメリン」や「リトドリン」という薬を処方される事が多いのですが、副作用があり、私の場合はすさまじい動悸で死ぬんじゃないかと思いました。入院時は点滴で薬を投入するのですが、やはり動悸がしていました。



切迫早産のリスク

切迫早産の薬には副作用があるので(もちろん個人差はありますが)、私はできれば飲みたくなかったです。なので妊婦健診の時に、先生に相談してみました。

この薬を飲むと、ものすごく動悸がするんですが、
飲まなきゃダメですか?
そうだよね。でも飲まないと赤ちゃん出てきちゃう。いま(当時22週)はまだ、赤ちゃんの臓器が造られてる時期だから、いま出てきちゃうとまずいからちゃんと飲んでね。

先生

と諭されました。結局、「もう大丈夫」と言われるまで2ヶ月程度服用しました。服用中の動悸は続いていたものの、それ以外の副作用は出ず、赤ちゃんも元気に生まれました。

早産は赤ちゃんにとってリスクがある
薬に副作用があるのはお医者さんも熟知しています。それでも薬を処方するのは、早産は赤ちゃんにとってリスクが大きいからです。

低出生体重児の保育限界 – 滋賀医科大学より引用

赤ちゃんの内臓が完成に近づくのは妊娠28週あたりと言われ、体重も1Kgを超えてくる為、早産になったとしても生存率は高い(90%程度)です。一方、体重1kg以下の赤ちゃんは、精神発達の遅延や脳性麻痺等になる可能性が高く、28週未満の赤ちゃんは高い確率で未熟児網膜症を発症するといわれています。

上記のように、早産は赤ちゃんにとってリスクが大きいため、出てきても大丈夫な状態になるまで、処置が必要という事になります。

切迫早産で入院になったとき、旦那が先生に「もう生まれるんですか?」と聞き、先生から「いま生まれたらまずいから入院するんです!」と怒られていました^^;



切迫早産の原因

早産になる原因として様々な事が考えられますが、主なものに下記6つがあります。

  • 子宮内感染
  • 胎盤の異常
  • 羊水過多
  • 多胎妊娠
  • 子宮・頸管の異常
  • 生活習慣の問題

子宮内感染

子宮内感染とは、ウイルスや細菌が子宮内に入り込み、胎児に感染してしまうことをいいます。膣からの感染だけじゃなく、歯周病などの口内細菌も感染源となる場合があります。
※妊娠中はホルモンが原因で口腔内のトラブルが起きやすい状態だと言われています。妊娠中でも、歯科検診を受けることをオススメします。

切迫早産の原因として一番多いのが絨毛羊膜炎(感染症)
最も一般的と言われているのが、「絨毛羊膜炎」という感染症です。膣内環境のバランスの乱れなどで増殖した細菌が、赤ちゃんや羊水を包んでいる膜(卵膜)に到達することで起こります。

胎盤の異常

胎盤は、子宮の上部についているのが正常なのですが、低地胎盤(子宮の下部についている)や、前置胎盤(子宮口を覆う形でついている)などがあります。この場合、妊娠中に胎盤がはがれてしまうことがあり、はがれた場合は激痛を伴い、妊娠の継続ができなくなるため、すぐに帝王切開での出産となります。

羊水過多

羊水が通常より多い状態のこと。羊水が多すぎるとお腹も大きくなりすぎるため、子宮の収縮が活発になりやすく、早産につながります。
妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの合併症が羊水を増やす原因となると言われています。

多胎妊娠

多胎妊娠の場合、臨月までお腹に赤ちゃんを留めておくことが難しいため、ほとんどの妊婦さんが32週~36週での出産をします。32週を超えた赤ちゃんは、呼吸機能もほぼ完成しているため、臨月の赤ちゃんとほぼ同じ健康状態になります。やや小さく生まれますが、障害や病気などのリスクはほとんどないようです。

子宮・頸管の異常

もともと子宮に奇形などの問題があったり、頸管が短くなってしまうと早産につながります。

生活習慣の問題

喫煙・飲酒などの赤ちゃんへの悪影響はもちろんですが、過度のストレスも子宮の収縮に繋がるので注意が必要です。

これまでの妊娠で早産になったことのある方は、また早産になりやすいと言われています。私も第2子の時に初めて切迫早産になり、36週で出産。第3子の時も切迫早産で入院し、36週での出産となりました。



予防と対策

切迫早産を予防するためには、「日頃からゆったりとした妊娠生活を心がけ、体を冷やさない、無理をしない」ことが大切です。そして、妊婦健診をきちんと受け、先生の指導に素直に従いましょう。また、適度な運動をし、ストレスを貯めないことも重要です。

お医者さんの間では常識だからか?お医者さんや助産婦さんに言われた事はなかったのですが、「赤ちゃんの胎動が急に少なくなったり、動かなくなったら受診が鉄則」です!

赤ちゃんは寝たり起きたりを20分サイクルで繰り返しているので、安静にして1時間以内に胎動を感じられれば大丈夫です☆「1時間に1度も胎動がない」という時は、赤ちゃんが弱っている可能性もあるので、すぐに産院に連絡をしましょう。

下記症状がある場合は診察を
●赤ちゃんの動きが鈍い(1時間以上胎動がない)
●子宮から出血がある
●お腹がはって下腹が痛む
●水のようなものが流れてくる
●おりものが急に多くなった


入院時の注意点

私は第2子の時に切迫早産で5日入院(その後退院し、1週間後に出産)、第3子の時に1週間入院(点滴を抜いたら陣痛がきてそのまま出産)したのですが、やっぱり入院は大変でした(T T)

準備しておく事
切迫早産で入院→そのまま出産という可能性も高いので、出産時に必要な物は事前に準備しておきましょう
私は、妊娠30週くらいの頃に、切迫早産での入院に備えた荷物と、出産時の入院用の荷物をそれぞれ別のバッグにいれて部屋に置いてました。そして切迫早産の診断を受けるときには両方の荷物を旅行用のトランクに入れて産院に行きました(トランクは車に置いたまま受診して、その後取りに行きました)
動けなくなったときの想定を
切迫早産になると、基本的には”安静”にしていないとダメなので、(看護師さんからは「トイレ以外ベッドから降りないで!」と念を押されてました。)入院するまでに、「もし入院したら、もし出産まで動けなかったら」という事を想定して、最低限の荷物などは家族にわかるように用意しておきましょう。

私は3番目の子の入院中は長男の小学校のPTAの連絡(役員だったので)や、長女の保育園の送り迎えのシッターさんの手配でバタバタでした。生まれてくる赤ちゃんの兄弟がいる方は、入院時の上の子のお世話はどうするか、決めておくことが重要です。また、出産ギリギリまで働く予定だった方は職場への連絡などもあるので、お腹が張りやすいなど「切迫早産になる可能性がある」と思っている方は事前に「早く生まれちゃうかも」など周囲の方に知らせておいた方がいいかと思います。



入院時に必要な物

入院の手続きでは必ず「母子手帳」「診察券」「健康保険証」「印鑑」が必要(あと現金も)です。お腹が大きくなってきたらこの4つは常に持っておきたいので、母子手帳ケースにまとめて入れておくことをオススメします。

切迫早産での入院時必要な物

  • 入院用のパジャマ
  • 生活用品
  • 基礎化粧品
  • メイク道具
  • 充電器
  • ビニール袋
  • メガネ

入院用のパジャマ

病院によっては、パジャマを貸してくれるところもあります。1週間近く入院するのでパジャマを持って帰って洗濯するのも大変です。少し高くてもレンタルできる場合はレンタルした方が断然楽です。

生活用品

ティッシュ・歯ブラシ・コップ・シャンプー・コンディショナー・ボディーソープなど、入院生活で使う日用品は産院で置いてあるところが多いです。シャンプーやコンディショナーは自分のお気に入りを持って行っても◎フェイスタオルは2.3枚持って行くと便利です。

基礎化粧品

普段使っている物を持っていきましょう。

メイク道具

入院中はすっぴんのママさんが多いですが、退院時などに記念撮影したり、病院によっては入院中ママ同士の交流会などを行うところもあります。

充電器

入院中は連絡を取ることが多いので携帯の充電器は忘れないようにしましょう。

ビニール袋

使った下着やタオルなどを入れておくのに便利です。

メガネ

普段コンタクトをしている人も出産時は外すので、入院中はメガネで過ごすことが多いです。


出産入院時必要な物

  • 紙おむつ・おしりふき・産着(うぶぎ)
  • 赤ちゃんのミルク・哺乳瓶
  • ガーゼハンカチ
  • 授乳クッションやドーナツクッション
  • 産褥ショーツ
  • 産褥パッド・生理用ナプキン
  • 骨盤ベルト
  • 授乳用ブラジャー・母乳パッド
  • 靴下・カーディガン

紙おむつ・おしりふき・産着(うぶぎ)

新生児用のおむつやおしりふき、入院中の赤ちゃんの肌着や着物などは用意されている産院さんがほとんどです。退院時のお洋服(セレモニードレスなどでも)とおくるみは必ず必要なので事前に購入しておきましょう。

赤ちゃんのミルク・哺乳瓶

粉ミルクや哺乳瓶、哺乳瓶を洗うブラシなども置いてある病院が多いですが、中には持参という所もあるので産院に確認しておきましょう。

ガーゼハンカチ

赤ちゃん用によだれ、ミルクをこぼした時などに使います。5.6枚用意しておくといいですね。

授乳クッションやドーナツクッション

なくても大丈夫ですがあると便利です。会陰切開や会陰裂傷などもあるので、出産後はしばらくおしり痛いです(笑)


産褥ショーツ

股の部分が開閉できるように作られているため、ショーツを脱がずに診察したり、産褥パッドの交換が簡単にできます。出産直後から入院している間はしばらく産褥ショーツを使用するので、2枚~3枚ある便利です。

産褥パッド・生理用ナプキン

産褥パッドはサイズが3~4種類あります。悪露の量は個人差があるのですが、各サイズとも用意しておくといいでしょう。(産院で配布してくれるところもあります。忘れても産院の売店で売っているはず。)悪露の量が少なくなったら、産褥パッドをやめ、生理用のナプキンを使用します。生理用のナプキンの方がかさばらなくて便利です。

骨盤ベルト

腰痛の緩和に◎産後の骨盤を元に戻すにも効果的です。

授乳用ブラジャー・母乳パッド

洗い替えも含めて3、4枚は持参しましょう。母乳の出方には個人差がありますが、準備しておいた方が安心です。

靴下・カーディガン

夏場でもエアコンが効いた室内にいるので、靴下は準備しておきましょう。むくみ対策用の靴下も◎また、さっと羽織れるカーディガンがあると便利です。

荷物が多いのでキャリー付のバッグが便利
上記のように、入院中は荷物が多くなります。産後は特に赤ちゃんの分もあるので、旦那さんや親族が頻繁に病院に来られる方は大丈夫ですが、なかなか荷物を持って帰れないとか、自分で運ばないといけないなんて方は大変なので、旅行トランクのようなキャリー付のカバンに入れておくと便利です。


心配しすぎないで

早産のリスクなどを説明したので「早産になったらどうしよう」と心配する方もいるかもしれません。でも今の医学はかなり進歩しているので、あまり心配しすぎないで下さい。

赤ちゃんに会えるまであと少しです^^「無理をせずゆっくり、ゆったり」を心がけながら「大丈夫、大丈夫」とリラックスして過ごしましょう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です